image


ニセコイで有名な古味直志先生の新作「eの原点」が今週のジャンプに掲載されてました。

eの原点とは?


題材は「eスポーツ」

ゲーム好きな主人公「友内 工」は格闘ゲーム「CODAS コーダス」にハマり中。友人との対戦では負けなしだが、学校の成績は不調。「ゲームなんかやってるからそうなるんだ!」と、バカにされる。そんなある日、ひょんなことから、成績優秀のクラス委員「美菜原 五月」がプロゲーマーを目指していることを知り、eスポーツの世界に挑戦する。

image


image


image


その日から私の中で "ゲーム"が"ゲーム"じゃ無くなったの。ってめちゃくちゃいいセリフ。

海外の例とか、日本との対比とか、今の現状そのまま。。

この後の展開もアツいです。

ジャンプは現実世界に大きな影響を与えてきました。

スラムダンクでバスケ人口が増え、テニスの王子様でテニス人口が増え、ヒカルの碁で囲碁人口が増えました。

eの原点でeスポーツの人口が増えたらいいなぁ。eスポーツはまだまだハードルがあるけど、その第一歩になれば嬉しい。それにしても、古味先生の話と絵はいいなぁ。

ぜひ読み切りで終わらず、連載になってほしい。

ネタバレはやりたいくないので、ぜひジャンプをチェックしてみてください!

少年ジャンプ 2018年 1/22 号 [雑誌]
集英社
2018-01-04



関連記事もどうぞ
プロゲーマーが生まれる条件。ゲームが仕事になる時代は来るのか。



小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 プロフィール 横長


もっと詳しくはこちらの記事を!→小幡和輝ってどんな人?

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。