001


「以前、名刺交換をしたが名前を忘れてしまった」

誰もが一度くらいこんな経験があるのではないでしょうか。

僕は人の名前を覚えることが苦手です。
(先に言い訳しておきます。この記事は自分を正当化するために書きました。笑)

何回会っても忘れる人がいます。

逆に1回しか会ってなくても、明確に覚えている人がいます。

会った回数と比例はしつつも、回数がすべてではないと思います。

重要なのは、その人に印象に残る特徴があるかどうかという話になります。

特徴ってこちらの問題でしょうか。。

僕は名前を忘れられたとしても、相手が失礼だとは思いません。

その人にとって、僕が印象に残るだけの努力が足らなかった。ただそれだけです。

それを覚えないことは失礼だとして、こちらに責任転嫁されても困るんですよね。。

また、SNSの投稿と記憶が連動しているので、SNSのプロフィール写真が実物と違ったり、匿名だったりするとかなり厳しいです。

名前を忘れた方が失礼というのは、相手への責任転嫁であって、その価値観で生きている人は上手くいかないんじゃないかな。

相手の名前覚えられないのは自分のせいですよ。少なくとも僕はそう考えます。

関連記事もどうぞ→小幡和輝が社会のギモンに切り込む。教えて!なんでこうなってるの?



小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 プロフィール 横長


もっと詳しくはこちらの記事を!→小幡和輝ってどんな人?

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。