image1-small-23


PN ははな

思えば、小中学校時代は暗黒時代だった。

小学1年になり、学年通りに小学校に入学したはいいものの、6年間いじめられ続けた。1学年下と幼なじみの友人はいたが、それ以外友人はいなかった。

そのまま中学校に上がると潰れそうな気がしたので、親の老後に備えて家を買うことを名目にし、隣町に引っ越して隣町の中学校に入った…のだが、そこでもいじめられた。

あまりにも耐えかねて、2年の2月からは不登校になった。今思えば、不登校になる少し前にパソコン部でパソコンが使えたので、学校で「不登校」と検索していたのがフラグだったかもしれない。

不登校になっても成績を保つ方法はあるが、めんどくさがりな性格が邪魔をして、そういったことはしなかった。

2月からの約1年間は、遊びつつも受験勉強をし、第一志望の定時制高校に受かった。

定時制高校に入ってからは、バイトをしつつ高校にも通った。高校では特に友人ができたわけではなかったが、いじめられたわけでもない。

が、バイトでは叱られることが圧倒的に多く、高校に入ったその年の7月にバックれて辞め、このときからまた高校も不登校になった。

バイト先でとある人と知り合い、なぜか起業家を志すことになった。高校1年の3月からはフリーランスで仕事を始め、初月からそこそこ稼げたことから、それを続けることにし、今も続けている。

一応普通のサラリーマンより短い労働時間で生活できるくらいには稼いでいるが、大変なことも多い。

締め切りには間に合わせないといけないし、請求書書き忘れると報酬は振り込まれないし、取引先探しも一苦労。

それに社会にはさまざまな「化物」が存在していて、バイト先で知り合ったとある人はフリーランスになってから2か月後、盛大に裏切り、心に傷跡を残していった。

そのほかにもいろいろな人がいて、ときには後ろから撃たれることもある。

それでも今のほうが楽しい。自分で稼いだお金で好きなものを買って、憧れの現実に近づいてゆける。

仕事で取引先から喜ばれたときは嬉しいし、学生時代はなかった夢や目標も持てるようになった。

自分は起業家を志したあたりから”立派な社会不適合者”になった。もはやプロの社会不適合者である。

それでもいいと思っているし、それで夢を叶えられれば、何よりだと思っている。ちなみに夢は自分の学生時代のときと同じように、悩んでいる人に「こういう生き方もあるんだよ」と未来を見せることである。

だから今日も仕事をするし、次のあなたにContinuesしたいから、その日を実現するためにタスクを積み重ねる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体験談を引き続き募集しています。詳細はこちらの記事を。

8月19日に不登校の当事者に向けたイベントを全国100ヶ所で同日開催しようとしています。
協力してくれる方はぜひこのグループまでリクエストください。
https://www.facebook.com/groups/784091841780825/

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」