・タイトルコール
今回もよろしくお願いします。和輝の部屋@意識が高いお悩み相談、はじめます。


・前回の放送から
前回はですね…。あれなんの話しましたっけ?(笑)

あ、プログラミングだ。「プログラミングは必要かどうか」みたいな話をしました。

プログラミングはやった方がいいとは思いますけど、相当レベルを高めないと意味がないと。

あとは実際に自分がコードを書いて何かサービスを作るってところまでいかなくても、そういう知識があれば役に立つんじゃないかなあっていう話をさせてもらいました。

今回はですね、「不登校の時にどういう勉強をしていましたか?」とか「不登校だと勉強が心配で」っていう親御さんが多いので、そういうことに対して回答ができればなあと思っています。


・ゲームはすべてを教えてくれた

はい。ゲームなんですよね。例えばなんですけど、戦国無双とか信長の野望とか、歴史をテーマにしたゲームってあるじゃないですか。

僕それめちゃくちゃ好きで、多分この2つのタイトルだけで10,000時間くらいゲームしてるんですけど。特に信長の野望とかめちゃめちゃはまって。

やからない人のために説明すると、いわゆる織田信長とか武田信玄とかの有名なプレイヤーや、大名を使って実際に天下統一に向けて領地を広げていって、戦もするし兵糧を作って国を育てたりとか、結構いろいろ戦略が楽しめるシミュレーションゲームなんですけど。

織田信長はやっぱり強いんですよ。織田信長でクリアをするのは簡単なので、あえてすごい難しいキャラクターというか、全然有名じゃない武将で天下統一をするというのが僕はすごい好きだったんですね。

例えば、東北の方に最上家っていうマイナーな武将がいるんですけど、その最上家を使ってみたりとかですね。

あとは、いきなり超ハードモードがあって。

織田信長が一番強かった1580年くらいの本能寺の変ちょっと前くらいだと、和歌山県のところは鉄砲が強い雑賀孫市で有名な雑賀衆っていうところが大名として使えるルートがあって、それを選ぶといきなり織田信長の軍勢に囲まれてるんですよ。

で、ゲームが始まる瞬間にめちゃくちゃ攻められるんですよね。(笑)それを全部撃退して行って、信長を最後倒して天下を統一していくみたいな感じになるんですけど。そんな感じで、ありとあらゆる武将を使ったので、歴史は相当詳しいと思います。

分かりやすく言うとそれなんですけど。要はゲームを通じていろんなことを学んでいました。


あとはゲーム以外だと、こち亀ってありますよね。あの両さんが出てくる。こち亀が漫画で学ぶ勉強シリーズみたいなのをやっていて、例えば国の仕組み大辞典みたいな。

両さんが国を作る話とか。こち亀のストーリーの中で、いろいろ勉強につながるよなことを題材にした漫画が実際にあって。

結構いくつかシリーズが出てたんですけど、それとかはめちゃめちゃ読んでましたね。この前、振り返って読んでみたんですけど、今思っても難しいことを書いてるような気がします。

でもこち亀だったんですごくわかりやすかったですし、多分小学校2年生3年生くらいかな、8歳とか9歳の時に読んでたんですけど、冷静に考えると「相当難しいことわかってたなあ」って感じなんですけどね。(笑)

あといまだったらスタディサプリとかもあるからオンラインで学べちゃいますし。

あとは学校に行っていなかった朝の時間に、NHKの教育番組で、番組名だと「マテマティカ」とか「読み書きのツボ」とか、そういう教育番組が朝やってたのでそれをめちゃくちゃ見てましたね。

なんか学校に行ってなかったけど、そういうのはすごく好きだったので、結構知識偏ってるんですけど、一部の知識に関してはみんなよりもむしろ詳しいとことかはあったりしました。

まあ結局学校で勉強するってのは大事かもしれないけど、別の形でも勉強はできるし、もっというとあんまり使わないですし。

僕はよく言うんですけど、中学生までは義務教育っていうのはよく言ったもんだと思っていて、義務教育までの内容はある程度重要だと思ってるんですよ。

でも高校からの勉強ってぶっちゃけ大学に行かなかったら8割がた意味ないよね、みたいな。

だから、中学まではある程度やったほうがいいんじゃないかなって思うんですけど。

まあでも中学レベルくらいまでだったら、そういう教育番組とかさっきの両さんのやつとか、結構エンターテイメントと組み合わせたやつっていっぱい出てるので、そういうのでも十分なのかなって思います。

だから、学校行かないから勉強しなくていいってわけじゃないんですけど、でも楽しくなかったら覚えないんで、ゲームを通じて学びに繋げるっていうのは大事だと思いますね。


・次回配信予告
ゲームの話はやっぱり楽しいですね。(笑)よく「どんなゲームやってたんですか?」とか聞かれるんですけど、そこに回答するということでですね、次回は僕がひたすら大好きなゲームの話をするっていう回にしようかなって思ってます。

ただ、実はそっからいろいろ学びになっていることがあるので、ゲームを通じていかに自分の人生に活きてるかみたいな話ができればなあと思っています。ではではまたよろしくお願いします。

Voicyはこちら
https://voicy.jp/channel/650/16755

書き起こし @yas_aka_thaimay (ありがとうございます!)

【Voicy書き起こし⑩】ゲームは人生に役立つ


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」