感無量です。

自分の本がAmazonに並ぶって嬉しいですね。

7月20日(僕の誕生日)に新書が発売します!(Amazon予約スタートしました)




茂木健一郎さんからステキなコメントもいただきました。

この本は凄い。学校に行けない子どもたちに、「居場所」を作ってくれる。
小幡さんや家入さん吉藤さん、いろいろな人の話を読んでいるうちに、大丈夫、人生は楽しいと納得できる。
小幡さんには、愛があるなあ。――茂木健一郎(脳科学者)


茂木さんとの対談はこちら→茂木健一郎×小幡和輝:「学校に行きたくない」子どもに対する“親”としての選択肢

「学校は行かなくてもいい」

こうやって書くと不快に思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、僕はやっぱり伝えたい。学校がすべてじゃないと。

デザインでも強調していますが「も」が重要です。

学校以外の「選択肢」もあるということを伝えたい。

そのための「正しい不登校のやり方」です。

前作、不登校から高校生社長への内容をベースに再編集。マンガも加わりました。(作 あんじゅ先生

obata_shoseki_kokuchi-01


そして、このブログに寄稿してもらった不登校体験談も多数掲載しています。

みなさんありがとうございます。

不登校の当事者に限らず、先生や教育に関わる方、子どもをもつ親世代の方にはぜひ読んでいただきたいです。

学校の役割を改めて考えたい。

僕は学校は行けるなら行ったらいいと思うし、学校を否定するつもりは一切ありません。

ぜひ感想や書評をブログなどに書いてください。書いたらご連絡ください。

Twitterで紹介するのと、このブログ内でもリンク付きですべて紹介させていただきます。(@nagomiobataをつけてツイートいただけると早いです。)#は #学校は行かなくてもいい

・・・ぜひAmazonレビューも書いてくれると嬉しいな。。

なお、この本の印税は#不登校は不幸じゃないの開催資金にあてさせていただきます。

またBASEで特典付きも同時発売します!

サイン&メッセージ付き書籍はこちら

小幡の講演会付き書籍はこちら

この本に限らずですが、最近自分でも考えられないくらい、やりたいことをやらせていただいてます。

みなさまに直接感謝をお伝えしたく7月22日に東京で誕生日感謝祭を行います。

(昨年は和歌山で開催したので今年は東京です。なお、改めて詳細はお知らせしますが7月28日14時から和歌山でもイベントを開催予定です。)

時間は13時から17時まで。場所はお茶の水。(入退場自由)

会費は無料です。(会費代わりに本を買っていただけるととても嬉しいです。当日持って来ていただけたらサインとかします。)

ドリンクとちょっとしたお菓子くらいを出そうと思ってますが、持ち込み大歓迎です。(未成年もくると思うのでお酒はなしでお願いします!)

18時に会場撤収するので、そのあともしよかったらみんなで飲みに行きましょう!

僕の周りには地域活性化・教育・フリーランス・起業家・学生など、様々なジャンルで活動する方がいらっしゃるので、ジャンルを超えたつながりが生まれたらとても嬉しいな。

お待ちしています。

詳細はこちらをご覧ください。

閲覧パスワード loveobata

追記 和歌山のイベントはこちら

image


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など