いつもありがとうございます。

この文章を書きながら、ちょっと涙ぐんでいます。

僕は15歳まで不登校でした。あのときはこんなことになるとは思ってもみなかった。

いま本当に楽しいです。

起業してから6年目に入りました。

毎年、自分の誕生日に1年を振り返りますが、この1年は本当にがんばったと思う。

近くのリリースがいっぱい控えてます。

引き続きワクワクすることをやっていきますのでよろしくお願いします。

さて。

今年は特に『不登校』について考えてます。

本日、新書 学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」が発売になりました。



8月19日は全国100ヶ所で不登校の当事者に向けた居場所つくり『#不登校は不幸じゃない』を開催します。
http://www.obatakazuki.com/23624735

たくさんの応援を実感する毎日です。本当にいつもありがとうございます。

またお願いで恐縮ですが、誕生日ということで、みなさんに2つお願いをさせてください。

1.7月22日@東京で誕生感謝祭を開催します。感謝祭ということで無料です。

ぜひ来てください。待ってます。
pass loveobata
https://obatayurukai.peatix.com/view

2.不登校は不幸じゃないのクラウドファンディングを立ち上げました。

資金集めではなく、仲間集めのクラウドファンディングです。
https://flying-penguin.jp/project/PM00000024

まだまだ頑張ります。

引き続き応援よろしくお願い致します。

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など