初めまして。
小幡和輝(おばたかずき)と申します。

小幡和輝 プロフィール 横長


この記事ではこれまでの経歴、やってきたこと、考え方などを書きたいと思います。

※やってることがどんどん変わっているので、1年後とかだとやってることが変わってるかもしれません。(こっからの内容は2016年7月20日現在ということで)【2017年12月24日 一部追記】【2018年1月9日 一部追記】

簡単に経歴とか書いていきますね。

10年くらい不登校でした。

学校に行かず、ずっとゲームをしてました。笑
多分、トータルすると30000時間くらいゲームやってます。

ゲームしかやることがなかったんですよね。
テレビゲームにカードゲームにボードゲームに囲碁とかいろいろやりました。
今でもゲームが大好きなので、移動時間とかはスマフォゲームやってます。

高校3年で起業。高校生社長と呼ばれてました。

中学卒業度、夜間の定時制高校に進学して先生や友達に恵まれまして、それがキッカケで人と話すのが楽しくなり、どんどん社交的になっていきました。

その結果、イベントを主催するところまで変わっちゃいました。

若者から和歌山を盛り上げよう!というテーマでイベントをやりまして、それが超楽しくて、これを仕事にしたいなぁと思い、高校3年のときに起業しました。高校生社長時代です。

ちなみにBefore Afterはこんな感じ。

2017-03-21-1490114405-2414780-Beforeafter-thumb


こんなことやりました

・地方創生会議

時系列が違うのですが、一番話題になったものを。

地方創生会議 ロゴ


集合写真


地方創生会議は47都道府県すべてがつながる場所です。

民間企業・自治体職員・フリーランス・クリエイター・学生 など

全国に散らばる、地域が大好きな人が高野山に集まる。

地方創生のプラットフォームがここに。

47都道府県すべてから約300名にお越しいただきました。
家入一真さん、イケダハヤトさんといった著名人にもゲスト参加いただき、当日はTwitterのトレンド1位にもなりました。

開催資金はクラウドファンディングで約400万円のご支援をいただき実現しました。

001


https://chihousouseikaigi.jp/

・1億円の地方創生ファンド「NagomiShareFund」

地方に新しいお金の流れを作るファンドです。詳細はこちらの記事をご覧ください。

・本を出版しました。

僕の実体験を元に「正しい不登校のやり方」を書いた本です。

9月1日は子供の自殺がもっとも多い日。

学校に行ける方がいいかもしれないけど、絶対に行かなきゃ行けない場所じゃない。

そんなメッセージを込めました。日本中の学校に寄贈中です。

image


詳しくはこちらの記事を。

不登校から高校生社長へ。茂木健一郎さんとの対談&本が完成しました。
http://www.obatakazuki.com/20523872

・クラウドファンディングの立ち上げサポート。

僕はクラウドファンディングが大好きです。

これまでの経験を活かして全国各地でワークショップや個別サポートをしています。詳しくはこちらの記事を。

「クラウドファンディングは寄付ではない。」2000万円の資金調達を通じてわかったこと。
https://note.mu/nagomiobata/n/nfabc9d03fcee

・VALU専門家です。

VALUを初日からやってまして、VALU界隈でかなり有名になりました。堀江貴文さんを始め、たくさんの著名人にもVALUを買っていただいてます。

ちなみに「VALU 始め方」や「VALU 使い方」で検索するとこのブログが1位でヒットします。

詳しくはこちらの記事を。

VALU専門家が始め方から使い方までを解説します!
http://www.obatakazuki.com/16846362

VALU専門家がVALUで意識してること、裏技、VALUの調達金額も全て公開します。
https://note.mu/nagomiobata/n/n4662def6d5d5

・わかやまコンシェルジュ

和歌山が大好きな人を、もっと増やしたい。
というコンセプトで、和歌山が大好きな人を「わかやまコンシェルジュ」として認定しています。

わかやまコンシェルジュになると、SNSのプロフィールに認定バッジを付けれたり、認定証なども発行しています。(2000人くらいメンバーいます。)

サイトはこちら
http://wakayamaconcierge.com

和歌山が大好きになる商品というコンセプトで「わかやまトランプ」も作りました。

わかやまトランプ


詳しくはこちらの記事を
http://www.obatakazuki.com/6399558

・和歌山リア10プロジェクト

和歌山の10代投票率を日本一にしよう というプロジェクトです。

友達がSNSで「投票してきた。」ってつぶやいたら「あ、みんな選挙行ってる。自分も行こうかな。」という空気感が作れるんじゃないかなぁというコンセプトで、和歌山県内の若者と、コピーライターの長谷川哲士さん、同じくコピーライターの後藤亮平さん、デザイナーのハヤカワ五味さんと一緒に作りました。

#和歌山の10代投票率を日本一にしよう という # を作ったり、
若者による政治ってぶっちゃけどう?という座談会を企画してツイキャス配信しました。

そして、これがめちゃくちゃ話題になったのですが、啓発ポスターを作りました。
37種類+自分でオリジナルのキャッチコピーを入れれるテンプレートが1種類の38種類です。

こんなの。

和歌山リア10ポスター完全版 38


和歌山リア10ポスター完全版 27


ポスターを紹介するツイートが2.5万RTされたり、毎日新聞の全国版(夕刊1面)、NHK「ニュースシブ5時」フジテレビ「とくダネ!」「ハフィトンポストジャパン」 「The Japan Times」など、たくさんのメディアに取り上げていただき、めちゃくちゃ盛り上がったのですが、10代投票率は残念ながら39.04%と、全国平均の45.45%を下回る結果となりました。(社会を動かすって難しい。)

サイトはこちら
http://ria10wakayama.org

・TEDxWakayamaUniversity

TEDxWAKAシール


OrganizerとしてTEDからライセンスを取得し、和歌山大学で開催しました。cultureをテーマに和歌山県から4名、県外から6名の10名が登壇しました。

・登壇者紹介

TAKARAさん(ヨーヨーパフォーマー)
島田 俊介さん(EVERY DENIM共同代表)
松永 弥生さん(一般社団法人 痴漢抑止活動センター 代表理事)
東 詩歩さん(和歌山大学観光学部1回生)
徐 東輝さん(ivote関西代表)
丹生 晃市さん(丹生都比売神社宮司)
秋山 演亮さん(和歌山大学協働教育センター教授)
藤岡 慎二さん(株式会社Prima Pinguino 代表取締役・教育政策アドバイザー)
ハヤカワ五味さん(ファッションデザイナー)

TEDx写真2



・和歌山で講演会を主催

2014年に堀江貴文さん、2015年には元LINEの代表取締役社長で、現在はC Channelの代表取締役社長の森川亮さんをお招きして和歌山で講演会を主催しました。

写真 (1)


キングコング西野さんにもお越しいただきました。

IMG_2262


主な受賞歴

世界的な経営者団体のEO(日本拠点はグロービス代表の堀さんが作られました。)が主催するGSEAというビジネスコンテストの日本代表としてワシントンD.Cでプレゼンしてきました。
(世界のレベルはえげつなかった・・とてもいい経験になりました。)

GSEA


GSEA写真


みんなの夢AWARD6 ファイナリスト

ワタミ創業者の渡邉美樹さんが主催するプレゼンの大会で、全国から選ばれらファイナリストが自分の夢をプレゼンし、大手企業がその夢を応援してくれる。というものです。

グランプリは取れませんでしたが、たくさんの企業のみなさんが応援するよ。と言ってくださりました。感謝です。

12746534_772216939580146_1033836411_n


Global Shapersという世界経済フォーラム(通称ダボス会議)が組織する、33歳以下の若手リーダーに選んでいただいてます。

osaka-logo


詳しくはこちらの記事を
http://www.obatakazuki.com/7173816

講演活動やイベント出演

学校、イベントなどで月に数回お話させていただいております。
有名どころだとニコニコ超会議とか。ご依頼はこちらのサイト下に詳細書いてます。

また、QREATOR AGENTという会社にお世話になってます。

http://qreators.jp/qreator/obatakazuki

専属契約ではないので、自由に仕事できるのですが
案件によっては窓口こちらになるかもです。

自己紹介はこんな感じです!

ブログ続くように頑張ります。笑

他に読んでほしい記事を書いておきます。

小幡和輝が社会のギモンに切り込む。教えて!なんでこうなってるの?
http://www.obatakazuki.com/20124319

自己分析よりこれを読め。就活生に読んでほしい記事まとめ。
http://www.obatakazuki.com/19809281

仕事の具体的な話はここに書いてます。
23歳。地方起業のリアルな話。どんな仕事でどれくらい稼げるの?
https://note.mu/nagomiobata/n/n94c66b760e60