Campfire わかやまコンシェルジュ


僕が初めてクラウドファンディングを知ったのは3年くらい前で、1番尊敬している起業家である家入一真さんが立ち上げたCAMPFIREでクラウドファンディングを知りました。

これが広まれば確実に社会は変わると思いました。

それからクラウドファンディングのプロジェクトに関わる機会がいくつかあり、先日もわかやまトランプを作るクラウドファンディングを立ち上げ、資金調達させていただきました。小さな応援をたくさん集めて、ファンを作りながら、やりたいことを実現するのがクラウドファンディングの意義だと考えています。
 
「想いやアイデアはあるけど、お金がないからできない。」

ではなく。

「想いやアイデアがあれば、お金が集まり実現できる。」

しかし、まだまだ海外に比べれば日本のクラウドファンディングは発展途上です。認知度も支援総額もまだまだです。

クラウドファンディングが当たり前の文化として広がるようになにかできればと思い、学校で講演させてもらうときなどはクラウドファンディングの話もしてきました。特に学生に知ってほしいんです。

最近だと、ギターを買いたいけど親が反対するし、アルバイト禁止だから買えないという高校生がいたんですが
クラウドファンディングで3000円で出張演奏やりますとか、5000円でオリジナル曲作ります。とかやったら数万円だったら集まるかもよ?

そしたらそのリターンのために必死で練習するはずだから一石二鳥じゃない?失敗しても特にリスクないしやってみたら?

というアドバイスをしました。

その高校生が実際にプロジェクト立ち上げるかはわからないけど、そんなも選択肢あるよ。ということは絶対知っておいた方がいいと思う。

そして、ご報告です。

クラウドファンディングがもっと広まるようになにかできればと言い続けてきましたが、具体的な形としてCAMPFIREの和歌山県公式エリアパートナーになりました。

CAMPFIRE×わかやまコンシェルジュ
https://local.camp-fire.jp/areas/wakayama/concierge

CAMPFIREを使って和歌山でクラウドファンディングを立ち上げる際は全力でサポートさせていただきます。

今回リリースにあたり早速ですが

Petersox
和歌山マジカルミュージックツアー
高校生シンガーソングライター kirara

上記、3つのクラウドファンディングをサポートさせていただきます。

和歌山でクラウドファンディングを立ち上げたい方はぜひご相談ください!