小幡和輝オフィシャルブログ

約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。

学校に行きたくない。。

ある日、子どもから打ち明けられたらどうしますか?

不安ですよね。学校に行かせようとしてしまうかもしれません。

気持ちはわかります。

でも、ちょっと待ってほしいです。

まずは自分の話をさせてください。


僕は不登校でした。

プロフィール 過去



正直、学校に楽しい思い出はありません。

僕は不登校でよかったと思っています。

いま、人生が本当に楽しいから。

学校に行けなくなった理由はいじめです。

ある日、すれ違うときにいきなり殴られました。

まったく理由がわからなかった。そこから学校に行くのが怖くなりました。

僕は不登校になった後、フリースクールなどで出会った友人とはいまでも遊んでいます。

僕が大切だと思うのは、不登校になった後の『居場所』です。

学校にこだわらず、コミュニティを絶やさず、別の居場所を作ることができれば、学校は行かなくてもいいと考えています。

もちろん、これはあくまで僕の体験の話です。

ぜひ僕だけではなく、たくさんの体験談を読んで欲しい。

そう思って、このブログでは不登校の体験談をたくさん募集しました。

現在、50人以上の体験がまとまっています。
ぜひ読んでみてください。

こちらの中にまとめています。

このブログで不登校の体験談を集めたいです。

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。

2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

photo_2018-07-01_16_19_46


例えばある地域で空き家を使ってなにかやりたいと思う。

でもその地域ですでにやってる人にとっては競合になっちゃう。これは相談がしにくい。

これが違う地域だったらどうだろう?

ある地域で上手くいった事例のノウハウは他の地域でも応用できる。

僕は18歳のとき和歌山県で起業しました。

今でこそ全国各地に繋がりがありますが、当時はそうではなかった。

そもそもどうやって繋がればいいのかわからない。交通費もかかる。

ローカルクリエイターにとって他の地域のローカルクリエイターとの繋がりは大切です。

しかし、物理的な距離が離れているため、なかなか交流することができません。

そこで、クローズの場所を作りました。

非公開コミュニティだからこそ書けることがたくさんあります。他の地域で活躍している人が集まっているので、お悩み相談もコンテンツになります。

なかなか面白い場所になってきたなぁと。引き続き育てていきます。

起業家・公務員・政治家・学生・フリーランス などさまざまな形でローカルに関わるクリエイターが集まっています。ワクワク。

僕も表ではなかなか書けないことを書いてます。

オンラインサロンでこれからやりたいこと

・外部ゲストのコラム(クローズな場だからこそのやつ)を入れて読み物としての充実

・サロンメンバーへの仕事依頼。こっちはもうちょっとで形になりそう。

出来る限りオンラインで完結する場を目指してます。

ローカルクリエイター、ローカルクリエイターをこれから目指す方はぜひ入ってください。学割もあるよ。

obata_lfl_fb_top_fb_top_________________2


#ローカルクリエイターラボ -地方でつくる力を身につける-
https://camp-fire.jp/projects/view/86840

関連記事 【観光2.0とは】これからの時代に求められる新しい観光のカタチ

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。

2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

こんにちは。元不登校でした、小幡和輝と申します。

僕は小学校、中学校はほとんど学校に行かず、フリースクールに通っていました。

そのときの経験がとてもよく、不登校でも大丈夫だったのはフリースクールのおかげです。

存在があまり知られてなかったり、フリースクールってなにするところ?という疑問を持たれている方も多いと思うので、僕の体験談を書こうと思います。

そもそもフリースクールって?



民間が運営する不登校の子どもたちに向けた教室です。
(自治体が運営するのは教育支援センター)

運営者によって内容はさまざまですが、勉強するところもあれば遊びメインのところもあります。

時間割などはあまりなく、自由に過ごすことが多いですね。

自治体の認定を受けると出席の代わりになるところも。

僕は自治体が運営する教育支援センター(旧 適応指導教室)と、フリースクールのどちらにも通っていました。

教育支援センター(旧 適応指導教室)と、フリースクールの違い



どちらも通っていた立場からするとあまり違いを感じたことはありません。

ただ、教育支援センターは自治体運営のため無料。フリースクールは民間運営のため有料であることが多いです。

あと教育支援センターは必ず出席扱いになりますが、フリースクールは認定制となっています。

共通している大切な役割は、居場所



僕は学校に居場所がありませんでした。

でも、フリースクールに通いだしてから居場所ができました。

不登校でも大丈夫だったのは、学校の役割を代用できたから。

学校の役割は勉強とコミュニティです。

特にいまはスタディサプリのようなオンラインツールが充実しています。

勉強はいくらでも代用できるでしょう。

大切なのはコミュニティ。

笑い方がわからなくなったという話も聞きます。

不登校になったあとにコミュニティを絶やさない。

これが大切なこと。ぜひフリースクールを活用してほしいです。

関連記事 学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。

2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

↑このページのトップヘ