小幡和輝 オフィシャルブログ

約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 和歌山と東京の2拠点でいろいろ活動してます。 実はみんなが思ってるけど、なかなか言えてないことを書いていきたいです。

001


「あれ?こんなメルマガ登録したっけ?」

そのメールを読み進めていくと、

本メルマガは弊社社員と名刺交換した方にお送りしています。
配信を希望されない場合は、お手数ですがこちらから解除申請をお願い致します。


みたいな経験ないでしょうか。

マジでうざいのでやめてほしい。

勝手にアドレス登録しといて、なんでこっちから解除しないとダメなんだよ。

名刺にメールアドレス載せるのそろそろやめようかなと思ってます。

その会社のイメージダウンになるって想像できないのかな。認知度が上がればOKってことなのか。

まぁこれだけだったらよくある話なので、受信拒否したらいいじゃんという話なんですが、「サービス開始直後から登録者1000人突破!」みたいな告知をしている企業がありまして。。

先日、名刺交換した人がやってるサービスで、とても残念な気持ちになりました。

この1000人には多分、僕も含まれてるんですよね。。勝手に登録された僕も。

サービス自体はいいものだっただけにとても残念。

こういうときどうしたらいいものか。今度会ったときにちょっと伝えてみようか。

【追記】コメントいただいて調べてみたんですが、これ違法なんですね。
法人は3000万円以下の罰金とのこと。担当者に罰則がいく場合もあるみたいです。詳しくはこちら。

関連記事もどうぞ!
小幡和輝が社会のギモンに切り込む。教えて!なんでこうなってるの?
http://www.obatakazuki.com/20124319

小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。和歌山を拠点に、商品開発、イベントやプロモーションなどを企画。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。和歌山市観光協会のアドバイザーも務める。
世界的な経営者団体「EO」が主催するビジネスコンテスト「GSEA」で、日本代表としてワシントンD.Cで開催された世界大会で登壇。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 OfficialWebsite

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

オンラインサロン始めました。ブログに書けない話も書きます。
和輝の部屋 -表では書けないココだけの話が集まる愚痴り場コミュニティ-
https://camp-fire.jp/projects/view/50258

小幡和輝のVALUはこちらから
https://valu.is/KazukiObata










    このエントリーをはてなブックマークに追加

001


TwitterやFacebookで叩いてくる方がちょこちょこいらっしゃいます。

『小幡さんメンタル強いですよね』ってよく言われるんですが、性格もありますが考え方や対策も重要だなぁと思い記事を書いてます。

まずはメンタル論



見えない賛同者がたくさんいます。

実際にコメントしてくるので叩いてくる人が多く見えがちですが、賛同して絡まれたくないので、黙ってる人をイメージすると、気持ちが一気に楽になります。(隠れキリシタン的な。)

すべての人とわかりあうことはできないと割り切る。



100%すべての人に賛同されるということは不可能です。

それがいいとも思いません。大切なのは多様性です。

僕は基本的に人の意見は最大限尊重しますが、僕の価値観を侵害してくる人には徹底交戦します。

やられたらやり返す。倍返しだ。

ただ、相手の意見が変わることはまぁないですし、僕は基本的にこんな主張をします。

アンチを一撃で黙らせる方法です。

どうして、あなたの価値観が絶対正しいと言い切れて、さらにその価値観を他人に押し付けるくらいの権利を持たれてるんですか?

という主張をすればOK。それ以上なにか言ってきても、相手の評価が下がるだけです。大切なのは公の場で議論すること。

評価してくれる人はちゃんと評価してくれます。

あ、犯罪とかルール違反はもちろんダメですよ。それは即謝罪しましょう。

あと、常識的に考えてうんぬん。という意見に振り回されてはだめです。

それはあなたが生きてきた世界での常識であり、僕や他の人にとっての常識ではない。

重要なのは相手の価値観を変えようとしないこと。

叩いてくる相手の価値観も最大限尊重することが大切です。

アンチへの感謝を忘れない。



意見の中には一理あるなぁというものもよくあるので、自分の主張に対して意見してもらうのは自己成長につながります。

あと、アンチが生まれることで、拡散力が高まります。

余談。意見が違うのと人格否定は別。



『応援していたのに残念です。失望しました。』みたいなコメントもいただくんですが、その主張に賛同できないからといって他の部分や、人格否定にまでつながるのは違うんじゃない?と思います。

僕も尊敬している人がたくさんいますが、これはちょっと賛同できないなぁという主張はよくあります。

でも、だからといって尊敬してることに変わりないですし、他の部分では共感したりします。

そんな関係性が僕は素敵だなぁと。

最後、少し話それちゃいましたが、アンチに悩まされてる方の参考になれば幸いです!

関連記事もどうぞ
炎上の定義について。炎上ってどんな意味で使ってますか?

小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。和歌山を拠点に、商品開発、イベントやプロモーションなどを企画。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。和歌山市観光協会のアドバイザーも務める。
世界的な経営者団体「EO」が主催するビジネスコンテスト「GSEA」で、日本代表としてワシントンD.Cで開催された世界大会で登壇。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 OfficialWebsite

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

小幡和輝のVALUはこちらから
https://valu.is/KazukiObata






    このエントリーをはてなブックマークに追加

001


会ったときに『最近、ブログ炎上してますね。』ってたまに言われるんですが、僕は炎上したことはないと思ってます。

賛否両論があることと、炎上をイコールで考えるのはちょっと違うのかなと。

(まぁ別に炎上でもなんでもいいんですが、なんかイメージ悪いので書きます。)

僕なりの炎上の定義。



犯罪やルール違反など、投稿者に非があることが明らかであり、それを正当化しようとしている。

また、見つけれるコメントに批判が圧倒的に多い状態。

これが揃っていれば『炎上』だと思います。

わかりやすく例を出すと、コンビニのアイスクリームケースの中に入ってTwitterに投稿するとかですかね。あれは炎上でしょう。

僕の主張は炎上ではなく賛否両論があるものだと思っていて

例えば、こちらの2つの記事がちょこちょこ叩かれてますが、僕なりの炎上の定義には当てはまってないと考えます。

大学生は奨学金で資産運用すればいいと思う。目指せ投資家。不労所得バンザイ。
http://www.obatakazuki.com/19460425

経営者の方に質問です。雇用を生むのは本当に社会貢献なの?
http://www.obatakazuki.com/19950253

なんでもかんでも炎上っていわないでほしいな。

個人的には炎上を認定する仕組みを作りたいんですよねー。

投稿内容とコメントしているユーザー層(普段からクソリプ送りまくってるアカウントかどうかとか)のビックデータと組み合わせたら作れそうな気がするんですが、IT系お詳しい方いかがでしょうか?

ぜひやりたいのでご検討ください。

関連記事もどうぞ。
アンチ対策マニュアル。ネットで叩いてくる人への対応策とメンタル論。

小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。和歌山を拠点に、商品開発、イベントやプロモーションなどを企画。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。和歌山市観光協会のアドバイザーも務める。
世界的な経営者団体「EO」が主催するビジネスコンテスト「GSEA」で、日本代表としてワシントンD.Cで開催された世界大会で登壇。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 OfficialWebsite

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

小幡和輝のVALUはこちらから
https://valu.is/KazukiObata








    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ