小幡和輝 オフィシャルブログ

約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 和歌山と東京の2拠点でいろいろ活動してます。 実はみんなが思ってるけど、なかなか言えてないことを書いていきたいです。

めちゃくちゃ嬉しい!

42


もともとプレミアムプランのユーザーでしたが、すでに登録済みの学生も学割対象ということで早速手続きしましたw(本来の意図じゃなくてすみません。)




そもそもNewsPicks(ニューズピックス)とは?



経済専門のニュースアプリで、ピッカーと呼ばれるさまざまなジャンルの専門家のコメントが読めるのが大きな特徴です。

同じニュースでも、異なる人から見れば違った景色に見える。
自分の視点を持つのと同じくらい
多様な視点に触れるのは大事なことだ。

念仏のように「イノベーション」と唱えるだけではなく、
個々の人が自ら動き、
多くの意見を交わすことによって
ブレークスルーが生まれ、
やがて、社会が動きだす。

転載 NewsPicks
https://www.uzabase.com/service/newspicks/


44


38


23


こんな感じです。

大学の先生とかに就活対策で「同じニュースでも新聞によって報道の仕方が違うから、いろんな新聞を読み比べてみろ。」っていわれたことないですか?

それ自体は正しいと思うんですが、現実的にお金もかかるし時間的にも厳しいじゃないですか。
そもそも新聞の報道自体が偏ってる場合もあるし。

さまざまな視点からコメントを読むことで、それは代用できるし、新聞の読み比べよりこっちの方が良いと思うんですよね。わかりやすく解説してくれるピッカーさんも多いので。

就活生とかは必須のアプリだと思います。これ読んどくと社会の流れがわかります。

僕はめちゃくちゃ大好きなサービスでよくチェックしてます!

それが学割開始ってもう嬉しすぎて。

めちゃくちゃオススメしたいけど、1500円はちょっと厳しいよなぁ。。という状態でした。

月1500円が500円です。しかも初月無料!超お得。

一応、無料会員でもサービス自体は使えますが、有料の記事が面白いです。一部有料じゃないと使えない機能もありますし、何よりお金出したら元取らなきゃ!って思うから見る頻度が上がると思うんです。

ということで、ぜひこちらから!

NewsPicksの学割プラン
https://newspicks.com/student

読む専門に近いですが、一応僕もちょこちょこコメントしてるので、もしよかったらフォローしてください。

就活生はこちらも一緒にどうぞ。
自己分析よりこれを読め。就活生に読んでほしい記事まとめ。

【追記】やったぜ!!!




小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。和歌山を拠点に、商品開発、イベントやプロモーションなどを企画。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。和歌山市観光協会のアドバイザーも務める。
世界的な経営者団体「EO」が主催するビジネスコンテスト「GSEA」で、日本代表としてワシントンD.Cで開催された世界大会で登壇。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 OfficialWebsite

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

小幡和輝のVALUはこちらから
https://valu.is/KazukiObata






    このエントリーをはてなブックマークに追加

001


クラウドファンディングの立ち上げサポートをやりまくっていると

プロジェクトオーナーから、「これ社会貢献になってますかね?」という質問をいただきます。

クラウドファンディングに社会貢献性は必要か?



結論からいうと、僕は必要ないと思います。

そもそも、それが社会貢献になってるかどうかというのは、誰かの価値観で判断できるものではないです。100人中99人がなにも感じなくても、100人中1人がいいと思えば支援が集まる。それが、クラウドファンディングの意義です。すべての人に応援される必要はないです。

ということで、ここで今回の本題をご紹介。




出産費用をクラウドファンディング!



投稿主は大学生ブロガーのナオキ イシイさん。

大学生で育てられるのか!という批判は、論点が違うので置いといて。(そもそも当人の問題ですし。)出産費用のクラウドファンディング自体は僕は大賛成です。

残念ながら批判が届いているそうで。。(この対応見る限り、本人は多分気にしてないと思うのでそんなに心配でもないのですが。笑)







批判してる方はちょっとよくわからないなー。ズレてる。
みんながメンタル強いわけでもないから、こんな人たちのせいで「クラウドファンディングちょっと怖いな。。」みたいな人が出たらマジで許せない。

気に入らないなら支援しなければいい。

関係ないんだから外野は黙ってろ。

応援してます!



ちょうどこのツイートを改めて紹介したくなりました。



僕のクラウドファンディングサポートを希望される方はこちらをご覧いただいてからメッセージください。(基本無料です。)
「クラウドファンディングは寄付ではない。」2000万円の資金調達を通じてわかったこと。

小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。和歌山を拠点に、商品開発、イベントやプロモーションなどを企画。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。和歌山市観光協会のアドバイザーも務める。
世界的な経営者団体「EO」が主催するビジネスコンテスト「GSEA」で、日本代表としてワシントンD.Cで開催された世界大会で登壇。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 OfficialWebsite

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

小幡和輝のVALUはこちらから
https://valu.is/KazukiObata






    このエントリーをはてなブックマークに追加

001


今日のAbemaTVめちゃくちゃ面白いですね。




元SMAPの3人がSNSを使ってる。
ぎこちなさが最高に萌えます。



kurashiruも有名ですよね。テレビCMもやってますし。タクシー広告でも流れまくってます。



で、ですよ。

この2つを知らない審査員が審査する学生向けビジコンに出場してきましたw

もうマジで終わってます。

いまこんな感じのサービスが流行っていて、これを参考にしつつ、この分野にフォーカスして、キュレーションしてプラットフォーム作っていこうとしてます。みたいなプレゼンをしたんですけど、kurashiruもAbemaTVも知らない人にどうやって伝えれば。。

まず、おかしいんですよ。

審査員の情報が事前に開示されなかったんです。

審査員によってプレゼン内容変わってくるじゃないですか、だから事前に教えてくださいって事務局にお願いしたんですけど、それはできないって言われまして。

しかもですよ。

当日の審査会のときに審査員の自己紹介もプロフィール紹介もないんですw
誰が審査してるかわからないプレゼンは初めてでした。

採点基準の中で学生らしい着眼点みたいな審査ポイントが結構配点多かったんですが
パッとみた感じ、60才超えたおじいちゃんばかりで、あの人たちが学生らしさを正しく評価できたとは思えない。。

女子大生のチームが化粧品の新商品開発プレゼンしてたんですが、あんたら化粧品絶対わからんでしょ。

いや。わかんないですよ。

もしかしたらめちゃくちゃお詳しいのかもしれませんが、審査員情報が開示されてないので、こちらとしてはなにも判断ができないわけです。

とりあえず来年は僕を審査員に入れてください。で、多様性は重要なので女性も入れましょう、で、審査員の情報開示は必須です。とお伝えしておきました。

結果として僕は賞をもらえなかったんですけど、(ここまで書いてあれですが、負け惜しみの記事です。笑)

ちょっと不思議だなぁと。優勝したプレゼンなんて、人件費計算0ですよ?
ゲームアプリだったんですけど、半年間、エンジニアもデザイナーもその他スタッフの人件費も0で、売り上げの見込みもほぼ0で、アドセンスで稼ぎます。みたいなのが評価されるのが理解不能。

ビジネスプランコンテストってなんだ?

で、ですね。

ここまでだったら別にブログに書こうとも思わなかったんですが、腹がたったのは審査が終わってからです。

審査員の1人が僕に近づいてきて、僕のプランというか僕のやってることに対しても、全体的にダメ出しするんです。

その審査員の情報がよくわからないので、なんとも言えないんですが、他のプランよりはビジネスとして成立しそうなやつだったと思うんですけどね。。。もし自分でビジネス立ち上げたことない人だったら、マジで腹が立つ。

その人、僕の普段やってることもいろいろ知ってるみたいだったので、多分嫌われてるのかなーと思いました。私情を審査に入れて欲しくなかったな。

まぁ審査はあの人たちの価値観でやられたらいいので、そこに対しては終わってるなぁとは思いながらもそれでいいんですが、なんでお前の価値観に合わせないとダメなの?

「多分、価値観合わないんで、もうよくないですか?」ってお伝えしました。

機嫌悪そうに帰って行きましたが。

せっかくまだ大学生なので、出たいなぁと思ったんですが失敗でしたね。

とある大学が主催です。まぁ具体的な名前を出さなくてもなんとなく想像つくかもですが、こっちでもうちょっと具体的に書こうと思います。

ということで、こんなオンラインサロン始めます。



表に出さないですけど、結構ネタ溜まってますので。笑

これ以外で早速1つネタぶち込みました。ぜひ!

小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。和歌山を拠点に、商品開発、イベントやプロモーションなどを企画。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。和歌山市観光協会のアドバイザーも務める。
世界的な経営者団体「EO」が主催するビジネスコンテスト「GSEA」で、日本代表としてワシントンD.Cで開催された世界大会で登壇。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 OfficialWebsite

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。





    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ