小幡和輝オフィシャルブログ

約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。

今日は朝から大変だった。

大阪で起きた地震の時間、僕は電車に乗っていた。
朝8時くらいに電車が止まり、一向に復旧の見込みが立たず今日の予定はすべてリスケした。

電車の中でいろいろ考えた。このまま大きな地震が来たら死ぬんだろうか。

僕たちは普段、特に意識をせずに「生きてる」

今日の地震が起きた瞬間、自然の力を感じたとき改めて生を実感した。

地震がおさまったくらいに家族からLINEが来た。「大丈夫?」と。

そのときはすぐに復旧すると思った。しかし、電車は10時間以上止まったままだった。

先ほどようやく帰宅できた。

散々な一日だったが、良かったこともあった。

父親が近くに来る用事があったらしく、車で迎えに来てくれたのだ。
2人で話すのはどれくらいぶりだろうか。

そのまま一緒にご飯を食べに行った。

僕はこの人に一生頭が上がらない。直接伝えるのは恥ずかしいのでこうやって記事にしてみようと思う。

僕の父親は現役の教師で、母親も家庭教師などをやっていた。

しかし、僕は学校が合わなかった。

僕は不登校だった。

不登校になったのは小学2年生の途中からだ。

学校が合わない、休みたいといっても、親は当然学校に行けという。

そんな期間が3ヶ月続いた。僕の人生で1番辛かった時間だ。

当時はそんなことまで考える余裕はなかったが、いまならわかる。

僕が不登校になるということは、教師としての自分を否定することになる。

僕の生まれた町は人口1万人くらいの小さな町なので、学校も1つしかない。

僕が不登校になったことは一瞬で広まる。

自分の息子が不登校であるということをみんなが知っている状態で、教師として授業を教える。

一体どんな気持ちだっただろうか。

自分の仕事を犠牲にしても、僕の気持ちを尊重してくれた親には感謝しかない。

起業するときも最初は反対されたが、最後は背中を押してくれた。

「なにをやってるのかはよくわからんけど、応援してるから頑張れよ」

いつも言ってくれる言葉だ。

僕は自分の人生をかけて証明していく。あのときの選択は間違いじゃなかったと。

最近、やりたいことがどんどん実現していく、これまで考えられなかったことがやれている。

これまで本当にたくさんの人たちに応援してもらった。浮かんでくるのはみなさんの顔です。

今日、ずっと会ってない恩人に連絡をしました。来週会ってきます。

人はいつ死ぬかわからない。

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」



    このエントリーをはてなブックマークに追加

思ったよりも賛否があるようでちょっと驚いています。

Twitterの文字数問題で誤解が生まれるのは嫌なのでブログに詳しくまとめます。

最初のきっかけはこちらのツイート。




このツイートに関してこのようなご意見をいただきました。










なるほどなるほど。

これは発注側になることが多い僕と、コメントをいただいてる方が基本的に受託側なので起きるズレなのかなと思いました。

さて、僕の意見を書く前にまず一点、謝罪というか訂正をします。




料金を書いてないのがダメ。というのはちょっと違いますね。できれば避けて欲しい。かな。

すみません。

その上で僕の意見を。

なぜ値段を公開した方が良いのか



発注側が依頼をする際にはギャラの提示をするべきだと考えています。

しかし、クリエイティブ系はその相場があってないようなものなので、そもそもどれくらいの金額を提示すれば良いかもわからないですし、逆に失礼な価格を提示してしまう可能性もあります。

だから目安が欲しいんです。

お互いの無駄な工数を減らすためにも、目安がわかった方がありがたい。。

また、依頼の際にはある程度の具体的な内容を出すべきだと思いますが、見積もりの段階で出すのはコンプライアンス的に難しい案件もあります。

そもそもこの金額感でできるかどうかがわからないので、僕は依頼をするときに正直ためらってしまいますね。。

結果的にふわっとした内容で、ギャラの事前提示もできない。という依頼になってしまう可能性が出てしまいます。

すべてを細かく書く必要はありませんが、ある程度の目安がわかる状態を作っていただけた方が、お互いに効率よく、気持ちのいいお仕事ができると思っています。

だから僕は料金表を公開した方がいい。という主張です。

ちょっと表現がまずかったかも。

何か理由があって非公開にしているのを否定するつもりはなかったです。ただ、正直僕は依頼しにくいです。ということだけご理解いただければ。

僕はこんな感じで公開しています→小幡和輝へのお仕事依頼について


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など


NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はこれまで5回のクラウドファンディングを行い、他の人のサポートも合わせると30回くらいのクラウドファンディングに関わってきました。資金調達額を合計すると2000万円以上。

クラウドファンディングが大好きです。クラウドファンディングという選択肢があったから今の自分があります。

ただ、いろいろ思うところがありこの記事を書いております。最後に大切なお知らせ。

手数料が高い



現在、国内で主要なクラウドファンディングプラットフォームの利用手数料は17% or 20%です。

Readyfor 17%・CAMPFIRE 17%+支援する側が1回につき216円・Makuake 20%

これは僕の個人的意見ではありますが、支援金額が最低でも200万円〜300万円を見込めないプロジェクトはプラットフォーム側があまり支援してくれないと思っています。

「え!一緒に支援を集めてくれるんじゃないの?」

もちろん一概には言えませんが、僕の感覚値としては本文の添削、SNSでの紹介くらいだと思ってます。

SNSやメルマガの紹介も枠に限界があるので、すべてのプロジェクトは紹介されません。

となると、紹介するのは立ち上がってるプロジェクトの中で特に盛り上がりそうな厳選したものになりますよね。

(僕が関わったプロジェクトや他の人の話を聞いてる限りでは)

でもしょうがないんです。

プラットフォーム側の立場になってみると、300万円集まるプロジェクトで17%の手数料。クレジットカード会社に支払う手数料が3%前後かかるので、入ってくるのは14%でしょうか。

42万円ですね。(目標金額が少ないとさらにどうなるかはご想像できるかと。)

ここにオフィス代、システムの維持費だったりいろんな経費がかかります。

会社の利益も考えなくてはならないので、ここにどれくらいの人件費が使えるでしょうか。

そして、達成してこれなんです。もし達成しなかったら。

プラットフォーム側としては大赤字です。

というのが現在のクラウドファンディング市場の現状です。(僕はプラットフォームを自分で運営している訳ではないので、あくまで考察ということでお願いします!)

海外のプラットフォームは10%前後なんですが、そもそも集まる金額の桁が違います。

1000万円のプロジェクトが当たり前に立ち上がる環境であれば、手数料はもっと下げれると思います。

ということで、国内最安値のプラットフォームが誕生します。



d20696-4-158111-3


スクリーンショット 2018-06-09 12.11.28


【国内手数料最安値の10%へ】総合型クラウドファンディングサービス「宙とぶペンギン」購買型・寄付型の手数料を引き下げ。外部パートナーとの連携を開始。

一緒に地方創生ファンドを作ったデジサーチさんが運営する「宙とぶペンギン」のパートナーとして参画します。

プレスリリースから一部引用しますね。

1.手数料引き下げの目的と今後
今回の手数料引き下げは、「気軽にプロジェクトを開始できる」「プラットフォームの活性化」「あったかいお金がめぐる仕組み」を目的としています。これまで、手数料がプロジェクトオーナーにとって選択肢を狭める要素になっていた部分を改めて見直しました。

■気軽にプロジェクトを開始できる
プロジェクトスタート時の壁になりやすい手数料を引き下げ、事業者がプロジェクトをもっと気軽に開始できるようにします。

■プラットフォームの活性化
プロジェクトスタートのハードルを下げ、今まで以上に「夢を持つペンギン(事業者)」の応援を行い、ユーザーの増加とプラットフォームの活性化を目指していきます。


【パートナー制度の詳細について】

6月以降、新たに始める購買型・寄付型のプロジェクトに関して、業界水準最安値となる10%の手数料でプラットフォームをお使いいただくことが可能です。また、パートナー制度による立ち上げサポート等を受ける場合でも、手数料はそのままです。

立ち上げサポートとして(※一部プロジェクトについて)クラウドファンディング立ち上げに関する伴走形式でのサポートを予定しています。(例:プロジェクトの添削、リターン設計や、広報活動など。


→基本的にすべてのプロジェクトに対して僕が無料でサポートします。

他のプラットフォームを否定する訳ではありません。価格破壊をするつもりもありません。

僕に相談がきたとして、内容によってはもしかすると他のプラットフォームをご紹介するかもしれません。

例えば、大型の商品制作系はMakuake、アーティストやクリエイティブ系はCAMPFIRE、寄付系はReadyfor、といったように各プラットフォームごとに得意分野がありますし、プロジェクトオーナーの好みもあるでしょう。

ただし、最初に書いたような手数料の考え方は頭に入れて欲しい。

選択肢を増やしたい。というのが想いであります。

クラウドファンディングは選択肢としてもっともっと広がってほしい。

僕のやれる形でこれからも貢献していきたいと思っています。

クラウドファンディングのご相談はTwitterFacebookでご連絡ください。

過去にはこんなプロジェクトをお手伝いしてきました。

スクリーンショット 2018-06-09 15.12.03


スクリーンショット 2018-03-15 12.42.51


スクリーンショット 2018-06-09 15.10.09


自分ではこんなプロジェクトをやりました。

スクリーンショット 2017-06-22 16.09.29


スクリーンショット 2017-11-23 13.49.57


そして、今日はクラウドファンディングラボというイベントをやります。

cover-t7pG5DEngEgBEUZQgbBcbBAWPTDfHWkr


・ゲストトークセッション

鳴海 禎造 glafit株式会社 代表取締役(クラウドファンディングで日本最高記録となる約1億2800万円を調達)
和泉 大介 SUKIMACHI 代表 (高校時代に脱線事故で走れなくなったローカル線を復旧させるためのプロジェクトを実施)

講演と小幡和輝とのパネルセッションを予定。

・キングコング西野亮廣 講演会(クラウドファンディングをテーマにお話をいただきます。)

・司会 プロ無職 るってぃ

豪華!日本で一番豪華なクラウドファンディングの学び場です。楽しみ!
https://crowdfundinglab.peatix.com/view

【クラウドファンディングラボへのご参加ありがとうございました!】





小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ