小幡和輝オフィシャルブログ

約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。

AME_3J0A2466_TP_V


とても悲しい事件が起きてしまいましたね。。




毎日のように熱中症で子どもが病院に搬送というニュースを聞きます。

この暑さでエアコンついてないってありえないですよ。





例えばこれ昔の記事ですけど。




「快適さを最優先した生活を見直すべきだ」

「東日本大震災を機に自然と調和した生き方への転換を」

というのが、エアコンを設置しない理由とのことです。

なるほど。わかりました。

では、この議論を行った会議室には当然エアコンはついてないんですよね?

直接調べることはできないですけど、絶対ついてるでしょ。

ふざけんな。

僕は普段「学校は行かなくてもいい」という主張をしています。

僕はずっと不登校でした。でも学校以外に居場所があったから、学校の役割を他で代用していました。

その経験から、学校は行けるなら行った方がいいかもしれないけど、辛いなら行かなくてもいい。

行かないのであれば、これとこれとこれを抑えた方がいいよね。という「正しい不登校のやり方」を伝えています。




でも、今日はちょっと違う表現で。

こんな学校行かなくていいです。

学校なんかに行かなくても、他にもっと学びの場はあるから。

ちょっといまの教育おかしくないですか?

いい加減にしろ。

マジで。

【追記】

批判してもしょうがないので、提案を。

ガバメントクラウドファンディングってご存知ですか?

自治体がふるさと納税の仕組みを使ってやるクラウドファンディングです。




ふるさと納税って何に使われてるか不明確じゃないですか。

これだったら用途指定で集めるので納税もしやすい。自分の母校の子どもたちに支援できるし、税金も安くなるんだったらやりたいって人は結構いると思うんですよ。

日本一のクラウドファンディングプラットフォームCAMPFIRE代表の家入さんもこう言ってますので、ぜひコンタクト取ってみてください。




僕に相談してもらってもいいですよ。

ガチでやるならお手伝いします。ガチなら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

8月19日に不登校の当事者に向けたイベントを全国100ヶ所で同日開催しようとしています。
関連記事→#不登校は不幸じゃない 8月19日全国100ヶ所でイベントをやりたいです。

-----スポンサーリンク-----




小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。
「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など



    このエントリーをはてなブックマークに追加

不登校は不幸じゃやないPV用


いよいよあと1ヶ月ですね。

8月19日、全国100ヶ所で不登校の当事者に向けた居場所を作る。

#不登校は不幸じゃない

本当にたくさんの仲間が集まってきました。

でも、ちょっと危機感もあります。

不登校の当事者以外に広がっていない感覚です。

やっぱり関わりにくいですよね。。

でも、関わってほしいんです。

なぜなら、#不登校は不幸じゃない は社会の空気感を変えていく取り組みだから。

不登校の身内同士で盛り上がるものじゃない。

むしろ、当事者じゃない人たちをどうやって巻き込むかが重要です。

僕のことをもともと知っている人は関わってくれたりするんですが、なかなかハードルが高いようで。。

#不登校は不幸じゃない で、SNSにメッセージを書いてくれるだけで十分なんですが、ちょっとなにをどう書いていいのか難しいという声を聞きます。

確かにちょっとデリケートな感じがするのはわかる。

でも、関わってほしいんです。

まとめました!

37972975_1642893642504619_8402908102201966592_n


関連記事 #不登校は不幸じゃない 動画リレーをやりましょう!

仲間集めのクラウドファンディング



いろいろ考えたんですが、クラウドファンディングという受け皿があった方がいいのではと思いました。

https://flying-penguin.jp/project/PM00000024

ぶっちゃけていうと、不登校は不幸じゃないの開催資金の多くは僕が自腹で出してます。

前回の書籍と今回の新書「学校は行かなくてもいい」の印税をあてて、ちょうどくらい)

クラウドファンディングでお金が集まらずとも、開催はなんとかなります。

なので目標金額は最低金額の1000円にしました。

お金ではなく、仲間を集めるクラウドファンディングです。

SNSで #不登校は不幸じゃないの取り組みをみていて、なんか協力したいなぁ。でも、当事者じゃないしなぁ、と思われていた方。

ぜひご支援いただけると嬉しいです(1000円から支援ができます。)

いくつかリターンを作ったので、ぜひチェックしてみてください。

いま当事者で、学校について悩んでいる人向けのリターンとして

僕とビデオ通話で話せるとか、僕が会いに行きます。とかも作ってみました。

よろしくお願いします。
https://flying-penguin.jp/project/PM00000024

不登校は不幸じゃないの企画自体に関わってくれる方はこちらのFacebookグループにもぜひリクエストください。
https://www.facebook.com/groups/784091841780825/

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など





    このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよもうすぐ発売!!

obata_shoseki_kokuchi-03





さて、和歌山のメディアで取り上げてもらえるのがどんどん決まってきたので、ちょっと企画をやろうと思います。(他の都道府県の方ごめんなさい。和歌山出身なのでとりあえず和歌山でやります。)

新書 学校は行かなくてもいい 親子で読みたい「正しい不登校のやり方」は、学校を否定する本ではありません。不登校の当事者にだけに向けた本でもありません。

学校の役割を改めて考えるきっかけにしたいんです。

だから、不登校じゃない人にも読んで欲しい。

どうやったら広がるかなぁと思ったんですが、1つアイデアが思いつきました。

読書感想文を募集したいと思います。

・対象 和歌山県内の学校に通っている学生(小学生から大学院生までOK)
→在住ではなく、通っている学校を参照します。

・お名前
・学校名と学年
・住所と郵便番号(賞品を送ります)
・感想文(1000文字程度を目安)

件名 学校は行かなくてもいい読書感想文

こちらまでご連絡ください↓

kazuki@nagomiobata.com (メール以外は受付不可です。)

・期限 8月15日23時59分まで

・賞品

総額5万円分の図書カードを準備しました。

最優秀賞 図書カード3万円分 1名・優秀賞 図書カード2000円 10名

・注意事項

匿名で学校名等を伏せた形で、このブログ等で公開する可能性があります。

著作権は応募者に帰属しますが、こちらが自由に使えるものとします。

最優秀賞・優秀賞のみご連絡をさせていただきます。

一回やってみて、反応よければ、来年は全国版とかでやりたいなとか思っています。

読書感想文の課題図書とかになったら最高だなぁ。うまく学校も巻き込みたい。

もちろん、不登校を肯定する意見だけでなく、やっぱり学校は行った方がいいと思う、不登校は良くないという意見もあると思います。もちろんOKです。

「なぜ、学校は行った方がいいのか」という視点で書いてもらえると嬉しいです。

いろんな視点の感想が読みたいです。

よろしくお願いします!

→関連記事 #不登校は不幸じゃない 8月19日全国100ヶ所でイベントをやりたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。


https://www.facebook.com/groups/784091841780825/

-----スポンサーリンク-----




小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。
「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など




    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ