告知

【すみません。ちょっと愚痴です。】

申し込み済みの方にはすでにメッセージしましたが、今後申し込みされる方にもみてほしいので。

キングコング西野さんの講演会の学生無料席はクラウドファンディングでたくさんの方にご支援いただき成立したものです。

立ち上げた時は目標金額の10万円を集めて、50席の学生無料席が作れたらいいなと思っていました。
最終的に目標金額の285%となる28万5,000円を集めることができました。

たくさんのご支援をいただき本当にありがとうございます。

当初の予定の2倍以上になったので、実際のところまだ少し席があります。
本当にありがとうございます。

もともと一定数いらっしゃいましたが、特に今日がめちゃくちゃ多かったので書きますね。

・申し込みフォームに学校名や参加を希望する理由を記入していない方が非常に多いです。

フォーム入力で記載を忘れちゃったのであればわかります。お手数ですが、再度申し込んでください。
・参加を希望する理由「興味があるので。」とかも多いです。(興味があるのは当たり前だと思いますが。。)
(ちなみにですが、。。。で西野さんを知って、西野さんの。。。という考え方にとても興味があります。とかではなく、興味があるので。のみです。)

・参加を希望する理由「絵を観たいので。」という方も多くいらっしゃいます。

講演会なので、絵の展示はありません。

上記のような理由は論外です。無料席はご用意できません。

無料だから参加しよう。という方は来なくて大丈夫です。(言い方悪くてすみませんが本心です。)

参加したいけどお金がない。という人に来て欲しいです。
無料が当たり前。という価値観はおかしいと思うのでここは譲れません。

例えば、多くの高校生は学校のルールでアルバイト禁止なんですね。その高校生にとって2,000円はめちゃくちゃ大きい。
でも講演会に参加したい。そんな人に来て欲しいです。

下宿して、生活費を自分で稼ぐ大学生にとっても2,000円は大きいです。そんな人にも来て欲しい。

そういった人たちのためにクラウドファンディングを行いましたので、よろしくお願い致します。

本日締め切りですので、まだ申し込まれてない方は今日中に申し込みお願い致します。(そこまでしっかりした申し込みフォームと思っていなかった方がいらっしゃるかもしれませんので、フォームをもう一度送り直したい。という方も大丈夫です。キャンセルの手続き等は特に必要ありませんので、もう一度申し込みください。)

キングコング西野亮廣講演会 in 和歌山
http://peatix.com/event/216519/view

選考に落ちた方は一般チケットをご購入ください。
なお、チケット決済のシステム上、チケットをまとめて購入された場合、1名分しか申し込みフォームを送ることができませんので、そちらに該当されているであろう方には直接ご連絡をさせていただきました。(連絡漏れがあったらすみません。)

「追記」

すみません。ちょっと誤解ありそうなので補足します。

もちろん全員が残念な理由というわけではなく、ステキな理由を書いてくれている学生もたくさんいますので!(割合的には半々くらいでしょうか。。)

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事