クラウドファンディング

チャレンジの1年。2017年の振り返り、今年もいろいろ頑張ったぞ。

年末ですね。ということで振り返りです。

キーワードは「クラウドファンディング・地方創生会議・VALU・GlobalShapers」かな。

1月 キングコング西野さんの講演会を企画。クラウドファンディングをテーマに約600人にお集まりいただき、CAMPFIREさんと事業パートナー契約。クラウドファンディングの立ち上げサポートを開始しました。

「クラウドファンディングは寄付ではない。」2000万円の資金調達を通じてわかったこと。
https://note.mu/nagomiobata/n/nfabc9d03fcee

2月,3月 NPO法人ETIC.が運営する起業家育成プログラム「MAKERS UNIVERSITY」に参加。初めてこういうプログラムに参加したけど、本当に良かったなと思う。視野が一気に広がった。

あと、個人とGlobalShapersのメンバーとして学校への講演に行きまくってた。ほぼ毎週行ってました。

MAKERS UNIVERSITY(メーカーズユニバーシティ)の集大成。

MAKERS UNIVERSITY(メーカーズユニバーシティ)の集大成。いま、NPO法人ETIC.が運営するMAKERS UNIVERSITYという起業家育成プログラムを受けているのですが、11月5日にプログ...

【Global Shapersに選んでいただきました!】【学校関係者の方にお願い】

【Global Shapersに選んでいただきました!】【学校関係者の方にお願い】Global Shapersという世界経済フォーラム(通称ダボス会議)が組織する、33歳以下のメンバーに選んでいただきました! まだ所...

4月 昨年12月から水面下で動いていた地方創生会議をリリース。めちゃくちゃシェアされた。初めて半年くらいの準備期間を持って立ち上げたプロジェクト。

5月 地方創生会議の準備で動きまくってた。全国から300人集まるっていろいろ大変。。

6月 地方創生会議が無事に終了。47都道府県すべてからお集まりいただき、Twitterのトレンド1位も獲得。クラウドファンディングも400万円以上をご支援いただきました。ご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

来年は6月30日,7月1日です。

VALUもこのタイミングからですね。リリース日から始めることの先行者利益がすごかった。「VALU 始め方」「VALU 使い方」とかでこの記事がGoogle検索1位になりました。

堀江貴文さんをはじめ、著名な方もたくさん買ってくれて嬉しかったです。期待に応えれるように頑張らねば。年明けに優待追加予定です!

VALU専門家が始め方から使い方までを解説します!

VALU専門家が始め方から使い方までを解説します!VALU専門家の小幡和輝です。 VALUについて質問されることが多いので、もう専門家になることにしました。 そもそもVALUって? ...

7月 著書「不登校から高校生社長へ」を作るためのクラウドファンディングをスタート。

やるかどうかギリギリまで悩んだけど、実際立ち上げてみると、すぐにいろんな人が支援してくれて本当に嬉しかった。特に学校の先生から応援メッセージがきたのは嬉しかったなぁ。

8月 徳島の阿波踊りへ。ずっと行きたかった阿波踊り。阿波踊りがどうしてあんなに盛り上がってるのかを肌で感じたかったんですが、ちょっと見えてきました。これどっかでシェアしたいな。来年も参加予定です。

あと、ダイアモンドオンラインにインタビュー掲載いただきました。ずっと出たかったメディアだったので光栄でした。

「9月1日、嫌なら学校に行かなくていい」元不登校の大学生社長が訴える
http://diamond.jp/articles/amp/140329

9月,10月 本のクラウドファンディングPRやら、対談の収録やら本のことで動きまくった。最終的に約130万円のご支援をいただきました。本当にありがとうございました。全国の学校にどんどん寄贈が進んでいます。

当初の予定より増版したので、ご協力いただける方はぜひこちらからお願いします。

不登校から高校生社長へ。茂木健一郎さんとの対談&本が完成しました。

不登校から高校生社長へ。茂木健一郎さんとの対談&本が完成しました。茂木さん本当にありがとうございました。超楽しかったです。 僕のことを知っていただいてて、めちゃくちゃ嬉しかったなぁ。 茂木健一郎×小...

GlobalShapersのメンバーとしてセブの国際会議に出席。また行きたいけど、海外はちょっと怖い。。

あと、ブログにかなり力を入れ出しました。

11月 起業家育成プログラム「MAKERS UNIVERSITY」が終了。これは本当に良かった。オススメです。来年の応募はもう終わってるけど、起業を志す若者は要チェック。

GlobalShapersのメンバーとして、福島第一原子力発電所を視察してきました。

いろんな意見があると思いますが、とりあえず言いたいのは福島の食はデータ的に考えて問題ないです。むしろ徹底的に検査されてるから他より安全かと。‬風評はやめていただきたい。

12月 運営として約10ヶ月関わったG1カレッジ2017。過去2回参加して、全国に同世代のつながりができ、ボードメンバーのみなさんにもさまざまな形でご協力をいただいてます。

特に地方創生会議は、G1カレッジがなければ絶対開催できなかったです。本当に感謝しています。

そのG1カレッジになにか恩返しができたらという思いで、運営に関わらせていただきました。

人生を変えてくれたG1カレッジへの恩返し。

人生を変えてくれたG1カレッジへの恩返し。昨日、運営として約10ヶ月関わったG1カレッジ2017が終了しました。 G1カレッジとは。 25歳以下で、起業、政治、NPO、学術、...

関西テレビ「報道ランナー」に出ました。放送直後に書籍が一気に注文入って、テレビの影響力を改めて感じました。不登校時代の恩師とも対談しました。ちょっとは恩返しできたかな。

そして、本の発送作業を頑張ってます。とりあえず1000冊は届けました。まだまだ届けます。

配送作業がんばってます。

配送作業がんばってます。‪少しづつ、着実に届けてます。‬ ‪1000冊超えました。本屋さん通さずに直販で1000冊ってかなり頑張ってるのでは。みなさんご購入あ...

という感じでざっくり振り返ってみました。

意外。。。って言われるんですが、23年間年末は実家に帰って家族と過ごしております。
弟が会うたびに大きくなってて、親戚のおっちゃん感があります。

来年も頑張ります。年明けすぐにかなり大きめのリリースあるのでお楽しみに。
引き続き応援よろしくお願いします!

もうちょっと具体的なことはここに書いてます。

23歳。地方起業のリアルな話。どんな仕事でどれくらい稼げるの?
https://note.mu/nagomiobata/n/n94c66b760e60

年賀状はこちらで!

もう年賀状いらないわ。キンコン西野さんのレターポットの感想。

もう年賀状いらないわ。キンコン西野さんのレターポットの感想。キングコング西野さんが手がける新しいサービス「レターポット」が仮リリースされました! レターポットとは? 「現代はモノで溢れかえ...

小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長

もっと詳しくはこちらの記事を!→小幡和輝ってどんな人?

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事