ギモンに切り込む

週末起業や副業から始める。フリーランスとして起業する生き方。

——スポンサーリンク freee(僕も使ってます!)——


僕はできる限りリスクを下げて起業することをオススメしています。

例えば学生起業は大賛成です。

なぜなら時間が余っているので、部活やアルバイトに使う時間を起業に使うことで
ほぼリスクなく起業することが可能です。

これが社会人になると、いろんなものを背負っちゃってるんですよね。

30741566_1280867418724753_6860784332043190272_n

ポジショントークではありますが、僕は高校3年生で起業したので、高3から現在までの助走期間があったからこそ起業できたと思っています。

もし普通に就職していて、いきなり仕事を辞めたらって考えるとゾッとしますね。。。

だからこそ週末起業や副業として始める起業には大賛成です。

一回やってみて、向いてなかったら辞めたらいいんですよ。

いきなり会社を辞めるとそういうわけにはいかないので。

重要なのはできるだけ小さく始めるということです。

クラウドファンディングもいいですね。

関連記事 「クラウドファンディングは寄付ではない。」2000万円の資金調達を通じてわかったこと。

できる限りリスクを下げて、自分のできる範囲からやってみる。

空いてる時間をちょっとお金にしてみる。そんな視点が重要なのかなと思います。

例えばクラウドワークスはPCが普通に使える人であれば、時給500円前後になるような案件がたくさん募集されています。

慣れれば1000円くらいは稼げるでしょう。

まずはこっからはじめてみる。

できればプログラミングを学習してみる。一通りのスキルが身につけば時給3000円前後でしょうか。もちろんリモートOKで。

無料体験レッスンの講座がありました。

ちなみに先ほど紹介したクラウドワークスの関連サービス→クラウドテック

こちらはWeb関連スキルを持っている人に特化したマッチングサイトです。

サイトをみていただければと思いますが、報酬の桁が違います。

ここで受注できるようになると月収50万円くらいは稼げるでしょう。

まずは小さくからはじめて、徐々にいまの仕事から移行していくのが起業の理想形なのかなぁと思います。

起業はリスクじゃないですよ。

頑張ってください!

「起業したい!」と思った方はこちらも。

関連記事 →起業家が起業のやり方教えます。会社を作るにはいくらかかる?

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEはじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事