Voicy書き起こし

【Voicy書き起こし④】努力の才能

・タイトルコール
和輝の部屋@意識が高いお悩み相談

・前回の放送から
はい。前回はですね。「子供がYouTuberになりたい」ってところに対しての相談を回答させていただきました。

まあ、YouTuberになれるかどうかはわからないですけど、YouTubeを通じた経験とかはすごく価値があるなあと思うので、とりあえずやったらいいんじゃないかなあみたいな感じになりました。

YouTubeつながりってところで、今回のお悩みは「おすすめの本教えてください」っていうのが最初のお悩み相談だったんですけど、僕あんまり本読まないんですね。

ただ、おすすめの動画を紹介したいなと思ってますので、今日はそんなラジオにしたいなと思っています。

・努力の才能
はい。「努力の才能」ってタイトルを書いているんですけど、知っている人もいるかもなあ…。島田紳助さんっているじゃないですか、もう引退されましたけど元々テレビでよくみてた。

島田紳助さんが、吉本の芸人の後輩に向かって授業をしている動画が実はあってですね、多分「島田紳助 伝説の授業」とかで調べると出てくると思うんですけど、それが結構長いんですよ、多分4時間とか5時間とかあるのかな…。

めちゃくちゃいい内容なんですよね。

その中で「努力の才能」みたいな話があって、要は「時間をいくら使っても正しい努力をしていなかったら結果が出ない」と。「まあ元々持って生まれたものはどうしようもないので、後からできるのは努力の方法でしかない」みたいな話があって。

紳助さんがどういう風に漫才から始まってMCに入って、そういう芸能人として芸能界を生き抜く中ですごく意識をしてきた努力の才能の話、努力の方法の話みたいなのを喋ってます。

これめちゃめちゃいいなと思ってて。いつかな…。多分僕めっちゃこれ昔なんですよね、みたの。4年…3年は前だな。まだ多分高校生だったと思うんですよね、当時。

たまたま、YouTubeかなんかで流れてきて、これめちゃめちゃいいこと言ってんなと思って。それからいろんな人にオススメ・紹介してますね。

講演に僕が行って、質疑応答とかの中でよく言われるんですよ「おすすめの本とか、参考にしたやつとかありますか?」みたいな。その時に結構この話するんですね。

で、その次の話になるんですけど、例えば今僕が島田紳助さんのあの動画いいよって紹介をすると、皆さんの行動はこっから多分3パターンに分かれると思います。

一つは「みない」で、もうこれは話にならないですよね。

もう一つが「みる」いろいろ感じるかもしれないし、なんか違うと思うかもしれない。

もう一つは「みて、感想とかいろいろ思ったことを僕にTwitterのDMなりなんなりで送ってくる」

その上で、「こういうことやろうと思ってるんですけど、協力してください」みたいなことまで言っちゃう。
これまで言う人ってあんまりいないと思うんですよ。

でも、僕、講演会で質問されて「これいいよ」って返して、それを実際にやってその上でこういうことやてくださいって言われたら、いきなり言われるよりめっちゃ応援したくなるじゃないですか。

要はそういうことやと思うんですよね。

まあ、僕が応援したからどんなもんやって話もあるんですけど、いわゆるその相手がどういう風にしたら協力したくなるかとか。有効な時間の使い方みたいなところってすごく大事だと思っていて。

この「努力の才能」って話を聞いて、四時間かけて動画をみました。

で、そのあと15分、20分、かけて僕にメッセージを送ってくるっていう、最後のこの15分やるかどうかで僕からのアプローチというか印象はめちゃくちゃ変わるわけですよね。

この15分やれるかどうかでめっちゃ変わるわけですよ。まあ僕にめっちゃ協力してほしいって前提なんですけど、結局これをやらない人ってのは、努力の才能がないんだなって思っちゃいます。

僕、そう考えて振り返ると結構そういうことできたんですよね。例えば、森川さんって元LINEの社長で、今C CHANNELの社長をしている森川さんに和歌山に来てもらって、講演会をしたことがあるんですね。

その経緯でいうと、森川さんのブログを読んで「ああこの人すげえなあ」って感動して、実際森川さんが出ている講演会に見に行ったんですよね。

生で話を聞いて改めて「この人すげえわ」って。そのあと、講演会終わったあと、まだちょっとだけ(森川さんが)帰らずにいたんですよ。

それ見つけて僕そこに走って行って。「感動しました」みたいな思いをめちゃくちゃプレゼンして。で、「今日本当に感動したので、今度和歌山で講演会させてもらいたいんですけど」ってその場でお願いをして、「あ、いいですよ」くらいでその場は終わったんですね。

まあ時間もなくって、森川さんも帰っちゃったんです。ただ、僕その日の夜…次の朝くらいかな、に僕本当に企画書にして森川さんにFacebookでメッセージを送ったんですよ。そしたら森川さん「いいよ、行くよ」って言ってくれたんですよね。

これが僕は努力の才能だと思っていて。要はいきなりFacebookでメッセージをしても、もしかしたらダメだったかもしれないけど、前の日にそういう経緯があって、本当に形にしようとしてメッセージをくれたっていうところ。

そういうところってすごく大事だなって思っていて、要はやりたいって思ったことがあるってときに、自分の限られたリソースと時間をどういう風に使うのかみたいなところが努力の才能だなと思ってて。

そういう意味では僕は結構できてたのかなって思ったりします。これはなんか本当に何をするにも多分大切な技術なんで、ぜひ一回見てもらえるといいのかなと思ってます。

・次回配信予告
はい、「努力の才能」って話でしたけど、このVoicyでもいろんなお悩み相談に答えていきますけど、実際にそれを行動移すっていうところができるかできないかっていうのは、努力の才能の話に繋がるのかなって思ったりはしてますね。

 次回なんですが、「失敗が怖い」とか「失敗からどう立ち直りましたか」とか「小幡さんの失敗談を!」みたいな、そういう「失敗」というテーマで話をしたいなと思ってます。まあ今も結構失敗してるんですけど、結構僕大きな失敗をたくさんしまくっているので、そういう話ができたらなと思っています。はい、ではまたよろしくお願いします。ではでは。

Voicyはこちら
https://voicy.jp/channel/650/16679

書き起こし @yas_aka_thaimay (ありがとうございます!)
【Voicy書き起こし⑤】失敗が怖い。。小幡の失敗談

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

登録はこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事