Voicy書き起こし

【Voicy書き起こし13】ハマる力

・タイトルコール
和輝の部屋@意識が高いお悩み相談、始まります。

・このチャンネルの紹介

このチャンネルは、小幡和輝が普段から受けてる相談とか質問をいただいたことに対して、意識を高く返していくと、そういうチャンネルにしています。

・前回の放送から

前回はですね、僕の仕事とかスケジュールの話をしました。ちょっと長くなっちゃって、しかも音声でわかるのかってところもあったんですけど、結構具体的な話までさせていただきました。

ちょっと長いんですけど、もしよかったら前回も最後まで聴いていただけたらなと思います。では今回はですね、ハマり力。

前回も少し触れたんですけど、いろんなことをする中でもハマり力みたいなところの話ができればなあと思っています。ハマる力ですね。

・ハマり力

このVoicyを聞いている人だと、堀江貴文さんの多動力ってほとんどの人が読んだのかなと思ったりするんですが、あの本はめちゃめちゃいいですよね。僕もすごくいいなと思って2回3回くらい読んでるんですけど。

で、ハマり力みたいなものってすごく大事だなって思っていて、僕の原体験ってやっぱりゲームなんですけど、とにかく僕は暇だったんですよね。学校に行かないとなると暇なんですよ。

1日8時間くらいみんなより時間が長いので、その時間を何かしらに使わないといけないですよね。社会人であればいろいろあると思うんですけど、当時はやっぱりゲームしかなかったので、ひたすら自分でゲームをすると。

で、ゲームの中で自分でオリジナルルールを作ったりして、勝手にゲームの中でゲームを作るみたいな。いろんな遊びをやっておりました。

その中で思うのは「できるだけゲーム感覚にする」っていうのは大事だなって常に思っていて。結構僕ゲーム感覚なんですよね。

いろんなものが。例えばイベントを作るだとか、商品作るとかなんでもいいんですけど、仕事において「こことこことここを組み合わせたらこういくよね」みたいな。

Twitterも最近めっちゃ力入れてるんですけど、フォロワーが増えるとレベルアップした感覚があるので(笑)ゲーム感覚でTwitterはやったりはしています。なんかすいません(笑)

ゲーム感覚でやっちゃって…。フォローしていただいてる方も多いと思うのに…。なんかでもそういう感覚はあって。

投稿する内容とかいろいろ考えると、いいねとかリツイートとかつきやすかったりとか。

なんか見えてくるものがたくさんあるので、そこを自分で改善すると、実際それがリアクションだとかフォローにつながっていくので、結構目に見えてレベルアップした感があるので楽しかったりしますね。

そんな感じでゲーム感覚にして物事を考えるというのは、僕が結構やっていることです。

 あとは、テンションが上がらないことってどうしてもあるんですよ。「なんかこれテンション上がらないな」みたいな。だから、そういう仕事をあえてやりません。

やりませんというか、後に残したりします。その間に他のことをやったりして、気持ち切り替えて、そっちやった後こっちに戻るみたいな。そういうのを結構やりますね。

だから途中までタスクこなして、ちょっと飽きてきら、こっちやろう、またやって、またこっち、みたいなのはよくやります。

だから逆に言うと持っている仕事の案件が、多分今10とか15とか…もっとあるか。結構いろいろあるんですけど、それをちょっとずつ同時並行で進めていく感じがあるので、それはそれでなんか飽きにくいですね。

逆に全然手がつかないものもあったりするんですけど。(笑)でも、できるだけそういう風に散らばった案件があることで、飽きにくいというか。

「あ、今これいけるテンションだ」って時にばっとやっちゃうみたいなことはよく意識はしていますね。

ゲーム感覚にするっていうところと、できるだけたくさんの仕事の案件をできるような状態にしておいて、できるだけ今テンションの上がるものに対して取り組んでいく、みたいなところが、僕は重要だと思っていて。それが僕が意識的にやる「ハマる力」かなあと思っています。

・次回配信予告

 次回はですね…。よくよく考えたら、これ質問ってペンネームみたいなやつあった方がラジオっぽいですよね。忘れてました。(笑)

質問箱にペンネーム付きのやつが来て思い出したんですけど。ペンネーム、シロクロさんから「炎上が怖くてブログとかSNSとか怖いんです」みたいな質問をいただきました。次回はそれに対してお答えしたいなと思います。よろしくお願いします。

Voicyはこちら
https://voicy.jp/channel/650/16852

書き起こし @yas_aka_thaimay (ありがとうございます!)
【Voicy書き起こし14】炎上が怖い

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

登録はこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事