告知

【和歌山県内限定】新著 #学校は行かなくてもいい の読書感想文を募集します。

いよいよもうすぐ発売!!

 

さて、和歌山のメディアで取り上げてもらえるのがどんどん決まってきたので、ちょっと企画をやろうと思います。(他の都道府県の方ごめんなさい。和歌山出身なのでとりあえず和歌山でやります。)

新書 学校は行かなくてもいい 親子で読みたい「正しい不登校のやり方」は、学校を否定する本ではありません。不登校の当事者にだけに向けた本でもありません。

学校の役割を改めて考えるきっかけにしたいんです。

だから、不登校じゃない人にも読んで欲しい。

どうやったら広がるかなぁと思ったんですが、1つアイデアが思いつきました。

読書感想文を募集したいと思います。

・対象 和歌山県内の学校に通っている学生(小学生から大学院生までOK)
→在住ではなく、通っている学校を参照します。

・お名前
・学校名と学年
・住所と郵便番号(賞品を送ります)
・感想文(1000文字程度を目安)

件名 学校は行かなくてもいい読書感想文

こちらまでご連絡ください↓

kazuki@nagomiobata.com (メール以外は受付不可です。)

・期限 8月15日23時59分まで

・賞品

総額5万円分の図書カードを準備しました。

最優秀賞 図書カード3万円分 1名・優秀賞 図書カード2000円 10名

・注意事項

匿名で学校名等を伏せた形で、このブログ等で公開する可能性があります。

著作権は応募者に帰属しますが、こちらが自由に使えるものとします。

最優秀賞・優秀賞のみご連絡をさせていただきます。

一回やってみて、反応よければ、来年は全国版とかでやりたいなとか思っています。

読書感想文の課題図書とかになったら最高だなぁ。うまく学校も巻き込みたい。

もちろん、不登校を肯定する意見だけでなく、やっぱり学校は行った方がいいと思う、不登校は良くないという意見もあると思います。もちろんOKです。

「なぜ、学校は行った方がいいのか」という視点で書いてもらえると嬉しいです。

いろんな視点の感想が読みたいです。

よろしくお願いします!

→関連記事 #不登校は不幸じゃない 8月19日全国100ヶ所でイベントをやりたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

https://www.facebook.com/groups/784091841780825/

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事