ギモンに切り込む

不登校は悪いことじゃない。不登校を咎める人なんて社会に出たらいませんでした。

ペンネーム みっちゃん

小学校5年からの約1年、中学2年からの約半年合計1年半ほど不登校になりました。

きっかけはいろいろありますが、大きな原因はいじめでした。

いじめの原因は様々あると思います。

私の場合、今考えると持病があり出来ることが限られていた事、周りの先生達から持病があるので過保護気味にされていたことなどが原因だったのかなと思います。

最初の頃は嫌なことを言われても、ひたすら耐えていました。
学校に行くのが当たり前、おばあちゃん子で同居している祖母を悲しませてはいけないそんな理由で学校に我慢して通っていました。

しかし、その祖母が病気で亡くなり、我慢してまで学校に行く理由がわからなくなりました。

それが不登校になったきっかけでした。

不登校になると、なぜ学校に行かないのかと朝から晩まで問い詰められ、時には学校まで引っ張って連れていかれ、本当に辛い日々を過ごしました。

そこまでして学校に通う意味はあったのかと、大人になった今疑問に思います。

学校で協調性や気配り、集団での行動、最低限の読み書きや計算は学ぶ必要はあると思います。

ですが、ある程度学べば嫌いな学校へ通う必要はないと今感じます。

嫌々引っ張って連れていかれたという経験はトラウマになりますし、不登校=逃げることではないからです。

不登校で嫌なことから逃げることを覚えてしまうから、無理やりでも連れていくというのが、当時の親や先生の考えでした。

確かに嫌なことからは逃げたくなりますが、本当に必要なことであれば子供であってもどうにかしなければと考えています。

実際私は中学2年の時に不登校になりましたが、高校受験のことを考え3年生の1学期からは学校に戻りました。

高校で大きく環境を変えることが出来るという考えがあったので、卒業する1年はどんなに辛くても耐えようと心に決めていたので、どんなに嫌なことがあっても不登校にはなりませんでした。

不登校は逃げることではありません。

環境を変えたり、自分なりの対処法を考えるだったと中学の時不登校を経験して感じました。

嫌な空間にいては自分が壊れてしまう、このままではダメになってしまうと思うので1度離れる時間が必要でした。

それが不登校という選択だっただけだと思います。

それに、子供の頃不登校だったから人生に大きく悪影響を与えているとは思いません。

いじめや辛いことから我慢し続けていた方が、人生に影響していそうですし、嫌なことがあったらあの時こうしたからこうすればよい、と多少は不登校の経験が生かされているように思います。

それに、不登校を咎める人なんて社会に出たらいませんでした。

不登校だったと話しても、そうなんだくらいで会話も終わりますし、高校など必要なことだけこなしていれば不登校だったという事実に大人になってから咎める人はいなかったので、不登校になっていけなかったとは全く思いません。

不登校は悪いことではありませんし、物事から逃げているわけではありません。

自分のキャパを越えてしまってパニックになっているので落ち着きたいと思う時間が学校に行かない時間でした。

なので、 周りの人達には不登校の子供達が物事に乗り越えられるよう手助けをして欲しいなと思います。

その手助けは、無理やり学校に連れていくことではなく学校に行かない間に勉強を教えたり、不登校になった学校に戻るのであれば戻りやすいよう環境を整えることです。

学校に行かないことは悪いという考えを、世の中から早く無くなればいいのにと思います。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

登録はこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事