雑記

いつか会いたいじゃ、一生会えないと思う。

いつかお会いしたいです。って基本的にその場で終わっちゃいますよねー。

たまにそんなメッセージいただくんですけど「イベントとかに呼んでくれたら行くのになー。」と思います。

以前、和歌山県立日高高校で、日高高校・那賀高校・海南高校・田辺高校・星林高校の生徒・教職員のみなさんにお話させていただきました。

で、ですね。
そもそもなんで僕が話をすることになったかというと、ある日メッセージが届きまして。

この日高高校の生徒からでした。

いろいろかいつまんで書くと「ぜひ小幡さんのお話を伺いたいです。学校で講演してくれませんか?」ということ。

即答で「いいよ!」と答えました。

そうですよ。呼びゃいいんです。

僕も2014年は堀江貴文さん、2015年は森川亮さん(元LINE株式会社代表取締役社長)、今年はキングコングの西野亮廣さんを和歌山にお招きしてイベントをやりました。

和歌山だと、東詩歩ちゃんという女子高生がTEDxSapporoのプレゼンで有名な植松さんを和歌山に呼びましたね。

【イベント紹介】”どうせ無理”をなくしたい in NAGA
http://tobira.socialstudy.biz/activation/uemathunaga

ほら。できるでしょ?

最後はやる気と企画力かなと。

やる気(想い)8割、企画力2割ってところでしょうか。

(この辺の具体的な方法論とかはまたどっかの機会で書けたらなと思います。)

あ、学生は有利だと思います。社会人だとこのやる気と企画力の数字が逆転するか。

僕はそろそろ学生ブランドを使わない(使えない)仕事をいろいろやり始めているんですが

(さすがにもうすぐ大学3年、起業しても3年なので、実力勝負で頑張ります。笑)

特に高校生とかは学生ブランドを全力で使ってなにか企画してみるといいと思います。

ということで、まずは小幡和輝を呼んでみよう。笑

(学生主催のものは交通費くらいもらえたら行きますよ。あ、社会人の方はがっつりいただきますので。笑)

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事