教育方法

【選び方も解説】【子供も社会人もOK】北海道のプログラミングスクール5選を徹底比較

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

こんにちは!

学校は行かなくてもいい」などの教育系の書籍を出版したり、内閣府認定の地方創生の専門家として仕事をしている小幡和輝と申します。

これからの時代はプログラミングが必須のスキルになってきます。2020年から学校で必修化され、多くの企業でもエンジニアが高待遇で採用されているのです。

エンジニアの平均年収は20代でもなんと450万円!

一般的な20代の平均年収は300万円程度なので、エンジニアの給料は一般職の約1.5倍ということになります。さらに、現在は多くの企業でエンジニアが不足しており、完全な売り手市場となっています。

ですが、都心部では一般的になってきたものの、地方ではプログラミングがまだまだ浸透していない現状があります。

場所を問わず働くことができるプログラミングは、地方でこそ学ぶべきスキルです。

そこで本記事では、北海道にあるプログラミングスクールを紹介します。

プログラミングを学ぶメリットやプログラミングスクールの選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラミングを学ぶメリットについて

エンジニアとして働く以外でもプログラミングを学ぶメリットはあります。

いよいよ2020年から5Gが一般に普及されはじめます。5Gになると、ネットワーク回線に同時接続できる量が一気に増えるので、身の回りのありとあらゆるものがネットに繋がっていくようになります。

例えば、雨が降る予報の日は、玄関にある傘立てが光って傘を持っていくように促してくれるみたいなことも当たり前になります。

つまり、これまでエンジニアが必要なかった業種にもエンジニアが必要になってくるということなんです。

ということは、傘立てを設計するデザイナー、工場でそれを作る職人さんもプログラミングの知識があった方がスムーズですよね。

自分がエンジニアでなくても、エンジニアと一緒に仕事をする機会が一気に増えていくので、ある程度のプログラミング知識があった方が確実に良いです。

(なので、2020年から学校でプログラミングが必修化されます。)

また、プログラミングを学習することで、創造力、集中力、情報処理能力などが鍛えられていく効果があります。

プログラミングスクールで、プログラミングを学ぶメリットについて

大人の場合は別として、子供の場合は『学校で必修化されるならプログラミングスクールに通う必要はないのでは?』とお考えの親御さんもいらっしゃるかと思います。

これはあまりオススメできません。

必修化はされたのですが、先生にプログラミングの知識がないため、学校によってクオリティのバラつきが非常に多く、みなさんも英語で経験があるように学校で学んだことは実社会ではあまり役に立ちません。

一方でプログラミングスクールは、実戦で活躍するエンジニアが、洗練されたカリキュラムで教えてくれるため、実際に社会で使えるプログラミング学習ができます。

また就職の斡旋もしてくれるところが多く、実際の仕事に繋がっていきます。

学校の授業はあくまできっかけとして考えたほうがよいでしょう。

プログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールは主にこの3つのポイントで選ぶと良いでしょう。

  1. 受講料
  2. 対応している言語
  3. (社会人の場合)就職斡旋があるかどうか

 

それぞれ解説していきます。

プログラミングスクールの選び方① 受講料

これは一番気になるポイントだと思うので、ここでは注意すべき点を。

インターネットの普及で比較しやすくなり、少なくはなってきたのですが、地方ではインターネットの知識がない人に向けたぼったくりをしている企業があります。

個別指導かグループかなどでも変わるのですが、子供の習い事であれば1回あたり4000円程度までは相場の範囲でしょう。

社会人のスクールはスクールによってバラつきが多いのですが、卒業までに30万〜40万円程度であれば相場以内という感覚でいいと思います。

プログラミングスクールの選び方② 対応している言語

一概にプログラミングといっても、実は英語やフランス語といったように言語がたくさんあります。それぞれ使われている場面が違うものなので、注意が必要です。

例えば、Pythonは汎用性が高く人気の言語で、最近では特にAIの開発に使われています。

他にもJava、C言語などいろんな言語があり、最初は理解が難しいと思います。

なので、自分がどんなものを作りたいのかを整理しましょう。

ホームページが作りたいのか、アプリを作りたいのかなどを決め、スクールの方に相談してみるといいでしょう。

プログラミングスクールの選び方③ (社会人の場合)就職斡旋があるかどうか

冒頭でエンジニアの平均年収は450万円という紹介をしましたが、働き先がなければお金をもらうことはできません。

エンジニアの採用に困っている企業は多いので、それほど困らないとは思いますが、就職斡旋があるところに通っておいたほうがより安心でしょう。

また、エンジニア未経験の場合、企業側はあなたがどれくらいの技術者かわからないため、プログラミングスクールに斡旋してもらうことで、よりスムーズに就職先が見つかります。

北海道のプログラミングスクールを徹底比較

ここからは北海道にあるプログラミングスクールを紹介します。

調査をして改めてわかったことですが、残念ながらやはり地方には選択肢が少ないです。

紹介した中で気に入ったところがなければ、オンラインのプログラミングスクールもオススメです。

オンラインのプログラミングスクールは場所を問わず、料金も安く学習できるというメリットがあります。

現役エンジニアの先生がしっかりついて教えてくれるCodeCampか、動画教材と無制限質問サポートで自分のペースで学ぶことができるSkill Hacksがオススメです。

 

【北海道のプログラミングスクール1】ヒューマンアカデミー ロボット教室・こどもプログラミング教室(子供)

ヒューマンアカデミー ロボット教室はヒューマンアカデミーがすべての児童教育でポリシーとしている「楽しみながら学ぶ」を通じて、主に以下の6つの力を育てていきます。

  1. 創造力 イメージを「カタチ」にし、「工夫」を繰り返しながらクリエイティブマインドを育む。
  2. プログラミング能力 ハードウェアの動きの背景にあるソフトウェアの働きを理解できる分野横断的な思考力を養う。
  3. 集中力 「楽しいこと」「好きなこと」に時間を忘れて没頭し長時間集中する力を高める。
  4. 観察力 ロボットの構造や動きを観察しながら、科学的なものの見方を養い知的好奇心を培う。
  5. 論理的思考力 ロボットが考えた通りに動くようにパーツを組み換えプログラミングを行いロジカルに考える力を高める。
  6. 空間認識力 パーツを組み合わせて立体物を意図した通りに動かす経験が、立体感覚を養う。

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室は、マウスを握った経験のない段階から始められる教室です。

いきなり難しいことを教えるのではなく、パソコンへのバリアを自然に消し、

子供目線の段階を丁寧に踏んで、プログラムが書けるようにリードしていきます。

途中で嫌になってしまうことのないよう、プログラミングが「好きになる」工夫を随所に散りばめています。



プログラミングは、「難しい」「とっつきにくい」印象があるだけに、ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室では、カリキュラムをスモールステップで構成しています。

住所

北海道札幌市中央区南11条西9丁目4-1あけぼのアート&コミュニティセンター

北海道札幌市北区北七条西4丁目4-3札幌クレストビル7F

対象 子供
費用 月2回(90分)9,000円

>>体験授業の申し込み

【北海道のプログラミングスクール2】札幌WEBプログラミングスクール(子供・社会人)

札幌WEBプログラミングスクールは数多くのプログラマ・システムエンジニア・WEBデザイナーを輩出し、異業種からIT企業への転職を実現させ多くの人の夢をかなえて来たスクールです。

IT業界への転職希望者は2か月以内にほぼ全員がプログラマ、 システムエンジニア候補、WEBデザイナーとして就職しています。

住所 札幌市豊平区平岸7条14丁目2-3
対象 子供・社会人
費用 1回あたり2700円
URL http://satsupro.com/

【北海道のプログラミングスクール3】0円スクール(社会人)

0円スクールは、その名の通り無料で受講できるプログラミングスクールです。

地元のIT企業バンキング・システムズが運営しており、卒業生を積極的に採用しているため、就職・転職希望の人に限って無料で受講することが可能です。

就職先が固定されてしまうのがネックですが、何と言っても0円でプログラミングが学べて就職先も決まるので、とにかくエンジニアとして転職したい!という方にはもってこいのプログラミングスクールです。

住所 北海道札幌市中央区北2条西3-1-12 敷島ビル7階
対象 社会人
費用 0円
URL https://zero-school.com/

【北海道のプログラミングスクール4】Digital Center(デジタルセンター)(社会人)

パソコンスクール・パルティスがプロデュースするDigital Center(デジタルセンター)は、DTP・WEBデザイン・アプリ開発に特化し、初心者から上級者まで完全サポートするマルチメディアスクールです。

『自分でデザインしたチラシ・パンフレットを作りたい』
『WEBサイトを作りたい、リニューアルしたい、編集できるようになりたい』
『デザイナー、クリエイター、プログラマーを目指したい』

など、初心者から上級者まで楽しめ、様々な目的やニーズに対応する30以上のコースがあります。

住所 札幌市中央区北1条西3丁目3番地
札幌MNビル11F
対象 社会人
費用 月4回 20,000円
URL https://www.pdc.design/index.html

【北海道のプログラミングスクール5】アーテック自考力キッズ(子供)

自考力キッズは3種類のカリキュラムで6つの力(図形・空間認識能力・集中力・創造力・表現力・論理的思考力・問題解決力)が身につきます!
 
毎月、パズルとロボットとプログラミングの3種類のカリキュラムがあり、それぞれバラエティに富んだ内容のテキストが用意されているので、子どもたちのヤル気を引き出し、飽きることなく続けられます。
 
住所

北海道帯広市西18条南4丁目20-6

北海道札幌市北区北七条西4丁目4-3札幌クレストビル7F

対象 子供
費用 月4回(90分)12,000円(校舎によって変動、詳細はお問い合わせ)

>>体験授業の申し込み

先ほども紹介しましたが、この中で気に入ったところがなければ、オンラインのプログラミングスクールもオススメです。

オンラインなので場所を問わず、料金も安く学習できるというメリットもあります。

現役エンジニアの先生がしっかりついて教えてくれるCodeCampか、動画教材と無制限質問サポートで自分のペースで学ぶことができるSkill Hacksがオススメです。

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者3000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

小幡和輝の活動を応援してくださる方は、Amazon、楽天で何か買い物をする際に以下のURLからページにアクセスして商品購入していただけると嬉しいです。

購入金額の一部がAmazon楽天から支払われますので活動資金とさせていただきます。

みなさんのご負担がなく寄付できる仕組みです。

あと、読んでほしい記事のまとめです!

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方が記事を寄稿してくれました。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

みんなの不登校体験談はこちらから読むことができます

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
LINEで最新情報を受け取る