小幡和輝オフィシャルブログ

約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。

約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 社会のギモンに切り込んでいきます。

AME_3J0A2466_TP_V

こんばんは。

#不登校は不幸じゃない という取り組みをやっています。小幡と申します。

関連記事→#不登校は不幸じゃない 8月19日全国100ヶ所でイベントをやりたいです。

僕自身、ほとんど学校に行ってない筋金入りの不登校なんですけど、いま楽しく生きてます。

普段の主張としては不登校を肯定する。

学校は行っても、行かなくてもいいっていう主張なんですけど、それはもう過去の記事でいろいろ書いてきたので、この記事ではちょっと学校のヘンなところを書いてみようかなと。

なんの繋がりもなかった30名がいきなり一緒になる。



これまでなんの繋がりもなかったわけですが、いきなり30名のクラスに配置されます。

性格も興味もまったく違う30名ですよ。冷静に考えてやばくないですか?

例えば職場だったら、その仕事や業種にちょっとは興味がある人が集まってるじゃないですか。

高校とか大学までいけばある程度専門性が出てきたりするから繋がりが出てきますが、小学校、中学校ってほぼその地域に住んでるから。ですよね。

その地域で住んでる30名でチームを組んで明日から仕事してください。って無理じゃないですか?笑

冷静に考えてヘンだなぁと。

多くの高校はアルバイトが禁止



これがホントに理解できなくてですね。。

勉強に支障が出るっていう理由が多くなんですけど、それだったら部活もダメじゃね?って思うんですよ。

もっというとセンター試験を受けないって決めていて、もう高卒で就職予定の子からすると、学校の勉強は最低限でアルバイトを頑張った方がよっぽどいいわけですよ。

例えば赤点とったらやめなきゃいけないとか、テスト期間はダメとか、何かしらの制約があるのはまだわかるんですけど、一律でアルバイト禁止!っていうのがまったく理解できない。。

アルバイトが禁止の理由を論理的に説明できる理由とかあるのかね。。学校以外の時間を制約できるって冷静に考えてやばくない?

進路への口出しがやばい



これ聞いた話で耳を疑ったんですが、AO入試を受けさせない学校ってあるんですね。

その理由がやばくて「センター試験で受ける子たちの士気が下がるから」らしいです。

やばすぎる。。。。本当に闇を感じる。

あと国立至上主義の高校は、多くの国立はAOをやってないので、国立に誘導するためにAOを受けさせないとかも。。。

高校生に伝えておきたいんですけど、学校って卒業生がどの大学に行ったかが評価になるので、国立や有名なところに行かせたがるんですよ。

もちろん本当に生徒のことを考えてくれる先生もいると思いますが、学校の評価ポイントはそこなんですよね。

そのバイアスは一定かかっている。その前提で進路を決めないとダメですよ。

高卒で働くことを推奨しない先生も多いと思うんですが、だって先生が高卒じゃないですからね。

先生になる人って勉強ができる人が多いし、基本的に大学の教育学部を出てるじゃないですか。
コミュニティが偏ってるんですよね。

だから高卒で仕事をしている人、もっというと起業してる人とか周りにいないんじゃないかな。

その立場だったら当然大学に行った方がいいよって言いますよね。

先生の視野って意外と狭いので、気をつけた方がいいですよ。

はい。

いろいろ書きましたけども、学校に行くのが間違ってるとか、特に否定するつもりもないです。

行きたいならいけばいいと思う。

でも僕は不登校でよかったと思ってるし、学校は行かなくてもいいと思ってます。

学校の役割、なんで行かなきゃいけないのか。

改めて考えて自分なりに答えを出して欲しいなぁと思ってます。

ではでは。

関連記事はこちら。社会のギモンにどんどん切り込んでいきます。
小幡和輝が社会のギモンに切り込む。教えて!なんでこうなってるの?






小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
    このエントリーをはてなブックマークに追加

AME_3J0A2466_TP_V


そろそろ不登校という呼び方を変えれないだろうか。

「不」という言葉からは学校に行くことが正しく、学校に行けない人は間違っているという印象を受けます。

学校に行くという選択もあっていいし、行かないといい選択もあっていい。

そんなことを考えているときにフリーランスとの親和性について考える機会がありました。

関連記事→不登校とフリーランスの親和性。コワーキングスペースが居場所になるかも。

フリーランスのようにフリー・・・という言葉を作れないだろうか。そこで思いついたのがフリーラーニング。

例えば情報技術を活用した学習はe-Learning(イーラーニング)と呼ばれている。学習を意味するラーニングと自由であるフリーを組み合わせてフリーラーニング。

最近ではホームスクール(スクーリング)という言葉も広がりつつあるが、僕は自宅学習だけではないと思っているので、もっと広い意味の学びということでフリーラーニングという言葉を使いたいと思ってます。

広めていきたいな。





関連記事はこちら。社会のギモンにどんどん切り込んでいきます。
小幡和輝が社会のギモンに切り込む。教えて!なんでこうなってるの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

8月19日に不登校の当事者に向けたイベントを全国100ヶ所で同日開催しようとしています。
協力してくれる方はぜひこのグループまでリクエストください。
https://www.facebook.com/groups/784091841780825/

-----スポンサーリンク-----




小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。
「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
    このエントリーをはてなブックマークに追加

不登校は不幸じゃやないPV用


いよいよ1ヶ月を切りました。

全国100ヶ所で不登校の当事者に向けた居場所作りを行う「#不登校は不幸じゃない」

やりたいことはイベントだけじゃなくて、SNSで不登校を肯定する空気感を作ること。

37893660_1642893622504621_3776738272936460288_n


37889959_1642893629171287_715461020876800000_n


37972975_1642893642504619_8402908102201966592_n


関連記事 #不登校は不幸じゃない 8月19日全国100ヶ所でイベントをやりたいです。

ということで、動画のリレー企画をやりたいと思っています。

アイスバケツチャレンジのような形です。

1分、2分くらいのメッセージをSNSに投稿して、その後、3人を指名してください。(3名は必須じゃないけど、1人だとどうしても途切れちゃう可能性があるので推奨)

内容は学校へのイメージや自分の体験、学校が辛い子へのメッセージを入れてください。

※投稿内にこの記事のURLを入れていただけると伝わりやすいかと。いきなり指名されてもルールがわからない可能性あるので。
http://www.obatakazuki.com/25130869










※不登校の当事者だけじゃなく、いまの学校に疑問を持っている人、周りに不登校の子がいたとか、不登校について思うことがある人とか、不登校は不幸じゃないにご賛同いただける方でしたら誰でもOKです!

むしろ当事者以外の方が動画をあげていただけることにとても意味がありますので、ぜひお願いします。




かなり広がってきたと思いますが、まだまだ当事者以外に広がっていない感覚があります。。

ぜひご協力ください。

クラウドファンディングもやってますのでよろしくお願いします!
https://flying-penguin.jp/project/PM00000024

不登校は不幸じゃないのPVはこちら



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃないの賛同者グループはこちら
https://www.facebook.com/groups/784091841780825/

-----スポンサーリンク-----




小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。
「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など




    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ