不登校

小学生の不登校の原因と対策7選。不登校は決して悪いことではない。

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

こんにちは。小幡和輝と申します。
全国100箇所で不登校の経験がある人を中心にイベントを開催したり「学校は行かなくてもいい」などの教育系の書籍を出版したりしております。

今回はそんな私が小学生の不登校について考えてみました。

やはり小学生のお子さんが不登校になってしまうと、勉強の遅れや交友関係の縮小など、親としては将来が本当に不安になりますよね。

ですが、不登校は本当に悪いことなのでしょうか?
僕は不登校は決して悪いことではなく、解決しなければならないとは思いません。

不登校になった要因はさまざまですし、学校に行かなくても学校の役割を果たしてくれるものはたくさんあります。

大切なのは学校に行くことではなくて、あなたの愛する子どもが幸せになることです。

この記事では、小学校を不登校になってしまう原因と、その対策方法について紹介します。

子どもが不登校になった原因をしっかりと考え、対策を講じることで、子どもが幸せになれる道を作って欲しい。1つでも参考になることがあれば嬉しいです。

全国で3.5万人以上!小学生の不登校の統計的データ

そもそも不登校という状態は珍しいことなのでしょうか?

文部科学省が小学校での不登校者について調査した資料によると、平成29年度は全国で35,032人もの不登校の子どもがいます。(病気・経済的理由などを除く)
(参考:平成29年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について

また平成28年度の調査では不登校の子どもの人数は30,448人だったため、1年で5000人以上も増加していることがわかります。
(参考:平成28年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について

不登校の人数が増えている理由はさまざまな要因が絡み合っているため一概には言えません。
しかし、私は不登校の増加を決してネガティブに捉えてはおらず、むしろ以前に比べて不登校に対する認知と理解が深まっている結果だとも思っております。

むしろ子どもに我慢を強いて無理やり学校に通わせることで、自殺などの重大な問題に発展することもあります。

自分の子どもが不登校になってしまうと、親として焦ってしまう気持ちはわかります。しかし、全国的に見ても不登校が決して珍しいことではないこと、ネガティブなものでないこと、この2つについてよく考えて見てください。

小学生が不登校になってしまう原因7選

ここでは小学生の子どもが不登校になってしまう原因を7つ紹介します。

もちろんこの他にもさまざまな原因はありますが、比較的よく理由として挙げられるものをピックアップしました。

原因をしっかりと確認することで、子どもが幸せになれるような対策を考えるようにしましょう。

【小学生の不登校の原因その1】
環境の変化に対応できない

幼稚園や保育園から小学校へ入学することで、子どもの環境は大きく変化します。

時間通りに決められた席に座る、新しい友達とコミュニケーションをとるなど、新たなルールにストレスを感じてしまい、不登校になってしまう場合が多いです。

【小学生の不登校の原因その2】
親と長時間離れて生活できない

小学校低学年にありがちな理由なのですが、親(特にお母さん)と長時間離れることに強い不安を覚え、不登校になってしまうケースです。

母子分離不安型とも呼ばれ、親以外の人と接触することに強い抵抗を示します。

反対に親と一緒であれば不安を感じることはないので、自宅や家族と一緒に出かけているときは元気です。

【小学生の不登校の原因その3】
いじめ・人間関係の悩み

悪口や暴力、靴を隠されるなどの嫌がらせが、不登校の原因となってしまうことはよくあります。

いじめの発端は些細な内容が多く、仲間内で少し変な発言をしてしまった、うまく遊びに混ざれなかったなどさまざまです。

高学年になれば男女の恋愛感情などをからかわれることも増えるため、複雑化した人間関係に耐えられずに不登校になってしまうこともあります。

また、仲の良い友達がいない、人見知りで話すことが苦手など、コミュニケーションをうまく取れず、学校を楽しい場所と感じないという子どもも多いです。

【小学生の不登校の原因その4】
勉強についていけなくなる

小学校3~4年生くらいになると、勉強する内容が広くなり、より本格的なものへと変わります。

そこで勉強についていけなくなり、テストで思うような点数が取れなかったり、宿題ができなかったりして負い目を感じ、不登校になる事例です。

特に中学年くらいになると、周りの人と自分を比べるようになってしまうので「周りに比べて自分はできない」とふさぎこんでしまうことも考えられます。

【小学生の不登校の原因その5】
失敗を怖がる

自分が苦手なものに対する失敗を恐れ、授業を休みがちになるケースです。

特にサッカーやバスケットボールなどの団体競技や、歌の発表や図工などの芸術が苦手な小学生はたくさんいますよね。

年齢を重ねるにつれて、集団の中で自分だけうまくできなかったらどうしようという気持ちが強くなります。

人に怒られる、笑われるといった不安を拭えず、ずる休みを繰り返しているうちに学校に行かなくなってしまうのです。

【小学生の不登校の原因その6】
反抗期を迎える

小学校高学年になると、早い子だと反抗期を迎えます。

親や先生へ歯向かうような態度をとるために、学校をサボる子どもも多いです。

また習い事や受験勉強などを強制され、プレッシャーで抑圧された気持ちが爆発し、学校に行かなくなるというケースも存在します。

【小学生の不登校の原因その7】
何となく、行く意味を見いだせなくなる

決して勉強ができないことはないし、人とのコミュニケーションが取れないこともないのに、行く意味を見いだせずに不登校になってしまうこともあります。

何となく周りと会話が合わなかったり、学校を楽しく感じなかったり。

そんな日々を過ごしていると、軽い言い争いやいじめなど、ふとしたキッカケが原因で学校に行かなくなってしまいます。

小学生の子どもが不登校の時に親が取るべき対策7選

小学生の子どもが不登校になったとき、親はどのような対策をとればいいのか紹介します。

ここでまず一番に考えて欲しいことは「子どもが幸せになる方法を取る」ということです。

そもそも無理やり行きたくもない学校に戻す必要はあるのでしょうか。

もちろん学校に戻りたくても戻れないという子どももいるので、まずは子どもの状況を確認しながら対策を行ってくださいね。

【小学生の不登校の対策その1】
学校を休ませる

子どもが「学校に行きたくない」と言ってきたなら、それを否定せずにまずは休ませてあげてください。

子どもはいま、学校に通うことに対して不信感を抱いています。

そこで強引に学校に行くように促してしまうと、子どもの居場所がなくなり、自殺などのより悲惨な状況を生み出しかねません。

まずは「しばらく休んでもいい」と、不登校を認めてあげてください。

【小学生の不登校の対策その2】
子どもの話を聞く

子どもと落ち着いて話ができる機会を作ってください。

ここで「なんで行きたくないの?」という言葉を使うことはおすすめしません。

まだ小学生なので、学校に行きたくない理由を上手に説明できないことも多いです。

また安易に解決に導こうとするのも良くありません。

なので、まずは「行きたくないなら行かなくてもいい」というスタンスで話を聞いてあげましょう。

【小学生の不登校の対策その3】
いろいろなものに触れさせる

とにかく子どもが興味を持って夢中になれるものが無いか、いろいろなものに触れさせましょう。

例えば動物園や水族館などの施設に連れて行くのもいいですし、自宅でインターネットを使って動画を見せるのもOKです。

夢中になれるものが見つかれば、そこから学ぶ意欲が高まり、学校に行きたいという気持ちが芽生えるかもしれません。

学校に関係ないものでもいいので、子どもが興味を持てるものを見つけるために、いろいろなものに触れさせてください。

【小学生の不登校の対策その4】
自信をつける

子どもが自分に自信を持てるようになるために、いろいろな取り組みに関しての頑張りを褒めてあげましょう。

不登校になる理由の1つとして、勉強ができない・他人と比べて自分が劣っているように感じるという自己肯定感の低さが挙げられます。

例えばお手伝いを頼んで、ちゃんとできたら褒めてあげる。

子どもが興味を持って取り組んでいる事柄に対して、進展があったら一緒になって喜ぶ。

こうすることで自分に自信が持てるようになり、不登校からの回復が期待できます。

【小学生の不登校の対策その5】
学校の先生を交えて話をする

学校に戻ってもらいやすくするために、学校の先生を家に呼び、話し合うことも有効です。先生と信頼関係を築くことで、学校でも心のよりどころを見つけやすくなります。

ただし、特別扱いされることを嫌う子どもも少なからずいるので注意してください。先生を家に呼ぶかどうかは、前もって子どもと話をしてから決めるようにしましょう。

もちろんその時には「先生は怒ってない」ということもしっかりと伝えてくださいね。

【小学生の不登校の対策その6】
学校に行く以外の道を考える

僕は学校に行くことだけが正しい正解だとは思っていません。

そもそも学校に行かないことによるデメリットの大半は「勉強に遅れてしまう」や「友達ができなくなる」という点です。

学力に関しては、すららネットのようなインターネットを使って自宅で学習できるサービスを使ったり、YouTubeで動画を見ながら勉強したりすることで補えます。

特にすららネットは所属している学校の出席扱いにもなる教材なのでオススメです。

交友関係も、中学生になって新たなスタートを切ることで、すんなりと友達ができることも十分ありえます。

決して学校に行くことだけが子どもの幸せにつながるとは思わず、いろいろな道を提案してあげてください。

>>すらら公式HP

すららについての詳しい記事はこちら!
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

【小学生の不登校の対策その7】
学校のほかに居場所を作ってあげる

学校のほかに落ち着けるような居場所を作ってみてください。

例えば音楽の習い事やプログラミングスクールなどです。

最近だと、趣味があう人とSNSでつながってコミュニティを作ることもできます。

学校に行かくなった時間を、何か興味があったり得だったりするものに注いで、そのコミュニティに所属してみましょう。

心地よい場所づくりができると、不登校だからと言って人間関係に悩む必要はなくなります。

小幡和輝からのメッセージ

僕が不登校なった原因は主に2つで、いじめや人間関係に苦しんで、そもそも行く意味もわからなくなって不登校になりました。

なんとなくからはじまる不登校って、サボってるだけじゃないかとか思われがちですけれど、本当にそうなんですよね。なんとなく行きたくないんです。

行きたくないというより、行くメリットがわからないというか。

僕の場合、別に勉強が嫌いなわけでもなかったので、学校以外で勉強したいなぁと思ったりもしました。

やりたいくない科目はやりたいないし、苦手なことでも頑張ってやろうというのはわかるんですけど、苦手なことをやり続けるというのは反対です。

学校にこだわる必要なんかない。

学校以外にも世界はめちゃくちゃ広がっています。不登校は不幸じゃない。

学校に行かないのであれば、その時間を他の形で有効に使えばいい。

学校に行かないという選択肢も伝えていきたいです。

【記事まとめあり】このブログではみんなの不登校体験談を集めています 不登校体験談の記事まとめはこちら 昨日の深夜にこんなツイートをしました。 学校であった嫌なこと、辛かったこと、転校し...
不登校の新しい解決法。学校に行きたくない子どもと親に知ってほしいこと 初めまして。小幡和輝と申します。 いきなりですが、僕はほとんど学校に行ってません。 でも、いまとても楽しく生きてます。 ...

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者2000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!