まとめ記事

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

このブログには不登校に関連する記事がたくさん書いてあります。

この記事にまとめましたので、時間のあるときにぜひ読んでみてください。

学校という枠によって辛い想いをしている子どもやお父さん、お母さんたちに届くと嬉しいな。

【記事まとめあり】このブログではみんなの不登校体験談を集めています不登校体験談の記事まとめはこちら 昨日の深夜にこんなツイートをしました。 学校であった嫌なこと、辛かったこと、転校したり、辞めた...

もともと不登校の体験がある人(子どもや親など)から体験談を寄稿いただいてます。たくさんの体験談が届いているのでぜひ読んでみてください。URLの中にまとめています。

専門家が教えます。不登校を必ず解決する方法なんてないんです。不登校は解決しなきゃという親の姿勢は子どもにも伝わります。 それは逆に子どもを苦しめることになるかもしれません。 大切なのは学校に行...

不登校は解決しなきゃという親の姿勢は子どもにも伝わります。
それは逆に子どもを苦しめることになるかもしれません。
大切なのは学校に行くことじゃなくて、子どもが幸せになることですよね?
そのための手段が学校であるはず。

解決することにこだわってはいけない。

不登校から高校生社長へ。茂木健一郎さんとの対談&本が完成しました。茂木さん本当にありがとうございました。超楽しかったです。 僕のことを知っていただいてて、めちゃくちゃ嬉しかったなぁ。 茂木健一郎×小...

初の著書です。クラウドファンディングでたくさんの方からご支援をいただきました。茂木健一郎さんにも読んでいただき。。ありがとうございました。好評発売中です(笑)

不登校の新しい解決法。学校に行きたくない子どもと親に知ってほしいこと初めまして。小幡和輝と申します。 いきなりですが、僕はほとんど学校に行ってません。 でも、いまとても楽しく生きてます。 自分の会社...

学校に行かないという選択ができないのは情報不足だからだと思っています。
不登校になった後の選択肢となる仕組みをいっぱい書きました。

本気の学校作りプロジェクト。いまの学校教育が間違ってるというより、いろんな学校があったらいいと思う。10年間不登校だった僕が、行きたいと思える、最高に楽しい学校を作...

学校という枠に苦しんだ僕だからこそ作れる学校を作りたい。
学校の作り方はわかったんですが、まだまだハードルがいっぱいあります。助けてください。

不登校の原因は「なんとなく」も多いんです。そのとき親はどう対応するべき?はじめまして。 「学校は行かなくてもいい」などの教育系の書籍を出版したり、全国各地で不登校の子どもたちや親御さんに向けたイベントを企画...

よくきっかけについて聞かれるんですが、僕はなんとなくからはじまりました。
親が絶対に言ってはならないことについても書いてます。

不登校とフリーランスの親和性。コワーキングスペースが居場所になるかも。#不登校は不幸じゃないのプロジェクトが立ち上がってから、たくさんの人がグループに参加してくれています。いよいよ600名を超えました。 ...

前からずっと考えてきたことがようやく言語化できました。
不登校になったあとは就職するより、フリーランスになった方がいいと思います。

正しい不登校のやり方。 明日、学校に行きたくないキミへ。9月1日は子供の自殺が1番多い日です。 夏休み明け。学校に行きたくない。 僕にはその気持ちがわかります。 僕は不登校でした。ですが...

当事者に向けたストレートな記事です。
不登校の先輩から後輩にメッセージを送ります。

学校に行かせることが虐待になるって考えたことありますか?みなさんは虐待ときいて、なにを思い浮かべますか? 多くの人は暴力とか、ご飯を食べさせないとか、そういったことを思い浮かべるでしょう。 ...

虐待って殴る蹴るのイメージがありますが、それだけじゃないんです。
もしかすると学校に行かせることが虐待になるかも。

学校は行かなくて"も"いい 学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」 [単行本] 小幡和輝 健康ジャーナル社 2018-...

新著 学校は行かなくてもいい ――親子で読みたい「正しい不登校のやり方」発売にあたり、改めて想いを書きました。学校を否定する本ではありません。

“も”が重要です。

【9月1日問題】『死ぬくらいなら学校は行かなくていい』は間違っています。こんにちは。小幡和輝です。(@nagomiobata) いきなりですが、僕は不登校でした。 学校に楽しい思い出はありません。 ...

僕もよく使っていたこの言葉。この言葉はもしかすると子どもをもっと辛くさせていたかもしれません。

反省も込めて書きました。

僕が不登校でも大丈夫だった理由は、フリースクールに通ったからこんにちは。元不登校でした、小幡和輝と申します。 僕は小学校、中学校はほとんど学校に行かず、フリースクールに通っていました。 ...

知ってほしい選択肢。僕は学校に居場所がありませんでした。

僕が不登校でも大丈夫だったのは、フリースクールという居場所があったからです。

不登校と引きこもりの定義と違いについて当事者が解説します。はじめまして。 「学校は行かなくてもいい」などの教育系の書籍を出版しています。 小幡和輝と申します。 今回は不登校と引きこもり...

よく同じ意味で使われてる気がするんですが、僕は明確に使い分けています。
不登校は大丈夫ですが、引きこもりはよくないんじゃないかな。

著書「不登校から高校生社長へ」無料プレゼント企画をやります。  改めて本当にありがとうございました。『みたよー!』って連絡がいっぱいきて嬉しかった。 最後の1枚は不登校時代の恩師です。...

当事者に読んでほしいのですが、お金が無くて読めないという声を聞いたので。
ぜひご連絡ください。

【Voicy書き起こし⑨】不登校の勉強法・タイトルコール 今回もよろしくお願いします。和輝の部屋@意識が高いお悩み相談、はじめます。 ・前回の放送から 前回はです...

僕がやってるラジオの書き起こしです。普段の記事とはまたちょっと違う視点で読めるかなと思います。

#不登校は不幸じゃない 8月19日全国100ヶ所でイベントをやりたいです。【追記】#不登校は不幸じゃない 実績まとめ 【さらに追記】2019年は8月18日に全国一斉開催を準備しております。詳細はこちらをご覧く...

9月1日、夏休み明け。子どもの自殺が多くなる。
そんなバカなことがあってたまるか。不登校を肯定するムーブメントです。

ある日を境に一人ぼっちに。逃げ続けた先に見えた、好きと才能を生かす世界。家入一真×小幡和輝対談(前編)僕は小学校から10年間、不登校でした。だけどさまざまな出会いやきっかけがあり、高校生3年生の時に起業しました。僕の経験が同じように不登校...

著書「不登校から高校生社長へ」に収録した対談をブログで公開しました。4名と対談しています。ぜひ読んでほしいです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を募集しています。(当事者や保護者など)詳細はこちらの記事を。

全国100箇所で不登校の子どもたちに向けた居場所作りをやってます

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事