不登校

【不登校体験談】学校に行かなくなったからこそ出来たこと

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

著書の無料公開やコラム、記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

P.N.シュークリーム

私は、中学1年生になった頃周りの人達の友達への接し方に違和感を感じて学校が嫌になり不登校になりました。

はじめの頃は、学校に行きたくないと言う私と中学校は義務教育で嫌でも周りの子は行ってるんだから学校へ行けと言う母と戦う毎日でした。

日が経つうちに母は「学校に行きたくないのは分かったから何故行きたくないのか教えて」と言ってくれるようになりました。

それでも、いざ話そうとすると言いたくないわけ では無いのに なかなか話せず黙る私に母は頭を悩ませていました。

毎日毎日なにも言わない私と どうすれば良いか分からない母とで家の雰囲気も最悪で。
母がストレスを抱えるのも家の雰囲気が悪くなるのも全部自分のせいだと気持ちは沈むばかりで。

そんな時、母が病院へ行かないかと話してきました私はそう言われた時

「自分は病気だと思われてるのか。病院の先生も学校の先生も話したところで何も分かってくれないだろ」そう思いながら母に連れられ病院へ行きました。

病院について先生と二人きりで話すことになった
そしたら、家族でもなく学校の先生でも無いそんな人だからこそなのか今まで話せなかったことが次から次に出てきて解決したわけじゃないのに凄くスッキリとした気持ちになりました。

そこから、母に伝えたいんだけど言い出せないということを先生が母に伝えてくれて母と話ができるようになり、今は家の雰囲気も良く母とは中学校に上がった時とは違い何でも話せる仲になりました。
学校に行けないから自分はダメなやつなんだと思って病んでいたけど学校に行ってたら出来ないようなこと

平日の昼間からテレビを見たり ランチを食べに行ったり 母と沢山の話をしたりすることは
普段、学校に行っていたら出来ない、そんなことを探していたら気持ちが軽くなって本当はいけないことだけれど今思えばそこら辺の人よりいい毎日を過ごしてたんじゃないかなって思います。

 

他の不登校体験談も読んでみる

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っていので書きやすいと思います。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者5000名超えました!

なお、友達登録特典で著書の無料試し読みと僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

小幡和輝の活動を応援してくださる方は、Amazon、楽天で何か買い物をする際に以下のURLからページにアクセスして商品購入していただけると嬉しいです。

購入金額の一部がAmazon楽天から支払われますので活動資金とさせていただきます。

みなさんのご負担がなく寄付できる仕組みです。

あと、読んでほしい記事のまとめです!

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方が記事を寄稿してくれました。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

みんなの不登校体験談はこちらから読むことができます

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
LINEで最新情報を受け取る