不登校

大丈夫。学校に行かなくても幸せになれるよ

不登校の子ども、親御さん向けに公式LINEを配信中です!LINE内で無料相談も行なっているのでぜひご活用ください。
その他にも無料特典として以下の3つがあります。

・不登校体験談
・書籍の無料お試し
・著名人との対談記事

ぜひご登録お待ちしております!
>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

私は幼稚園児の頃から、休みがちな性格でした。小学校のときも休む日が多く、中学も休んでばかりでした。

中学までは友達もいて部活にも入っていたので、それなりに楽しかった思い出があります。

でも、やはり毎日通学するのは苦痛でした。

自分にとって教室は、牢獄のような場所でした。

狭い空間に閉じ込められて、本当の自分じゃない自分を演じて、友達同士で順位付けし合う。

いつも誰かに嫌われていないかビクビクする生活。それが苦痛でした。

高校に進学すると、地元から離れてしまったので、中学からの友達もいなくなってしまい、いじめられる対象になっていました。

もちろん誰にも相談出来ませんでした。

高校入学して半年くらい経った頃。その日は本当に学校に行きたくなくて、母親に嘘をついて学校に行ったふりしました。

もう家の屋上から飛び降りようと考えながら自宅に戻ると、母は仕事で居らず、父がいました。

父が私の様子で何かを察したのか「行きたくなかったら行かなくていい。学校を辞めてもいい。大丈夫。何があってもお前は私の娘だから。」と優しい笑顔で私に言いました。

父の言葉で、私は泣き崩れてしまいました。

学校に行かなければ人生終わってしまう。
学校にすら行けない私なんか生きている価値がないと思っていた私にとって、父の言葉は救いでした。

今思えば、死ぬくらないなら学校なんて行かなくてもいいと思えますが、当時の私には「学校に行けないなら死ぬしかない、だって普通じゃないから。人生終わったんだ。」という考えしか出来ませんでした。

だから、今学校に行けなくて、人生に絶望しか感じていない方に伝えたい。

学校に行かなくても幸せになれます。

両親と話し合い、通信制の高校に転入しました。

転入した頃は家から出るのが怖くて、なかなか外に出られなかったですが、母が買い物に連れて行ってくれたり、飼い犬との散歩など、少しずつ家から出る訓練をしました。

外に出られるようになった頃から、通信制高校の通学しなくていいという利点を活かして、色んな場所で色んな経験をしました。

知り合いの紹介で、障害を持った方達の施設でボランティアをしたり、離島に短期バイトしにいったり、稼いだお金でコンサートに行ったり。

なるだけ、外に出て学校と家以外に自分の居場所を作ろうと行動しました。

普通の生き方に固執せずに、自分に合った環境に変えたおかげで、人生が少しずつ楽しくなりました。

不思議なもので、楽しいと感じるようになると自信が湧いて、人とのコミュニケーションも積極的になりました。

就職もできたし、恋愛もして、素敵な人とも出会い、可愛い娘を産みました。親に孫の顔も見せられました。

ささやかだけど、幸せです。

幸せは人それぞれだけど、学校に行かなかったからって将来不幸になることはないんだよ。

だから、いいよ、休んじゃいな。

とりあえずいっぱい休んじゃえ。

大丈夫。学校に行かなくても幸せになれるよ。

(25歳 女性)

 

他の不登校体験談も読んでみる

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っていので書きやすいと思います。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

 

【無料相談・無料特典あり】
不登校生、親御さん向け公式LINE

LINE登録の無料特典
  • 不登校体験談
  • 書籍の無料お試し
  • 著名人との対談記事

僕自身も中学生までの10年間、不登校でした。しかし、その後は大学まで進学し、現在は会社の代表を務めています。

その経験を経て言えるのは「不登校は悪いことではない」ということ。行きたくない子を無理やり学校へ行かせるのも、良くありません。

そんな僕の思いや不登校に関する最新情報をLINEで発信中です。内容盛りだくさんの特別記事も、無料でご覧いただけます!

ぜひこの機会にご登録ください!

\体験談や著名人の話を読める/

>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』『子ども稼ぐ力』など 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!