不登校

【不登校体験談】孤独な夜にも必ず夜明けが訪れる

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

著書の無料公開やコラム、記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

私自身の場合、学校という枠に馴染めなくなったのは比較的遅め。
もう10年ほど前になりますが、地方から大学進学をきっかけに上京、一人暮らしを始めたことがきっかけです。

大学には誰一人知り合いがいない状況、片田舎から大都会のど真ん中へと生活環境の変化。
大学にはエスカレーター進学組も多く、はっきりと自分が「異物」であると感じた初めての瞬間でした。

それでも、一年生の頃は比較的真面目に学校に通い、友達を作ろうとサークルやクラスイベントにいそしんでいました。
今思えば、異物である自分を何とか環境に溶け込ませねばならないと無理を重ねていたのでしょうね。
しかし、20歳を迎えたころ心境に変化が。

学校に行くこと、勉強をして就職すること、生きていくこと・・・とにかくすべての事が無駄だと感じるようになり、学校からは足が遠のきました。

大学での友人関係だけでなく、中学高校での友人関係もこの時期にほとんど清算してしまいました。
一度学校という枠から外れてしまったことで、それまでいかに自分が枠にハマっていたかに気づいてしまいました。

「無駄な事をするために枠にはめ込まれるのはもう嫌だ」その一心で学校や社会に関わるものをすべて放棄してしまおうと必死でしたね。

学校という枠を壊し自由を得た代償は孤独でした。
一人ぼっちは辛い、そして惨めでしたね。

でも、誰かに相談することはもっと惨めだと思っていました。
結局大学留年の通知が実家に届き、親が血相を変えて上京してくるまでのほぼ一年間、私は他人と会話らしい会話をしなかったと記憶しています。

そんな私が立ち直るきっかけをくれたのは、周囲からの優しさです。
留年して学費を無駄にした息子を決して貶さなかった両親、私の裏切りを水に流し再び交流を持ってくれた友人たち。

「人間は社会的動物である」アリストテレスはやはり賢人でしたな。
たった一人で孤独と対峙することなどできません。
周囲のサポートもあり、もう一度学校という枠に戻りなんとか卒業して社会人になれました。

とはいえ、私は経験から孤独はそれほど悪いものでもなかったと思っています。
孤独とは、永遠の己との対話です。
学校生活の中では「なんとなく」周囲のノリについていくことに精一杯、自分自身の事を考える時間はほぼありません。

人生の中で一度くらいは、徹底的に自分と向き合う時間があってもいいと思います。
自分が本当はどのような人間なのか、そして本当に好きなものは何なのかを知ることができるでしょう。

孤独な夜にも必ず夜明けがあります。
学校に馴染めず孤独だと感じている皆さん、辛いでしょうがそれは夜明け前の貴重な光景を今まさに目にしているのです。

皆さんが見ている美しい光景、大切にしてください。
親御さんは、サポートをよろしくお願いします。
一人で部屋に閉じこもっていると夜明けの訪れに気づけないものです。
周囲の人から「朝が来たよ、部屋を出て一緒に朝日を見よう」と一言あると、孤独な人間は救われます。

学校という枠に戻るにせよ戻らぬにせよ、自由と孤独から得た経験は必ず財産になりますよ。

 

他の不登校体験談も読んでみる

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っていので書きやすいと思います。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者5000名超えました!

なお、友達登録特典で著書の無料試し読みと僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

小幡和輝の活動を応援してくださる方は、Amazon、楽天で何か買い物をする際に以下のURLからページにアクセスして商品購入していただけると嬉しいです。

購入金額の一部がAmazon楽天から支払われますので活動資金とさせていただきます。

みなさんのご負担がなく寄付できる仕組みです。

あと、読んでほしい記事のまとめです!

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方が記事を寄稿してくれました。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

みんなの不登校体験談はこちらから読むことができます

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
LINEで最新情報を受け取る