小幡和輝オフィシャルブログ

約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。

カテゴリ: VALU

・タイトルコール

和輝の部屋@意識が高いお悩み相談、今日も始まります。よろしくお願いします。

・このチャンネルの紹介

 このチャンネルでは、小幡和輝が皆さんからいただいた質問に意識高く返していくというチャンネルになっています。

質問は質問箱から頂ければ、回答させてもらいますので、ぜひ質問ください。よろしくお願いします。

・前回の放送から

 前回は炎上についての話をさせてもらいました。僕が以前書いた「奨学金を資産運用したらいいんじゃないか」って記事を題材に、いろいろ話させてもらいましたけども。

前回から連続で録っているので、まだ声が治っていません。すみません。(笑)

今回は、この2日3日くらいVoicyをめちゃめちゃやっているわけですけども、Voicyの攻略法というかですね、Voicyについていろいろ研究をしたので、それを皆さんに共有できたらなと思います。

これから配信しようとしている人だとか、すでに配信している人とかに、何かお伝えできたらなと思っていますので、よろしくお願いします。


・Voicyの攻略法
 Voicyを聞いている人にVoicyの攻略法を喋っちゃうと「こいつ裏でこんなこと考えてやがったのか」みたいになっちゃうんですけど。(笑)

これは僕のネタとしてすごく面白いなと思っているので、話したいなと思っています。


 まず、僕は去年あったVALUってサービスを初日、二日目くらいから結構やっていて、いわゆる先行者利益みたいなものもありながら、結構頑張ったと思うんですよ。

落合さんとかイケハヤさんとか堀江さんとか、たくさんのお金を集めた人もいると思うんですけど、もともと影響力というかもともとの力があるじゃないですか。

僕はその人たちに比べると、もともとの影響力って話にならないと思うんですけど。結構VALUは正直頑張ったと思っていて、努力と攻略といろいろ頑張ったんですよ。(笑)

VALUの始め方とか、VALUの使い方とかVALUの関連の検索は、ほとんどのタイトルで僕のブログが1位とか2位とかになってると思うんですけど。
VALU専門家が始め方から使い方までを解説します!

Twitterのフォロワーも1,000人とか増えて。リリース三日目の6月3日、4日とかの時点ですでに150万くらい調達をしていました。当時のビットコインの金額が30万とかだったので、今の価格でいうと5〜600万とかになるのかな。

その時にやったこととしては、VALUのランキングにいかに入るかっていうところで。

僕は自分のTwitterとかFacebookからのフォロワーの流入だけだったらあんまり意味ないなと思ったので、VALUの時価総額ランキングにどうやって入るかみたいなことをめちゃめちゃ考えて、狙い通りどんどんランキングに入って行って。

一時、僕の1つ下がコロプラの千葉さんで、1つ上が落合さんで、もう1つ上がホリエモンでみたいな。(笑)なんかすごいランキングになった時があって、それはスクショ撮って広報材料に使ったりだとか。

ランキングに入るっていうのはすごく重要だったので、戦略的に狙ったりはしました。

 今回のVoicyは、リリースのすごい早いタイミングで申請はしたんですけど、なかなか承認がされなくて、ようやくこのタイミングでできたんですけど。

既にやっぱり上位層はトップインフルエンサーたち、いわゆる先行者利益がある人たちに独占されてしまっていたので、「これはなかなか厳しいな」とか思いながら、とりあえずやってみようかということでやってみたんですけど。

「これ多分ランキングの下の部分だったら今からでもいけるな」って思ったんですよ。

それで昨日いろいろ試しまして、僕のオンラインサロンの方では結構細かく書いたんですけど、再生数を上げないといけないって中でとにかく数を出しいてくっていうのは絶対条件なんですよ。

数を出して出して回遊してもらう、一人のユーザーさんがいくつかのVoicyの記事を聞いてもらったら再生数が伸びるという感じで、時間がある限り撮ろうと。


それで、もしかしたら気づいていた方いるかもしれないんですけど、今多分これ第4区分かな、チャラーンって変わるじゃないですか、タイトルコールとか。そういう風に変わるタイミングの数が、再生数なんです。

例えば、このVoicyの回を1つの区分だけで喋ってると再生数は1なんですよ。でもタイトルコールとか、このチャンネルの紹介とか次回予告とかって区分していくと、同じ時間を聞いてもらっても再生数×5になるんですよね。

「これだ!」と思って。ここを意識的に増やすということをやっていました。

途中から気づいたんですけど。でも明らさまにやりすぎちゃうと聞きにくくなるので、ちょっと増やすってくらいなんですけど。

だからチャンネル紹介入れてみたりとか、コメントへのお返しを入れてみたりとか、いろいろ試してみたりしました。そんな感じで数をとことんやるっていうところと、区分を増やすっていうところをやってみました。


 あと、配信時間ですね。新着ってところに自分のVoicyの投稿が出ると思うんですけど、多分これ予約投稿ができるんで、予約投稿してる人が多いんですよ。

予約投稿って多分10時とか11時とかぴったりの時間でみんなやると思うんですね。だからそのタイミングでやっちゃうとすぐ埋もれちゃうと思ったんですよ。

だから10時48分とか11時20分とか、そうやってちょっと違うタイミングにあえてずらして投稿したりしていました。


 まあなんかいろいろ試してみた結果、皆さんもご存知かもしれませんが、無事に今日デイリーランキングに下の方ですけど入っております。

そんな感じで、こういう裏技集みたいなものをVoicyで喋るか悩んだんですけど、こういう感覚ってすごく大事だと思っていて。

新しいプラットフォームとかサービスが出た時に、使ってみてそれがどういう仕組みでそういうルールで動いているのかっていうのを研究をして、実際に実践してみて、そこから結果を出していくみたいなところって、発信力をつけるとか影響力をつけるとかいろんな視点的に重要かなと思っています。

僕はこれ完全にゲーム感覚なんですけど、ゲームがすごく好きということもあって、こういうのすごく得意というか、好きだったりします。

これVoicyで話すことかなって思いながら喋ってるんですけど、皆さんに知ってもらいたいなっていうのは、「努力の才能」っていう僕のVoicyの回があったじゃないですか、多分最初の方なんですけど島田紳助さんのやつを紹介した。

これだなと思ってるんですよ。なんかVoicyを同じ時間収録をして配信をしてとかやるんだったら、徹底的にVoicyの仕組みを研究して攻略して配信をした方が結果が出やすいっていう、努力の才能の話に繋がると思っていて。

同じ時間を使うって考えると、このVoicyに関してはすごく効果的に使えたんじゃないかなって思っています。

そういうのを僕は普段から意識的にやっているので、なんか努力の才能っていうのが染み付いているので、また良かったら「努力の才能」ってタイトルで喋っているので、聞いてみてください。


・次回配信予告

 次回は、高校生からよく相談を受ける話なんですけど、「親にこういうことをやりたいって言ったら、もっと実績を出してからとか経験を積んでからやりなよっていうことを言われる」と。実績ってなんなんだろっていう話をしたいなと思っています。では次回もよろしくお願いします。

Voicyはこちら
https://voicy.jp/channel/650/16888
書き起こし @yas_aka_thaimay (ありがとうございます!)

【Voicy書き起こし16】実績を出してからってなんだろう

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加

001

ここ数年で、「信用評価経済」という言葉が一気に広がったのではないでしょうか。

ネットリテラシーが高い、一部の人にしか理解できないものと思われがちですが、信用評価経済って昔からあったし、日常的に触れてるはずなんです。

いろいろな定義がありますが、SNSのフォロワー数が多い人=信用がある人という解釈で進めますね。

信用は数値化することが難しいです。

例えば、近隣住民におすそわけを振舞ったり、周りの人の相談を聞いているAさんは、その近隣住民の中で信用されています。しかし、そのコミュニティ外の人からすれば、その信用が見えないのでその人の価値を把握できません。

ある学校の人気教師Bさんは生徒や保護者から絶大な信頼を得ていますが、その授業を受けたことのない人からすれば、これもまたその人の信用が見えないのでその人の価値を把握できません。

しかし、そのコミュニティの中では信用評価経済は成立します。

AさんやBさんが何か困ったことがあれば、周りの人が助けてくれるでしょう。
○○さんの頼みだったらボランティアで手伝うよ。とかよくありませんか?

これをインターネットに落とし込むことで、コミュニティ外の人にもその人の信用を可視化することができるようになりました。

それをわかりやすくしたのがSNSのフォロワーだったりします。

ただ、 SNSのフォロワーは買うことができたり、ただ有名人なだけという可能性もあります。

それをもっと深く可視化するのがクラウドファンディングだったりします。

コンテンツに圧倒的なクオリティがある場合は少し話が違ってくるのですが、クラウドファンディングでお金を集めれる人は、周りの人に信用されています。

クラウドファンディングのリターンは「単純に金銭だけで見れば」損である場合が多いです。

そもそも、まだ完成していないプロダクトである場合が多いので、そのプロジェクトが予定通りに完成しない可能性すらあります。

それでも支援が集まるのは「想い」だと思うんです。

あのAさんが挑戦するなら応援するよ。というやつですね。

その想いの集積がクラウドファンディングでお金が集まっているという状態です。

クラウドファンディングが一気に浸透してきて、VALUのような他の信用を可視化するツールも出てきました。

その人があるコミュニティで信用されているという評価を、別のコミュニティにも応用できるようになってきた。それが信用評価経済の加速に繋がっていると考えています。

SNSのフォロワーが多い、クラウドファンディングでお金が集まっている人は信用されている。という価値観がもっともっと広がればいいな。

関連記事→「クラウドファンディングは寄付ではない。」2000万円の資金調達を通じてわかったこと。




小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加

001

昨年書いたこちらの記事でも考察していましたが、いよいよメルカリが仮想通貨事業に参入!



商標登録も進めてるみたいです。



メルカリのように決済が関係して、インフラになってるサービスのICOはものすごいことになりそうですね。

僕も始まったら買いたいな。要チェックです。




小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加



こちらのツイートをイケダハヤトさんにRTしていただきました。
イケハヤさんのフォロワーは約14万人。

イケハヤ砲の威力すごい。普段より1000PVくらい増+30人くらいフォロワー増えてます。

TwitterでRTするだけでこの威力。。インフルエンサーが本気で宣伝するとすごいことになるんだろうな。VALUとかまさに相性良すぎる。これからの時代はインフルエンサーが最強。

あ、書いた記事はこちらです。
大学不要論を現役の大学生の立場から考察します。
http://www.obatakazuki.com/21379188

でも、これだけ簡単にPV稼げちゃうと、むちゃくちゃな批判記事書いて、それをインフルエンサーに否定させてPV稼ぐって楽勝でしょうね。

世に出てる有名人の批判記事がいかにいやらしいものか。。

あと気をつけたいのは、的外れな批判じゃなくても、インフルエンサーに紹介してもらいたいからそれに合わせて記事を書くことは辞めたいですね。

あくまで自分が書きたいことを書いて、相性の良いインフルエンサーにはぜひ応援してもらう。みたいなスタンスを心がけていきたいな。

これだけ一気にアクセスが増えるとどうしても欲に走ってしまう。笑

そして、早く自分もインフルエンサーにならねば。紹介したい人やモノがいっぱいある。



小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 プロフィール 横長


もっと詳しくはこちらの記事を!→小幡和輝ってどんな人?
    このエントリーをはてなブックマークに追加

エメラダ・エクイティというプラットフォームを発見しました。

00


利回り何%という投資商品はいくらでもありますが、これはまったく違います。新しいなぁ。

投資の配当としてもらえるのは、エメラダ型新株予約権。

株式投資型のクラウドファンディングとも違います。

ストックオプションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

エメラダ・エクイティはそれに近いです。

エメラダ・エクイティで投資したベンチャー企業が上場や売却されると、大きなリターンを得ることができます。逆に上場や売却できなければ、株は無価値になります。まさにエンジェル投資家やVC(ベンチャーキャピタル)のように、誰でもベンチャーに投資ができます。

一般の個人がベンチャーにエクイティ投資(株式投資)できるってかなり新しいな。

「プロの投資家が投資したベンチャー企業に「相乗り投資」を」というキャッチコピー通り、ベンチャー投資家にとって必要な目利きは、他の投資家が代わりに行なっています。

すでに、多くの資金を調達しているベンチャーが掲載されているというのは魅力的ですね。

第一弾のプロジェクトが終了し、今は第二弾のプロジェクトが資金調達中です。

第一弾はビールを作るプロジェクト。4000万円以上調達しています。

14


第二弾はランニング仲間を探したり、お気に入りのコースをシェアできるサービス。

47


これもっといっぱいプロジェクトが立ち上がってきたらめちゃくちゃ面白いですね。

ちょっと投資してみようかな。。

投資家側が投資した先を応援することで、自分のリターンに繋がっていくというのは魅力的ですね。

イメージ的にはVALUの企業版って感じかな。VALUよりも金銭的イメージが強いですが。

クラウドファンディングは一回限りの支援なので、こうやっていろんなプラットフォームが出てくることは大賛成です。

登録はこちらです

口座開設は無料なので、とりあえず作ってみてもいいかも。僕はとりあえず口座作りました。このプロジェクトに投資するかは検討中です。

まだプロジェクト数が少ないので、評判や使ってみた感想の記事はありませんでした。

投資にリスクはつきものですが、これは特にリスクが高いものなので、メリット、デメリットを考えた上で、自己責任でどうぞ。

エメラダ・エクイティ自体はめちゃくちゃ面白そうなので、これから要チェックしておきます!

小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 プロフィール 横長


もっと詳しくはこちらの記事を!→小幡和輝ってどんな人?

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ