ギモンに切り込む

学校に行かせることが虐待になるって考えたことありますか?

みなさんは虐待ときいて、なにを思い浮かべますか?

多くの人は暴力とか、ご飯を食べさせないとか、そういったことを思い浮かべるでしょう。

学校に行かせることが虐待。

こんなことをいうと怒られるかもしれません。

でも、僕は本当に辛かった。

僕が1番辛かった時間は不登校になる直前。学校に行きたくないといっても、親に無理やり行かされた時間。

行きたくない学校には居場所がなく、行かなければ怒られる。

これは一種の虐待ではないでしょうか。

そんな期間が数ヶ月続きました。

親とめちゃくちゃ喧嘩して、最終的には学校に行かないことを認めてくれたけど、もしあの時間がもっと続いていたら、いま生きているかわかりません。

考えたくもないです。

学校に行ける人は行けばいい。無くなればいいとは思わない。

でも、合わない子もいる。

そして、これだけは言いたい。

いまの学校はこれからの社会で必要な想像力や情報編集力を鍛える勉強は少ないです。

これからの社会ではあまり役に立たない、コンピューターが得意とする内容を教えています。

僕は学校教育をほとんど受けてません。

僕は自分の人生をもって、いまの学校教育に問いかけます。

本当に学校は必要でしょうか。

いまの学校は1人1人にあった教育をしていません。みんな同じレベルで勉強します。

得意な子は苦手な子にあわせ、苦手な子は得意な子に追いつくまでやらされるか、置いていかれます。

その子には別の才能があるかもしれないのに。

学校によっていろんな才能が潰され、天才が死んでいる気がします。

学校は大量生産モデルなのでコストは安いです。でも、オーダーメイドの方が本当はいいですよね。

他の商品であれば誰もがそう答えるはず。

別に強要はしないです。でも、こんな価値観もあるよということは伝えたい。

不登校は天才への第一歩かもしれません。

そして、学校には変わってほしい。21世紀にあった、1人1人が輝ける場所になることを願ってます。

僕に出来ることがあれば、ぜひ協力させてください。

勉強だけだったらもうスタディサプリでいいですよ。

スタディサプリ小学・中学講座

スタディサプリ高校・大学受験講座

スタディサプリ ENGLISH

24252329_1378265665634086_1871224267_n

本ができました。もしよかったら。
不登校から高校生社長へ
https://nagomiobata.thebase.in/items/9029817

関連記事もどうぞ!
小幡和輝が社会のギモンに切り込む。教えて!なんでこうなってるの?

小幡和輝が社会のギモンに切り込む。教えて!なんでこうなってるの?みんながなんとなく思っているけど、口に出して言えないことに切り込んでいきます。 僕は空気を読みません。 名刺交換しただけで、メルマガ...

小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。和歌山を拠点に、商品開発、イベントやプロモーションなどを企画。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。和歌山市観光協会のアドバイザーも務める。
GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 OfficialWebsite

オンラインサロン始めました。ブログに書けない話も書きます。
和輝の部屋 -表では書けないココだけの話が集まる愚痴り場コミュニティ-
https://camp-fire.jp/projects/view/50258

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事