ギモンに切り込む

鳥取の水木しげる(ゲゲゲの鬼太郎)ロードをガチで考察してみた。

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

先日、鳥取県に講演で伺いました。

CAMPFIRE LOCAL鳥取キックオフイベントでクラウドファンディングの話をさせていただきました。

お招きいただきありがとうございました!鳥取楽しかったです。面白い人にもいっぱい会えた!

22853268_1541344565934677_8102341722205651273_n

さて、今回の本題は水木しげる(ゲゲゲの鬼太郎)ロード。

講演の後に行ってきたんですが、ちょっとガチで考察してみました。行ったのは10月29日(日)の12時から15時くらいです。

S__19963930

水木しげるロードとは

鳥取県境港市にあり、同市出身の水木しげるの代表作『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターを中心として日本各地の妖怪たちをモチーフとした銅像など多数のオブジェが設置されている商店街。

境港駅から本町アーケードまでの全長は約800メートル。

中小企業庁 がんばる商店街77選を受賞。

1993年23体の銅像とともにオープン。2010年の朝ドラ「ゲゲゲの女房」公開の際には銅像139体。年間来場者300万人以上。2016年も214万人が訪れています。オープンからのべ3000万人が訪れている、全国的にも有名な商店街です。境港市入込客数。

S__19963920
S__19963931

いたるところに銅像のオブジェが。

S__19963926

鬼太郎の傘に目玉おやじ電球。これいい。

S__19963913
S__19963917

(それにしても人いないぞ。。大丈夫だろうか。)

S__19963923
S__19963908

鬼太郎の公衆電話に目玉おやじオブジェ。

S__19963915

神戸ベーカリーのオリジナルパン。外観も鬼太郎っぽい。

S__19963916

ん??

S__19963928

(海鮮丼目立つな。。)

S__19963918

目玉たこ焼き。なかなか美味しかった。

S__19963909
S__19963919

やたら現れるカニクリームコロッケ。(目玉コロッケってネーミングだったら買いたかったなぁ。)

ふむふむ。なんとなくわかってきました。

とりあえず、ネットで調べたところ鬼太郎、目玉のおやじに会えるそうな。

imgf249b87dzikazj

写真お借りしました。

S__19963910
S__19963926

いない。。

お店の方に聞いたところ、シフト制みたいでこの時間はいないらしい。残念。
日曜12時から15時はいてほしかったぞ。

がっかりしたところ、センスのいい看板を発見。

S__19963912

霊空間を移動するっていいな。

こちらはすなばコーヒー。

S__19963924

最近まで鳥取県にはスタバがなかったらしい。スタバはないけど、すなばはあるよ。

S__19963927

センスある閉店セール。夜逃げって。

S__19963921

ちなみに売ってるものはこんな感じ。
サイズ的に子供用の服ですね。

S__19963922

全体的にクオリティのレベル差が激しいな。。

さてさて。

ここでちょっと計算してみたいんですが、2016年の来場者数214万人という発表があります。

平日250日、土日祝115日と計算すると

平日 4000人×250日 = 100万人
土日祝 1万人×115日 = 115万人

=215万人

ざっくりですが、これくらいの計算式が出来上がります。僕のみた感じですけど、1日1万人はちょっと盛ってませんかね、、

水木しげるロードは境港駅の目の前にあるので、その乗降客数とかも入れてるような気がしました。

あと、これが境港市の税収調査なんですが、来場者が増えても税収がまったく増えてないんですよね。。

image46

他の要因もあると思うので一概には言えないですが、この規模の自治体で観光客が100万人単位で増えて税収が上がらないというのは、ちょっと問題がありそうな気がします。

ただ、ディスってもしょうがないので、提案を1つさせてください。

僕が行った10月29日(日)の世間はハロウィンイベントです。

水木しげるロードはハロウィンイベントの会場としてもってこいだと思いました。

こことか、夜にイルミネーションつけたらめちゃくちゃインスタ映えしそうじゃないですか?

S__19963925

コスプレグッズや、小物系とかいろいろ売れそう。

すでにオブジェがいっぱいあるので、追加のコストをあまりかけずできるのが魅力的だなと。
ということで、来年はここでハロウィンイベントをぜひやりましょう。

小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。和歌山を拠点に、商品開発、イベントやプロモーションなどを企画。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。和歌山市観光協会のアドバイザーも務める。
GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。
小幡和輝 OfficialWebsite

オンラインサロン始めました。ブログに書けない話も書きます。
和輝の部屋 -表では書けないココだけの話が集まる愚痴り場コミュニティ-
https://camp-fire.jp/projects/view/50258

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者2000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!