クラウドファンディング

エム×ゼロ復活 !?打ち切り漫画を復活させるクラウドファンディング

今日、こんなツイートが流れてきました。

これめちゃくちゃいいなぁ。

エム×ゼロの続編とか余裕で1万円出すわ。


_SY362_BO1,204,203,200_

これかなり可能性あると思っていて、例えばエム×ゼロの続編作るために1万円ほしいってクラファン支援する人って全国に500人くらいはいそう。(500万円)

500人の根拠としては、エム×ゼロの単行本売り上げのデータがなかったんですが、エム×ゼロと入れ替わりくらいで始まって、同じくらいの期間で終わった「いぬまるだしっ」1巻から10巻で累計110万部みたい。(どっかにエム×ゼロのデータあったら教えてください。)
出典元 http://www.geocities.jp/wj_log/rank/


いぬまるだしっで100万部超えてるんだったらエム×ゼロはもっと売れてんじゃないだろうかという考えです。で、そのうちの500人だったら可能性全然あるのではと。(ていうか、100万部出てて打ち切りって、厳しい世界だなぁ。。。)

500万円集まったとして、プラットフォーム手数料と出版社への著作権料で20%くらい。

(これそんなに払わなくてもいけると思っていて、終わったコンテンツを再利用して、かつこれまでの単行本が追加で売れたり、もしかしたらそのまま作品が再熱したりとか考えると、ここで稼がなくていいはず。)

ということは400万円が制作費。

アシスタント数名、作者の給料、仕事場の家賃払っても単行本1冊くらいは十分書けるはず。

その巻末に支援者の名前と復活記念交流会とかやってくれたら1万円くらい全然だす。
作品に登場できるとか、他にも特典つけたらもっと余裕じゃないかな。

制作費だけでも先に集めれたら、単行本自体の売り上げも入ってくるだろうし、そもそも週刊連載にこだわる必要もないので、もっとのんびりやれるかもしれない。かなり可能性ありそうじゃない?

例えばジャンプは連載枠20くらいしかないから、一定の人気があっても打ち切るしかない。それは仕方ないことなんだけど、もっと違うやり方があってもいいなと思う。

もちろん全部の作品は無理だけど、選択肢が増えることはめちゃくちゃいい。

これはやるしかないぜー!

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

登録はこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事