不登校

【体験談】僕はフリースクールに通ったから不登校でも大丈夫だった。

不登校の子ども、親御さん向けに公式LINEを配信中です!LINE内で無料相談も行なっているのでぜひご活用ください。
その他にも無料特典として以下の3つがあります。

・不登校体験談
・書籍の無料お試し
・著名人との対談記事

ぜひご登録お待ちしております!
>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

こんにちは。小幡和輝と申します。
全国100箇所で不登校の経験がある人を中心にイベントを開催したり「学校は行かなくてもいい」などの教育系の書籍を出版したりしております。

僕は小学校、中学校はほとんど学校に行かず、フリースクールに通っていました。

フリースクールは学校の役割である勉強と友達を作ることを代用してくれる場所です。

僕が不登校でも大丈夫だったのはフリースクールのおかげだと思っています。

ですが、存在があまり知られてなかったり、そもそもフリースクールってなにするところ?という疑問を持たれている方も多いと思うので、この記事では僕の体験談を通じてフリースクールについて解説します。

そもそもフリースクールって?

フリースクールは民間で運営する不登校の子どもたちに向けた教室です。
(自治体が運営するのは教育支援センター 旧適応指導教室)

運営者によって内容はさまざまですが、勉強するところもあれば遊びメインのところもあり、かなり自由なカリキュラムになっています。

僕の通っていたところは時間割などはなく、自由に過ごすことが多かったです。

自治体の認定を受けるとフリースクールに通うことで出席の代わりになるところもあります。

僕は自治体が運営する教育支援センター(旧 適応指導教室)と、フリースクールのどちらにも通っていました。

教育支援センター(旧 適応指導教室)と、フリースクールの違い

どちらも通っていた立場からするとあまり違いを感じたことはありません。

ただ、教育支援センターは自治体運営のため無料。フリースクールは民間運営のため有料であることが多いです。(月謝は2万円〜3万円程度が多いです)

また教育支援センターは自治体が運営するため基本的に出席扱いになりますが、フリースクールは民間が運営するため認可制となっています。

ここだけみると教育支援センターの方がいいのではと思われるかもしれませんが、教育支援センターはそもそも全体の数が少ないです。僕が通っていたところもいまは無くなっています。

また、自治体にもよりますが、学校に戻すことを前提にしたものであることもあり、学校が合わなかった子どもが余計に辛くなってしまう例もあります。

教育支援センターもフリースクールも共通している大切な役割は、居場所

僕は学校に居場所がありませんでした。

でも、教育支援センターやフリースクールに通いだしてから居場所ができました。

僕が不登校でも大丈夫だったのは、学校の役割を代用できたから。

学校の役割は勉強と友達を作るなどのコミュニティです。

特にいまはすららのような自宅で学習できるオンラインの教材が充実しています。

すららについての詳しい記事はこちら!
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

学校に行かなくても勉強はいくらでも他の手段で代用できるでしょう。

大切なのはコミュニティです。

不登校になり人と接する機会が無くなった結果、笑い方がわからなくなったという話も聞きます。

不登校になったあと、コミュニティを絶やさない。

これがとても大切なこと。

不登校になったらすぐにフリースクールを活用してほしいです。

 

【無料相談・無料特典あり】
不登校生、親御さん向け公式LINE

LINE登録の無料特典
  • 不登校体験談
  • 書籍の無料お試し
  • 著名人との対談記事

僕自身も中学生までの10年間、不登校でした。しかし、その後は大学まで進学し、現在は会社の代表を務めています。

その経験を経て言えるのは「不登校は悪いことではない」ということ。行きたくない子を無理やり学校へ行かせるのも、良くありません。

そんな僕の思いや不登校に関する最新情報をLINEで発信中です。内容盛りだくさんの特別記事も、無料でご覧いただけます!

ぜひこの機会にご登録ください!

\体験談や著名人の話を読める/

>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』『子ども稼ぐ力』など 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!