不登校

【体験談】僕はフリースクールに通ったから不登校でも大丈夫だった。

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

著書の無料公開やコラム、記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

こんにちは。小幡和輝と申します。
全国100箇所で不登校の経験がある人を中心にイベントを開催したり「学校は行かなくてもいい」などの教育系の書籍を出版したりしております。

僕は小学校、中学校はほとんど学校に行かず、フリースクールに通っていました。

フリースクールは学校の役割である勉強と友達を作ることを代用してくれる場所です。

僕が不登校でも大丈夫だったのはフリースクールのおかげだと思っています。

ですが、存在があまり知られてなかったり、そもそもフリースクールってなにするところ?という疑問を持たれている方も多いと思うので、この記事では僕の体験談を通じてフリースクールについて解説します。

そもそもフリースクールって?

フリースクールは民間で運営する不登校の子どもたちに向けた教室です。
(自治体が運営するのは教育支援センター 旧適応指導教室)

運営者によって内容はさまざまですが、勉強するところもあれば遊びメインのところもあり、かなり自由なカリキュラムになっています。

僕の通っていたところは時間割などはなく、自由に過ごすことが多かったです。

自治体の認定を受けるとフリースクールに通うことで出席の代わりになるところもあります。

僕は自治体が運営する教育支援センター(旧 適応指導教室)と、フリースクールのどちらにも通っていました。

教育支援センター(旧 適応指導教室)と、フリースクールの違い

どちらも通っていた立場からするとあまり違いを感じたことはありません。

ただ、教育支援センターは自治体運営のため無料。フリースクールは民間運営のため有料であることが多いです。(月謝は2万円〜3万円程度が多いです)

また教育支援センターは自治体が運営するため基本的に出席扱いになりますが、フリースクールは民間が運営するため認可制となっています。

ここだけみると教育支援センターの方がいいのではと思われるかもしれませんが、教育支援センターはそもそも全体の数が少ないです。僕が通っていたところもいまは無くなっています。

また、自治体にもよりますが、学校に戻すことを前提にしたものであることもあり、学校が合わなかった子どもが余計に辛くなってしまう例もあります。

教育支援センターもフリースクールも共通している大切な役割は、居場所

僕は学校に居場所がありませんでした。

でも、教育支援センターやフリースクールに通いだしてから居場所ができました。

僕が不登校でも大丈夫だったのは、学校の役割を代用できたから。

学校の役割は勉強と友達を作るなどのコミュニティです。

特にいまはすららのような自宅で学習できるオンラインの教材が充実しています。

すららについての詳しい記事はこちら!
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

学校に行かなくても勉強はいくらでも他の手段で代用できるでしょう。

大切なのはコミュニティです。

不登校になり人と接する機会が無くなった結果、笑い方がわからなくなったという話も聞きます。

不登校になったあと、コミュニティを絶やさない。

これがとても大切なこと。

不登校になったらすぐにフリースクールを活用してほしいです。

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者4000名超えました!

なお、友達登録特典で著書の無料試し読みと僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

小幡和輝の活動を応援してくださる方は、Amazon、楽天で何か買い物をする際に以下のURLからページにアクセスして商品購入していただけると嬉しいです。

購入金額の一部がAmazon楽天から支払われますので活動資金とさせていただきます。

みなさんのご負担がなく寄付できる仕組みです。

あと、読んでほしい記事のまとめです!

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方が記事を寄稿してくれました。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

みんなの不登校体験談はこちらから読むことができます

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
LINEで最新情報を受け取る