不登校

【不登校体験談】2階でだけ生きていける

不登校の子ども、親御さん向けに公式LINEを配信中です!LINE内で無料相談も行なっているのでぜひご活用ください。
その他にも無料特典として以下の3つがあります。

・不登校体験談
・書籍の無料お試し
・著名人との対談記事

ぜひご登録お待ちしております!
>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

小学校の頃から仲良く付き合ってきた友だちが、突然学校に行けなくなりました。
20年ほど前、私たちが高校生だった頃の話です。

進学校に通っていた彼女は、論文のテーマに不登校と鬱を選びました。
論文のために資料を読み、勉強会に参加し、自分の満足のいくものをと調べ続けるうちに。
「移った」のだそうです。

最初は、論文のために割く時間がだんだん長くなり、友だちとの付き合いなどがなくなっていき、それでも周りは何も気づきませんでした。
そのうち、のめり込みすぎると親が心配しだして、学校でも問題になりはじめました。

顔色は悪くなり、夜も眠れない、なのに調べることをやめられなかったそうです。

やがて彼女は学校へ行けなくなり、自宅から出られなくなり、2階にある自分の部屋からも出られなくなりました。
周りはみんな驚いて、呆れました。

だって、彼女が心を痛めていることは全て、他の誰かに起こったことで彼女は関係ないのです。
周りはそのことを彼女に分からせようとし、彼女自身もわかっていましたが、どうしても気力を出すことができなかったそうです。

いま現在、彼女とそのことを話しても、当時自分に何が起こっていたのか分からないと言います。
不登校や鬱の事例、原因を調べてこうなったけれど、自分に同じ事が起こるとも思わなかったし、同情や共感をしたわけでもなかった。
ただ、部屋の外に出る気にならなかった。
出なければならないと思う気持ちが他人事のようで、出なさいと言われれば言われるほど死にたくなった、と。

やがて彼女の両親はそれを受け入れ、彼女は自宅の2階でのみ生きていけるようになりました。
両親は話し合って彼女を急かさないことを決めたと聞きました。
彼女の言うとおり、言えば言うほど娘の目から生気が消え、このままでは娘は死んでしまうとわかったそうです。

彼女はそこで3年間過ごし、少しずつ部屋から1階へ、そして家の外へと出て来られるようになったそうです。

そのあと大学を受け直し、現在は海外で働いています。
当時きちんと病院やカウンセリングにかかることもなく、未だに原因や経過は不明のまま。

原因なんかどうでもいいこと、ただ「そうなっちゃった」んだ。
親が「そうなっちゃった」私のことも尊重してくれて良かった、助かったよー。と、彼女は笑います。

私にも子供がいます、そしてその子が「そうなっちゃう」かも知れません。それは誰にもわかりません。
原因があるなら取り除く努力をするでしょう。
でもただ「そうなっちゃった」のなら、それも尊重しようと思います。

生きていてほしいから。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

【無料相談・無料特典あり】
不登校生、親御さん向け公式LINE

LINE登録の無料特典
  • 不登校体験談
  • 書籍の無料お試し
  • 著名人との対談記事

僕自身も中学生までの10年間、不登校でした。しかし、その後は大学まで進学し、現在は会社の代表を務めています。

その経験を経て言えるのは「不登校は悪いことではない」ということ。行きたくない子を無理やり学校へ行かせるのも、良くありません。

そんな僕の思いや不登校に関する最新情報をLINEで発信中です。内容盛りだくさんの特別記事も、無料でご覧いただけます!

ぜひこの機会にご登録ください!

\体験談や著名人の話を読める/

>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』『子ども稼ぐ力』など 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!