不登校

【不登校体験談】何度も喧嘩していた

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

小学4年のころ友人としょっちゅう喧嘩していて教室は入れない日々続きました。

5年生で一度立て直しましたが。6年生となり担任と馬あわなくて教室に足運んだことかぞえるぐらいです。そして今となって本出版した利数百人の前で講演したりアフリカで働くなど社会から一定評価もらえる人になったわけですが、私も小学生の時不登校児でした。

そして、小学3年生の夏、昼休み友人数人とサッカーしていた時ひょんなことが原因となり喧嘩始まって、僕耐他人全員で口論する状況になりました。

エスカレートすればいじめにもつながりかねない状況ですが、まあこれぐらいのこと小学生ならよくあることです。そして原因ははっきり覚えてないですが、たぶん私がわがままな振る舞いか、それ気に入らない子がいたか、そうした感じの原因です。

そして、それまで他人の子たちと何ら変わることなく毎日授業受けていましたが、その時ばかりどうしてか休み時間終わっても教室戻れませんでした。

代わり廊下ふらふらしたり空き教室でだらけたりしました。また、4年生となれば本格的不登校になりました。私は小学生の時期からめたちたがり屋であり、思い通りにならなくては気が済みません。そうした私が4年生で進級して同じぐらい目立ちたがりの子と一緒のクラスとなり、彼と何度も結果しました。

そして、上履きのまま学校飛び出したこと何度もあり、教室入れなくなって、代わりに保健室に通う日いです。そして、教室入れなくて廊下ぶらついていたら担任が無理やり手を掴み、教室にっぱり入れました。

私は嫌でない手、30人以上のクラスメイトがその様子を呆然と見ていたのです。恥ずかしさ、屈辱でその時死にたくなって、こうした経験あったからか教室に僕の居場所がないと思って、不登校はエスカレートしてきました。そして、4年生で本格化した不登校生活、5年生時に恩師と呼ぶべき素晴らしい先生と会えて、ちょとずつ教室入れました。

ときどき友人と喧嘩した時さぼっていたこともありましたが、6年生と案れば私は完全な不登校生になりました。

何よりの原因は担当先生との不仲。僕は小学生ながら納得いかないこと許せなくて、それなり生意気な人でした。視点変えれば自我強い子だったのでしょう。ですが、6年生で担当になった先生は相手が小学生でも構わず物申すタイプであり、今度は先生と何度も喧嘩に。そして、6年生で学校通った思い出はほとんどありません。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者3000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

小幡和輝の活動を応援してくださる方は、Amazon、楽天で何か買い物をする際に以下のURLからページにアクセスして商品購入していただけると嬉しいです。

購入金額の一部がAmazon楽天から支払われますので活動資金とさせていただきます。

みなさんのご負担がなく寄付できる仕組みです。

あと、読んでほしい記事のまとめです!

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方が記事を寄稿してくれました。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

みんなの不登校体験談はこちらから読むことができます

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
LINEで最新情報を受け取る