不登校

【体験談】部活のいじめが辛かったときどんな対応をすればいいのか。

不登校の子ども、親御さん向けに公式LINEを配信中です!LINE内で無料相談も行なっています。
その他にも無料特典として以下の3つがあります。

・たくさんの不登校体験談
・書籍の無料お試し
・茂木健一郎さんなど著名人との対談記事

現在、1万人以上が登録中です。
>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

娘が小4の時に友達に誘われて部活動に入りました。同級生は一年早く小3の頃から始めていたので、仲間外れにされいじめられました。

それは試合会場をバスで帰って来た時に一人で座って帰って来た時に気付きました。その日始めて入部してからの話しを聞きき、今後の話しをしました。

話しを聞いて見ると部活動だけでは無く放課後に遊ぶ時も、同級生、友達だったはずなのに、何故か部活動は後から入部した事で後輩扱いされて仲間外れにされたりしていたそうです。

学校に行きたくないという日に無理して行かなくていいよと言ってましたが、自分が一つ習い事を辞めて部活動をすると決めたから休みたくないと自分の意思で学校、部活動に行ってました。

中の良いママ友(小4の保護者代表)にも相談して、部活動の時に気にして見ているよと言ってくれましたが、仲間外れにしている一人の親ですから解決する事もありませんでした。

私自身、子供の喧嘩は親の感情論はいらない、子供同士での解決、学校の先生にお任せする事が一番と考えていましたので、自分達親が出来ることを考えて言動に気を付けました。

まず自分達に出来ることは仕事が終わってから、出来る限り部活動の様子を見に行く事で、見てない所へでのいじめが無くなるようにと思い見学してみました。

それと娘をいじめてる子達に腹が立ってはいましたが、その子達にも積極的に声を掛けたり、部活動の無い時に皆んな公園へ連れて行ったり、家に呼んで一緒にご飯を食べたりしてみました。

すると子供達は娘とも仲良くなり、私達にも積極的に話しかけてくれるようになりました。自然と娘の周りに集まってくれるようになりいじめは無くなりました。

娘のいじめは無くなり小6の部活動まで無事に行きましたが、当時娘を仲間外れにしてたリーダー的な子が、他にも意地悪をしていた子達から仲間外れにされました。

秋にあった文化祭の前に、その事を相談され娘はいじめられた辛さも知っているのと、また自分も仲間外れにされるという怖さもあったと思いますが、電話をして一緒に回ろうと言いました。

私も気になり見に行きましたが、ギクシャクした感じでした。しかし少し時間が経てば元通りになるだろうと思っていましたが、その子の親は我慢できず感情を剥き出しにして、学校に自分の子をいじめてる子達と親に謝罪を求めて来ました。

学校にママ友と来て子供達を睨みつけたりして泣かせたり、親の感情論はをぶつけて来たので、子供達は尚更仲良くなれず親達の関係も悪化するばかりでした。

仲間外れにされた子はみんなと一緒仲良くしたいと言っているのに親が感情的になったことで、自分の子がして来たことは棚に上げてお互いに謝る事をせず謝罪ばかりを求め、卒業するまでその子は苦しみました。

子供達は普通に仲良く出来るのに、親の感情論で苦しむ事になっていました。

子供達は子供達で自分の安定性を求めたり同調性を求めたり生きていってます。ある程度の事は子供達の力を信じて見守ることも大事なのでは無いかと思います。

しかし何かが起きなければ何もしてくれない先生もいるので、我々親も何をすれば良いのかを考えながら行かなければならないと思います。

自分の子供を守るのは最後は親だと思います。

他の不登校体験談も読んでみる

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っていので書きやすいと思います。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

 

【無料相談・無料特典あり】
不登校生、親御さん向け公式LINE

LINE登録の無料特典
  • たくさんの不登校体験談
  • 書籍の無料お試し
  • 茂木健一郎さんなど著名人との対談記事

僕自身も中学生までの10年間、不登校でした。しかし、その後は大学まで進学し、現在は会社の代表を務めています。

その経験を経て言えるのは「不登校は悪いことではない」ということ。行きたくない子を無理やり学校へ行かせるのも、良くありません。

そんな僕の思いや不登校に関する最新情報をLINEで発信中です。内容盛りだくさんの特別記事も、無料で読めます!

現在、1万人以上が登録中です。登録はこちらから↓

\体験談や著名人の話を読める/

>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』『子ども稼ぐ力』など 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!