不登校

逃げてもいい。大人になるのに学校なんて必要ない

私は、約20年前に不登校になりました。
中学2年生のころ、修学旅行がありますよね。
そのときから、学校に行くのが本当に嫌になったんです。
恥ずかしながら、友だちがいなかったからです。

もともと、休み時間は自分の席で本を読んでいるか、図書室にいるような地味な子でしたから、友だちがいないのも当然です。
修学旅行はディズニーランドだったのですが、みんなが楽しみにしていても、私は憂鬱でした。
案の定修学旅行は全然楽しくありませんでした。

そのあとから不登校になりました。
私は学校が嫌いでした。
どうして、足並みそろえて進まなくてはいけないのか、私の様な足が遅い人間は1人になってしまうのに…。

授業で朗読するのも嫌でした。
英語の授業も、体育なんて全部本当に嫌でしょうがなかったんです。
いじめなどは幸いありませんでしたが、馴染むこともできず、学校に行くことが嫌になりました。

そんな時、家では受験勉強をしていました。
高校生で変わることはないだろうけど、少しでもいいスタートを切りたかったからです。
中学校に行かなくなって、人と付き合うのが怖くなった私は、中学が終わるまで逃げ切ることにしたのです。
逃げちゃダメなわけがないんだと自分で自分に信じ込ませて…。

そんな私を救ってくれたのが、テレビアニメでした。
「家なき子レミ」という作品を見て、私は勇気をもらいました。
勇気と言っても、中学校に通うための勇気ではありません。
次に進むための勇気です。

それが、高校受験で少しでも自分のやりたいことができる高校に行くという事です。
だって、高校なんて無数にあって、世界中にはたくさんの人間がいるのです。
私にとって中学校が居心地がいいわけではありませんでしたが、高校がどうなるのかなんてわからないですよね。
不登校だからって、やっちゃいけないこともなければ、苦しみつづけなくちゃいけないわけでもないんです。

学校に行かないで、家で笑っていられるなら、笑っていたっていいんです。
今ならインターネットがありますし、インターネットで自分の居場所を見つけたっていいんです。

最後に、私に勇気をくれた言葉を紹介します。
先ほど紹介した家なき子レミの恩人であるヴィタリスさんのセリフです。
「前へ進め。1人でじっと悲しみや苦しみを抱えていても、何の役にもたたん。
それなら悲しみや苦しみを乗り越える為に一歩でも二歩でも前に進む、明日を見つめて」

たった1歩でもいいんです。
自分の歩幅でいいんです。
今歩き出せなくたって、引きこもっていたって、それは異常だからじゃないのです。

そう、タイミングが、場所が悪いだけです。
不登校だって、立派に夢をかなえることも、楽しい人生を送ることもできます。

不登校だって、立派な大人になれます。
だから、嫌な場所からは逃げてしまいましょう。
そしてまた、前に進むだけなのです。

PN ★ミカン

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事