放課後等デイサービス

【保存版】長野にある放課後等デイサービス11選!できることや施設を選ぶ5つのポイントも解説

不登校の子ども、親御さん向けに公式LINEを配信中です!LINE内で無料相談も行なっているのでぜひご活用ください。
その他にも無料特典として以下の3つがあります。

・不登校体験談
・書籍の無料お試し
・著名人との対談記事

ぜひご登録お待ちしております!
>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

障害や、発達に特性のある子ども向けの施設、放課後等デイサービス。一人ひとりに合わせた対応を受けられ、社会性を育むことができる福祉サービスなので、ぜひ利用したいところです。

そこでこの記事では、学校は行かなくてもいい」などの教育系の書籍を出版している私、小幡和輝が、長野にある放課後等デイサービスをご紹介!

さらに、サービス内容や選び方のポイントも解説していますので、ぜひご覧下さい。

長野にある放課後等デイサービス11件を地域別に紹介

ここでは、各地域ごとにサービスをピックアップして紹介するのでぜひ参考にしてください。

(記事の後半では選ぶポイントだけでなく、子どもにあった場所が見つからなそうなときの代わりの手段についても書いてあるのでぜひ最後まで読んでいただけると)

松本市:放課後等デイサービス個性が花咲くりょういく ファミーユ

営業時間要問い合わせ
利用料金別途教材費、材料費、イベント参加費などかかる場合あり。
住所長野県松本市井川城2丁目12-8 グランドデュオ2階
URLhttps://koseihanasakufamil.wixsite.com/website

個性が花咲くりょういくファミーユは、子ども達を家族のように思い、毎日を一緒に過ごしているアットホームな場所です。個別指導の学習支援に力をいれています。

佐久市:放課後等デイサービス いつも。

営業時間(平日)9:00~17:00
(土)10:00~16:00
利用料金おやつ代50円
住所長野県佐久市原454
URLhttp://hp.kaipoke.biz/ahv/125064/base_0030.html

小学生・中学生・高校生対象です。いつも。では、特定のプログラムは設けず個性にあった体験ができます。豊かな自然の四季を味わいながら過ごせる環境が広がっています。

飯田市:みらいこども飯田鼎上山教室

営業時間(平日)12:00~18:30
(土)10:00~16:00
利用料金おやつ・教材費400円/月
住所長野県飯田市鼎上山3771-12
URLhttp://miraif.org/

小学生 中学生対象です。体操と療育活動を中心。法人理念“いいみらいをつくる”のもと、地域に根ざして利用者とその家族の「みらいへの準備」「前向きな経験づくり」しています。送迎が可能です。

上田市:療育的な運動支援・安全な預かり こどもプラス

営業時間要問い合わせ
利用料金要問い合わせ
住所長野県上田市国分1890
URLhttps://www.ueda-kodomo.com/

こどもプラスは、5年、10年先の子どもの姿を考えた支援をしています。運動遊びを主軸に療育、言語指導、宿題の指導などを行っています。

大月市:放課後等デイサービスNPO法人キッズウィル遊学舎

営業時間(平日)放課後~19:00
(土)9:00~19:00
利用料金要問い合わせ
住所長野県大町市大町1275-3
URLhttps://www.kidswill.net/yuugaku.html

キッズウィル遊学舎は、ひとりひとりが輝くために支援の輪を広げています。小学生が対象です。

諏訪郡:放課後等デイサービスららら・らんど

営業時間要問い合わせ
利用料金おやつ代100円、他教材費
住所長野県諏訪郡下諏訪町東赤砂4704-3 マイダスビル1F
URLhttp://hp.kaipoke.biz/nfe/

小学生 中学生 高校生対象です。ららら・らんどは、好きなこと・得意なことを見つけ、次のことを目指して支援しています。子ども達が自由な時間が過ごせるのが特徴です。

長野市:放課後等デイサービスはぴねす安茂里

営業時間(平日)15:00~18:00
(土)10:00~17:00
利用料金要問い合わせ
住所長野県長野市安茂里字西河原3602-1アプリコットヒルズビル1階
URLhttp://happiness-nagano.com/

小学生 中学生 高校生対象です。子どもたち自身が「楽しむ」ことを大切にしています。日々の予定は曜日ごとに違いをもうけています。送迎もしてくれていますのでお問い合わせくださいね。

上伊那郡:みらいこども南箕輪教室

営業時間要問い合わせ
利用料金おやつ代・教材費等別途(上限 月400円)
住所長野県上伊那郡南箕輪村8987-1
URLhttp://miraif.org/

小学生が対象です。技術提携をする法人(体操教室・児童の機能発達を支援)で実践して成果を上げているプログラムをベースに、36の体の機能を鍛え、体や心のコントロールを鍛えるように促しているのが特徴といえます。

土日祝日も営業していますので、必要な方は、是非お問い合わせしてください。

千曲市:こどもサポート教室 千曲

営業時間要問い合わせ
利用料金要問い合わせ
住所長野県千曲市大字桜堂523-38 横嶋ビル2階
URLhttps://kirari-kodomo.com/roominfo/%e9%95%b7%e9%87%8e-%e5%8d%83%e6%9b%b2%e6%a0%a1

こどもサポート教室では一人ひとりの発達状況や、保護者の意向を確認し、オーダーメイドの支援計画を立て、マンツーマンを主とした療育を行っています。

塩尻市:児童発達支援事業所多機能型通所支援事業所 リーノ

営業時間(平日)9:30~12:30
(土)-
利用料金要問い合わせ
住所長野県塩尻市広丘吉田50-7
URLhttps://www.lino.co.jp/

リーノは未就学児から高校生まで対象です。応用行動分析(ABA)プログラムを積極的に取り入れ、社会の中で生きていくために大切な「根っこ」や「土台」を育てる独自プログラムを行っています。

東筑摩郡:放課後等デイサービス児童クラブ あさひ

営業時間要問い合わせ
利用料金要問い合わせ
住所長野県東筑摩郡朝日村古見3605-1
URLhttp://hatimori-kobito.com/

あさひは、「やりたい」を「できる」に変える支援をしています。のびのびと過ごせ、お餅つきなど季節の行事も大切にしています。

※これらは記事執筆時点の内容です。詳細は施設運営者にお問い合わせください。

放課後等デイサービスとは?概要をサクッと解説

放課後等デイサービスは、障害や発達に特性のある子どものための福祉サービスです。子どもたちの放課後や長期休みの居場所として使えます。

子どもの生活力を上げるためのプログラムが多く用意されているのが特徴。以下のような支援が受けられます。

  • 自立支援と日常生活の充実のための活動
  • 創作活動
  • 地域交流の機会の提供
  • 余暇の提供

 

児童発達支援管理責任者が作成した個別の支援計画をもとに、活動を行っていきます。

利用できる児童

原則として学校に就学していて、障害のある児童が対象です。

  • 障害手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳

 

などの手帳を所持する子ども、もしくは意志の診断書がある場合のみ、サービスを受けられます。6歳から18歳が対象年齢ですが、状況により20歳まで利用可能です。

利用料金の目安

1日あたり1,000円前後ですが、施設によります。無料のところもあるので、探してみても良いでしょう。

放課後等デイサービスの月額負担は原則1割。また、所得に応じて最高負担月額が設定されているので、上限を超えた金額はかかりません。

なお、負担額の上限は、以下のように定められています。

区分収入状況負担上限月額
生活保護生活保護受給世帯0円

低所得

市町村民税非課税世帯0円
一般1市町村民税課税世帯
(所得割28万円未満)
通所施設、ホームヘルプ利用の場合4,600円
入所施設利用の場合9,300円
一般2上記以外37,200円

(引用:厚生労働省 障害者福祉:障害児の利用者負担

施設の特徴

放課後等デイサービスは、発達に特性のある子どもに特化したサービスであり、ひとりひとりの状況に合わせた発達支援が受けられるのが特徴です。

施設には、習い事のように通うタイプ、学童のように自由に遊べるタイプなど、さまざまな形態があります。いずれも、通うなかで社会性を身につけられるように工夫されています。

お子さんの特性や目的に合わせて、自分にあったところを探してあげると良いでしょう。

なお、授業についていけずに困っているお子さんには、オンライン学習の「すらら」もおすすめ。学年にとらわれず、レベルに合わせた勉強ができる教材です。ゲームのように楽しみながら、自分のペースで勉強できるので、ぜひチェックしてみてください。

>>すらら公式HP

引用:すららHP
すららの評判は最悪?失敗しないために特徴とデメリットを徹底解説【不登校生にもおすすめ】近年インターネットの発達により、自宅で学習するサービスが増えていますよね。なかでも、アニメーションを使って楽しく学習ができる「すらら」に...

利用回数

放課後等デイサービスは、受給者証により一月に使える日数の上限が一人ひとり決まっています。受給者証の申請時に審査があり、以下のような項目に基づいて回数が決められます。

  • 子どもの状況
  • 保護者の状況・環境
  • 利用意向

 

決められた利用回数内ならば、複数の施設を使うことも可能です。

放課後等デイサービスを選ぶ5つのポイント

放課後等デイサービスは、各自治体に複数存在しているので、比較した上で選んでみると良いでしょう。特にチェックすべきポイントは以下の5つです。

  1. プログラムの内容
  2. 預かり対応の時間
  3. 職員の対応
  4. ほかの子供の雰囲気
  5. 施設の雰囲気

 

それぞれ確認すべきポイントをしっかり理解し、お子さんにあった施設を選びましょう。

1. プログラムの内容

施設により提供しているプログラムが異なるので、比較してみると良いでしょう。運動や楽器の演奏を習えるところや、学童のように自由に遊べる時間が長いところなどさまざまです。

資格を持った職員が療育を行ってくれるところもあるので、目的に合わせて使い分けてみてください。

なお、お子さまが夢中になれる習い事を探している方は「ゲムトレ」がおすすめ。ゲムトレは、ゲームのオンライン家庭教師サービスです。楽しく脳を鍛えつつ、コミュニケーション能力の向上にも目指せるのが特徴です。

公式ページでは詳しい内容や体験会の申込みも受け付けているので、ぜひチェックしてみてください。

>>ゲムトレ公式HP

2. 預かり対応の時間

仕事をしている親御さんの場合は特に、預かり対応の時間も確認しておくべきです。土日祝日も対応できるところや、夜間利用が可能なところもあります。

また、送迎サービスを有料で設けているところもあるので、親御さんが取れる時間を元に検討してみてください。

3. 職員の対応

職員スタッフの対応も確認しておきましょう。お子さんと合わずに、行くのを嫌がるようになっては意味がありません。

放課後等デイサービスはひとりひとりの状況に合わせた対応をしてもらえるのが大きなメリット。お子さんの状況をよく見てくれるスタッフが居ると安心ですよね。

見学会を設けているところもあるので、ぜひ直接話をして選んでください。

4. ほかの子どもの雰囲気

他のお子さんの雰囲気も確認しましょう。スタッフ同様に、人間関係は通い続ける上で大切です。

また、施設を主に利用している年齢層もチェックしておきましょう。放課後等デイサービスは、6〜18歳と幅広い年代が対象です。そのため、周りが小さい子どもばかりだったり、逆に年齢が高すぎたりして居心地が悪く感じるケースもあります。

5. 施設の雰囲気

施設の雰囲気も見ておくべきポイント。老朽化していたり、掃除が行き届いていなかったりする施設は避けたいですよね。

なお、自閉スペクトラム症が疑われるお子さんの場合、場所見知りをするケースが多いです。見慣れない場所には不安を感じてしまうので、多目的室のようなさまざまな用途で使う部屋は苦手。目的別に部屋がきっちり別れている施設を選んであげたほうが安心できます。

【無料相談・無料特典あり】
不登校生、親御さん向け公式LINE

LINE登録の無料特典
  • 不登校体験談
  • 書籍の無料お試し
  • 著名人との対談記事

僕自身も中学生までの10年間、不登校でした。しかし、その後は大学まで進学し、現在は会社の代表を務めています。

その経験を経て言えるのは「不登校は悪いことではない」ということ。行きたくない子を無理やり学校へ行かせるのも、良くありません。

そんな僕の思いや不登校に関する最新情報をLINEで発信中です。内容盛りだくさんの特別記事も、無料でご覧いただけます!

ぜひこの機会にご登録ください!

\体験談や著名人の話を読める/

>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』『子ども稼ぐ力』など 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!