ゲーム

2人用ボードゲームおすすめ10選!簡単なものから奥が深いものまで一挙公開!

ボードゲームと聞くと、大人数でワイワイやるものをイメージしがちですよね。ところが、2人でも楽しく遊べるボードゲームはたくさん存在します!

そこで本記事では、2人で遊べるボードゲームを10個紹介します。

手軽にサクッと遊べるものから、深い戦略性があるものまでじっくり紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

【2人でできるボードゲーム10選】
簡単なものから深い戦略性があるものまで一挙紹介!

こちらでは、2人でできるボードゲームを10個紹介します!

【2人でできるボードゲーム1】
バトルライン

プレイ人数 2人専用
所要時間 30分
オススメ度 ★★★★★

バトルラインは、2人専用のカードを使った陣取りゲームです。

手札から3枚1セットでカードを出し、役の強さを競い合います。横に9つ並んでいるフラッグの5つもしくは3つを連続で取得したプレイヤーの勝利です。

手軽にできてかつ奥が深いゲームなので、非常に人気を集めているボードゲームです。

created by Rinker
クロノノーツゲーム
¥2,700
(2019/08/17 14:51:24時点 Amazon調べ-詳細)

【2人でできるボードゲーム2】
ブロックスデュオ

プレイ人数 2人専用
所要時間 15~20分
オススメ度 ★★★★★

ブロックスデュオは、Amazon人気ランキングで上位をキープし続けている「ブロックス」の2人用ボードゲームです。

陣取りゲームで、同じ色のピースの角と角がつながるようにボードのマスへ置いていき、マス目を多く埋めた方が勝ちというシンプルなゲーム性なのですが、熱中度はとても高いです。

1回のゲームが15~20分で終わるので、サクッと気軽に遊べます。

子どもから大人まで一緒になって楽しめるので、ぜひ遊んでみてください。

created by Rinker
マテル(MATTEL)
¥1,609
(2019/08/17 20:56:57時点 Amazon調べ-詳細)

【2人でできるボードゲーム3】
コードネームデュエット

プレイ人数 2人専用
所要時間 15~20分
オススメ度 ★★★★★

コードネームデュエットは、2人で協力して、パートナーのコードネームを当てていくゲームです。

場にはいろいろな単語が書かれたカードが置いてあり、その中にキーカードが9枚潜んでいます。プレイヤーはこのキーカードを、相手から出されたお題に答える形で選んでいくのです。

例えば「リンゴ・消防車・イチゴ」を当ててほしければ「赤い物3つ」というお題を出し、無事に選ばれればミッション成功。

特定の単語を相手が選ぶようなお題を見つけるのは大変ですが、難しいお題で意思疎通ができたときの達成感はすさまじいですよ。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥2,345
(2019/08/17 21:46:20時点 Amazon調べ-詳細)

【2人でできるボードゲーム4】
ドミニオン

プレイ人数 2~4人
所要時間 30分
オススメ度 ★★★★★

ドミニオンは、世界で数々のボードゲーム賞を受賞している人気ゲームです。

自分の山札を構築し、ポイントを稼いでいき、一番ポイントを集めた人が勝ちです。

最初は配られた山札から財宝カードをあつめ、フィールドにあるアクションカードを購入します。そしてそのアクションカードを使って、さらにカードや財宝を集めます。

山札が自分の購入したカードでどんどん増えていくので、できることが広がっていく爽快感が特徴です。

財宝が貯まるとポイントカードを購入し、勝利へ向けてポイントを蓄えます。ただしポイントを集めすぎると山札に無駄なカードが増えるので、うまく調整するバランス感覚も必要です。

シンプルながらも戦略性のあるゲームなので、大人でも熱中して遊べますよ。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥1,880
(2019/08/17 14:51:24時点 Amazon調べ-詳細)

【2人でできるボードゲーム5】
アグリコラ

プレイ人数 2~4人
所要時間 1時間半〜2時間半
オススメ度 ★★★☆☆

アグリコラは、農民になって農場を経営するシミュレーションボードゲームです。

最初は1つの家から始まる農地を拡大し、ゲーム終了時に一番発展した農場作った人が勝利です。

家族(行動力)を増やすとたくさんの食料が必要、農地発展には家族が必要と、プレイヤーの行動のバランス調整がゲームの奥深さを際立てています。

1回のゲームで1時間半〜2時間半ほどかかるなど、非常にボリュームの大きなゲームです。

また約300種類ある特殊カードを1人当たり14枚しか使わないので、毎回違った戦略を考えるなど、何度も繰り返し遊べる要素がたくさん。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥6,580
(2019/08/17 22:00:24時点 Amazon調べ-詳細)

【2人でできるボードゲーム6】
カヴェルナ

プレイ人数 1~7人
所要時間 1時間〜3時間半(人数による)
オススメ度 ★★★☆☆

カヴェルナはアグリコラの後継作品で、ゲーム性はアグリコラに似ています。

非常に多くの部品が入っており、アグリコラよりもさらにたくさんの行動ができるので、戦略性がかなり広がりました。

2人でももちろん楽しめますが、最大人数の7人でやるとより熱中できること間違いなしなので、ぜひ一度試してみてください。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥2,410
(2019/08/17 14:51:25時点 Amazon調べ-詳細)

【2人でできるボードゲーム7】
アンドールの伝説

プレイ人数 1~4人
所要時間 1時間半〜2時間
オススメ度 ★★★★☆

アンドールの伝説は、ロールプレイング型のボードゲームです。

プレイヤーが全員協力して、シナリオごとに与えられるミッションをクリアしていきます。

全5章まであるストーリー、4種類のキャラクター、数々の装備品や敵キャラクターなど、何度遊んでも飽きが来ないような充実っぷりが魅力です。

協力型なので、2人で仲良くワイワイ楽しんでください。

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥4,567
(2019/08/17 21:46:21時点 Amazon調べ-詳細)

【2人でできるボードゲーム8】
ルーンバウンド

プレイ人数 2~4人
所要時間 2時間〜3時間
オススメ度 ★★★☆☆

ルーンバウンドも、ガッツリと遊びたい人向けのRPGゲームです。

プレイヤーは英雄となり、クエストや探索で能力を身に着け、巨大なボスに立ち向かいます。

1プレイに2時間以上かかる大ボリューム作品なので、色々な戦略を楽しんでみてください。

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥6,100
(2019/08/17 21:46:22時点 Amazon調べ-詳細)

【2人でできるボードゲーム9】
宝石の煌き

プレイ人数 2~4人
所要時間 30分
オススメ度 ★★★★☆

宝石の煌きでは、プレイヤーが商人となり、宝石を集めた得点を競い合うゲームです。

ルールが簡単で、30分あれば1ゲームを終えられることから、ボードゲーム初心者でも楽しく遊べる作りになっています。

RPG系のゲームが好きな方にオススメです。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥5,400
(2019/08/17 17:15:56時点 Amazon調べ-詳細)

【2人でできるボードゲーム10】
パッチワーク

プレイ人数 2人
所要時間 30分
オススメ度 ★★★★☆

パッチワークは、2人専用の対戦ゲームです。

自分に与えられたボードに、隙間なくパッチタイルを埋めていき、得点を競います。

タイルを埋めるにはコツが必要で、うまくやらないと隙間だらけになって、ポイントをまったく稼げません。

かわいらしい雰囲気のタイルと、サクッと遊べる手軽さが人気のボードゲームです。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥2,571
(2019/08/17 21:46:22時点 Amazon調べ-詳細)

ボードゲームは人生の役に立つ!その可能性と、対人戦であることの重要性とは。

今回、2人用のボードゲームをたくさん紹介してきましたが、僕はボードゲームにすごく可能性を感じています。

オンラインでできるデジタルなゲームも楽しいのですが、オンラインが発展してきたからこそ、アナログでしかできないことがたくさんあると思うのです。

家族や友達とワイワイ交流できるのはボードゲームの魅力だろうし、大人でも子供でも分け隔てなく楽しめるんですよね。

面と向かって対人コミュニケーションを取れるのはオフラインのボードゲームならではだと思うし、オンラインじゃ成長させづらい能力もどんどん身に着きます。

僕も小学校~中学校の時期は不登校でしたが、遊戯王カードや囲碁などでコミュニケーションを取れていたので、孤独感や不安感は全くありませんでした。

オンラインで何でも完結する今だからこそ、オフラインで楽しめるボードゲームが重要なのではと感じています。

「ゲームは人生の役に立つ」という、元不登校児の持論

僕は、ボードゲームやテレビゲームで経験したことは、必ず人生の役に立つと考えています。

世間は、ゲームにいい評価を与えません。趣味がゲームというと根暗なイメージを持たれますし、ソーシャルゲームにいい印象を持っていない人も多いです。

ですがゲームにはいろいろな要素が含まれていて、学べることはたくさんあります。

僕が2019年5月に執筆した『ゲームは人生の役に立つ』という書籍では、ゲームの存在価値について考え、ゲームが描く未来を考察しています。

ゲームに熱中している社会人の方の自己啓発として、お子様への教育本として、ぜひ一度読んでいただけると嬉しいです。

ゲームとうまく向き合い、人生を豊かにするような方法を考えてみましょう。

【無料試し読み】#ゲームは人生の役に立つ ~生かすも殺すもあなた次第いよいよ5月22日に『ゲームは人生の役に立つ。~生かすも殺すもあなた次第』が発売されます!!! 本の内容から一部を無料公開しま...

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事