幼児教育

【保存版】佐賀の子育て支援センター15件を紹介!できることも合わせて解説

不登校の子ども、親御さん向けに公式LINEを配信中です!LINE内で無料相談も行なっているのでぜひご活用ください。
その他にも無料特典として以下の3つがあります。

・不登校体験談
・書籍の無料お試し
・著名人との対談記事

ぜひご登録お待ちしております!
>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

こんにちは!小幡和輝と申します。
全国100箇所で不登校の経験がある人を中心にイベントを開催したり、教育系の書籍を出版したりしております。

子育てに関する不安があったり、子どもの友達作りの場を探していたりする方におすすめしたいのが、子育て支援センターです。相談・交流の場として活用できるので、一人で悩んでいる親子はぜひ足を運ぶと解決の第一歩となるかもしれません。

この記事では佐賀にある子育て支援センターを紹介した上で、センターが提供しているサービスを紹介しています。ぜひ参考にして、活用してみてください。

【一覧で紹介】佐賀の子育て支援センター15件を紹介

佐賀市

永原学園地域子育て支援センター
佐賀市若宮1-13-17
℡ 0952-31-6877
https://nagahara-sanko.jp/popora/

唐津市

わんぱくサロン(町田保育園)
唐津市町田3-10-6
℡ 0955-72-5365

鳥栖市

やよいが丘保育園 子育て支援センター
鳥栖市弥生が丘2-145
℡ 0942-87-3548

多久市

多久市子育て支援センター「でんでんむし」(多久市児童センター内)
多久市北多久町大字小侍40番地2
℡ 0952-37-1117
https://www.takushijidoukan.jp/main/523.html

伊万里市

伊万里市子育て支援センター
伊万里市松島町391-1(伊万里市民センター内)
℡ 0955-23-5197
https://www.city.imari.saga.jp/15361.htm

有田町

多世代交流センター「ゆいたん」
西松浦郡有田町大木宿乙1545-2
℡ 0955-29-8901

武雄市

武雄市子育て総合支援センター
武雄市北方町志久1674-2(北方保健センター内)
℡ 0954-36-3700

鹿島市

鹿島市子育て支援センター「わ・わ・わぽっと」
鹿島市高津原4326-1(鹿島市民交流プラザ・かたらい4階)
℡ 0954-63-0874
https://saga-kosodate.jp/kosodate/facilities/detail/41752

小城市

ゆうゆう広場
小城市三日月町長神田1821-1(小城市児童センター内)
℡ 0952-72-1300
https://www.city.ogi.lg.jp/main/60.html

嬉野市

嬉野市子育て支援センター
嬉野市嬉野町下宿乙1185(嬉野市役所 嬉野第2庁舎内)
℡ 0954-43-0100
https://www.city.ureshino.lg.jp/kosodate/shien/_19958.html

神埼市

神埼市地域子育て支援センター
神埼市千代田直鳥57-1
℡ 0952-44-4908
https://www.city.kanzaki.saga.jp/main/5175.html

吉野ヶ里町

三田川児童館フルーツkids
神埼郡吉野ヶ里町吉田58-1(三田川児童館内)
℡ 0952-53-1117

基山町

きやま子育て交流広場
基山町宮浦759-1(基山っ子みらい館)
℡ 0942-92-2305

みやき町

子育て支援センター 「さくらんぼ」(さくらの杜保育園)
みやき町東尾6437-1
℡ 0942-81-6316

白石町

白石町地域子育て支援センター ゆめてらす
白石町大字坂田253-1(白石町交流館内)
℡ 0954-65-8960

 

※掲載している内容は記事執筆時点のものです。詳細は直接お問い合わせください。

子育て支援センターとは?

子育て支援センターは、主に乳幼児の子どもや親同士が交流を深める施設です。地域で子育てを支える架け橋のような場となっています。

子育て支援センターには、3つの形態があります。

  • ひろば型
  • センター型
  • 児童館型

 

それぞれ子どもの交流を提供したり、子育てへの情報提供をしたりしており、ニーズに応じてすべて利用することが可能です。

地域により、子ども家庭支援センター、こども家庭センターという名称がついている施設もありますが、役割は同じ。対象年齢は0〜6歳の子どもとその親ですが、施設によって異なるので自治体やセンターに直接確認してみると良いでしょう。

子育て支援センターでできることをわかりやすく解説

子育て支援センターでできることや対象年齢は、それぞれの施設で異なりますが、概ね以下の3つです。

  1. 育児の相談ができる
  2. 子どもの遊び場として使える
  3. 子育てに関するイベントに参加できる

 

ぜひ確認し、活用してみてください!

1. 育児の相談ができる

子育ての不安がある場合、相談に応じてもらえます。子どもについて気になることがあるとき、職員が聞き役となってくれるので、話してみるのも良いでしょう。なかには、個室の相談室を設けているところもあるので、周りを気にせず悩みを打ち明けられます。

センター型の子育て支援センターには保育士や看護師の職員もいるので、専門家からの意見がもらえるのがメリットです。一人で抱え込むことがないように支援してもらえるので、通うようになって気持ちが楽になったという声もありました。

2. 子どもの遊び場として使える

子育て支援センターには遊具や玩具があるので、子どもの遊び場として使えます。自由に交流できるので、子どもも親御さんも友達作りの場として活用できるでしょう。

絵本の読み聞かせやリトミックなどセンターごとにプログラムを用意しているので、通える範囲で内容を比較してみてもよいですね。

たくさんの子どもがいるなかで自由に交流できるため、家では喧嘩ばかりの兄弟でも楽しく過ごせたケースもあるようです。また、場所により一時保育を行っているところもあり、子どもを気にせずリフレッシュする機会も作れます。

3. 子育てに関するイベントに参加できる

子どもの発達講座や、ベビーマッサージのやり方など、子育てに関するイベントも開催しており、自由に参加することができます。

プレママ・プレパパ向けのセミナーもあるので、お子さんが生まれる前から活用できますよ!

なお、子どもが興味を持つ習い事を通して成長してほしい方には、タブレットを使った学習がおすすめです。子供のやる気を引き出しながら学習習慣をつけられるので、ぜひ試してみてください!

【2020年】幼児向けタブレット学習教材おすすめ5選!導入の注意点や選び方も解説幼児のお子さんを勉強させるきっかけとしてタブレット学習の教材を考えている親御さんもいるのではないでしょうか。タブレットなら喜んで勉強して...

【2020年】幼児向けタブレット学習教材おすすめ5選!導入の注意点や選び方も解説

【無料相談・無料特典あり】
不登校生、親御さん向け公式LINE

LINE登録の無料特典
  • 不登校体験談
  • 書籍の無料お試し
  • 著名人との対談記事

僕自身も中学生までの10年間、不登校でした。しかし、その後は大学まで進学し、現在は会社の代表を務めています。

その経験を経て言えるのは「不登校は悪いことではない」ということ。行きたくない子を無理やり学校へ行かせるのも、良くありません。

そんな僕の思いや不登校に関する最新情報をLINEで発信中です。内容盛りだくさんの特別記事も、無料でご覧いただけます!

ぜひこの機会にご登録ください!

\体験談や著名人の話を読める/

>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』『子ども稼ぐ力』など 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!