起業

【起業しなきゃ卒業できない!】i専門職大学の客員教員に就任しました!

【元不登校、大学の教員になるの巻】

来年4月から開校予定のi専門職大学の客員教員として声をかけてもらいました。

あくまで客員なのでそんなたくさんじゃないと思いますが、たまに授業とかさせていただきます。

サイトを見るといっぱい知ってる名前があって、N高やニコニコ動画のドワンゴ夏野さん、吉本興業の大崎社長などすごい名前が並んでるぞ。。

専門職大学とは?

2019年からできた新しい大学の仕組みで、研究よりじゃなく社会出て行くまでの即戦力を育てるみたいな新しい大学制度です。

i専門職大学だと長期間のインターン、起業しないと単位でないとか、ビジネスレベルの英語力だとか、なんだか凄そうな教育方針が並んでます。

・i専門職大学とは

i専門職大学は、産業界と連携した新しい学びのプラットフォームです

テクノロジーの目覚ましい進展により、私たちが暮らす世の中は急速に変化しています。
数年後には、今ある社会問題を解決するサービスや、世の中のニーズを先取りしたビジネスが、当たり前に存在しているはずです。
その先頭に立ち、世の中にイノベーションを起こしていく人材を育成していきます。

 

大学は、学生の学び場です。けれど、大学だけが学び場なのでしょうか。世界に目を広げると、アメリカでは大学というプラットフォームを活用して、企業が協力して新しいビジネスを生み出しています。i専門職大学も同じように産業界と連携して、学び場を広げました。これまであった壁を取っ払い、大学と企業を行き来できる環境を整えています。

ICTは、私たちの生活を変えました。不可能だと思っていたことを可能にしました。
このICTによるイノベーションの源には、「なぜ、そうなのか」「こうしたらもっと良くなるのに」といった“問い”が必ず存在しています。

これから、新たなビジネスやサービスを生み出すためには、自分だけの“問い”を持つこと。それがイノベーターに求められる力です

・i専門職大学の3本柱

これから先、イノベーションを起こすためには、「ICT」と「ビジネス」の能力を掛けあわせて、世界へ展開する力が求められます。そして、グローバル社会でコミュニケーションを図れることが最低条件です。そのため、i専門職大学では「ICT」「ビジネス」「英語」の3つを大きな柱とし、それぞれを融合させて創造力と実現力を高めていきます。

https://www.i-u.ac.jp/aboutus/

頑張ってお手伝いします!学生起業もっと増やしていきたい!

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder / 内閣府地域活性化伝道師 / #不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。地域活性化を軸に様々なプロジェクトを立ち上げる。

47都道府県すべてから起業家や政治家が集うサミット『地方創生会議 in 高野山』を主催し、Twitterのトレンド1位を獲得。1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立。内閣府より地域活性化伝道師、総務省より地域力創造アドバイザーを最年少で任命されるなど幅広く活動中。ダボス会議を運営する世界経済フォーラムより、世界の若手リーダー『GlobalShapers』に選出。

2018年より不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。2019年も継続して活動中。 著書に 学校は行かなくてもいい 親子で読みたい「正しい不登校のやり方」 ゲームは人生の役に立つ 生かすも殺すもあなた次第 などがある。

メディア出演 NHKおはよう日本、フジテレビバイキング、The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事