ギモンに切り込む

人の名前を忘れることは失礼なのか。

「以前、名刺交換をしたが名前を忘れてしまった」

誰もが一度くらいこんな経験があるのではないでしょうか。

僕は人の名前を覚えることが苦手です。
(先に言い訳しておきます。この記事は自分を正当化するために書きました。笑)

何回会っても忘れる人がいます。

逆に1回しか会ってなくても、明確に覚えている人がいます。

会った回数と比例はしつつも、回数がすべてではないと思います。

重要なのは、その人に印象に残る特徴があるかどうかという話になります。

特徴ってこちらの問題でしょうか。。

僕は名前を忘れられたとしても、相手が失礼だとは思いません。

その人にとって、僕が印象に残るだけの努力が足らなかった。ただそれだけです。

それを覚えないことは失礼だとして、こちらに責任転嫁されても困るんですよね。。

また、SNSの投稿と記憶が連動しているので、SNSのプロフィール写真が実物と違ったり、匿名だったりするとかなり厳しいです。

名前を忘れた方が失礼というのは、相手への責任転嫁であって、その価値観で生きている人は上手くいかないんじゃないかな。

相手の名前覚えられないのは自分のせいですよ。少なくとも僕はそう考えます。

関連記事もどうぞ→小幡和輝が社会のギモンに切り込む。教えて!なんでこうなってるの?

小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。約10年間の不登校を経験後、高校3年で起業。最近では47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位に。GlobalShapers「世界経済フォーラム(ダボス会議)が認定する世界の若手リーダー」に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長

もっと詳しくはこちらの記事を!→小幡和輝ってどんな人?

小幡和輝 Twitter(@nagomiobata)
フォローぜひ。Twitterではちょっとしたコラムをつぶやいてます。
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

登録はこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事