不登校

【不登校体験談】不登校からフリーランスになった話

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

著書の無料公開やコラム、記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

PN はるか

思えば、小中学校時代は暗黒時代だった。

小学1年になり、学年通りに小学校に入学したはいいものの、6年間いじめられ続けた。1学年下と幼なじみの友人はいたが、それ以外友人はいなかった。

そのまま中学校に上がると潰れそうな気がしたので、親の老後に備えて家を買うことを名目にし、隣町に引っ越して隣町の中学校に入った…のだが、そこでもいじめられた。

あまりにも耐えかねて、2年の2月からは不登校になった。今思えば、不登校になる少し前にパソコン部でパソコンが使えたので、学校で「不登校」と検索していたのがフラグだったかもしれない。

不登校になっても成績を保つ方法はあるが、めんどくさがりな性格が邪魔をして、そういったことはしなかった。

2月からの約1年間は、遊びつつも受験勉強をし、第一志望の定時制高校に受かった。

定時制高校に入ってからは、バイトをしつつ高校にも通った。高校では特に友人ができたわけではなかったが、いじめられたわけでもない。

が、バイトでは叱られることが圧倒的に多く、高校に入ったその年の7月にバックれて辞め、このときからまた高校も不登校になった。

バイト先でとある人と知り合い、なぜか起業家を志すことになった。高校1年の3月からはフリーランスで仕事を始め、初月からそこそこ稼げたことから、それを続けることにし、今も続けている。

一応普通のサラリーマンより短い労働時間で生活できるくらいには稼いでいるが、大変なことも多い。

締め切りには間に合わせないといけないし、請求書書き忘れると報酬は振り込まれないし、取引先探しも一苦労。

それに社会にはさまざまな「化物」が存在していて、バイト先で知り合ったとある人はフリーランスになってから2か月後、盛大に裏切り、心に傷跡を残していった。

そのほかにもいろいろな人がいて、ときには後ろから撃たれることもある。

それでも今のほうが楽しい。自分で稼いだお金で好きなものを買って、憧れの現実に近づいてゆける。

仕事で取引先から喜ばれたときは嬉しいし、学生時代はなかった夢や目標も持てるようになった。

自分は起業家を志したあたりから”立派な社会不適合者”になった。もはやプロの社会不適合者である。

それでもいいと思っているし、それで夢を叶えられれば、何よりだと思っている。ちなみに夢は自分の学生時代のときと同じように、悩んでいる人に「こういう生き方もあるんだよ」と未来を見せることである。

だから今日も仕事をするし、次のあなたにContinuesしたいから、その日を実現するためにタスクを積み重ねる。

他の不登校体験談も読んでみる

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っていので書きやすいと思います。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

 

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者5000名超えました!

なお、友達登録特典で著書の無料試し読みと僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

小幡和輝の活動を応援してくださる方は、Amazon、楽天で何か買い物をする際に以下のURLからページにアクセスして商品購入していただけると嬉しいです。

購入金額の一部がAmazon楽天から支払われますので活動資金とさせていただきます。

みなさんのご負担がなく寄付できる仕組みです。

あと、読んでほしい記事のまとめです!

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方が記事を寄稿してくれました。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

みんなの不登校体験談はこちらから読むことができます

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
LINEで最新情報を受け取る