不登校

【不登校体験談】不登校からフリーランスになった話

不登校の子ども、親御さん向けに公式LINEを配信中です!LINE内で無料相談も行なっているのでぜひご活用ください。
その他にも無料特典として以下の3つがあります。

・不登校体験談
・書籍の無料お試し
・著名人との対談記事

ぜひご登録お待ちしております!
>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

PN はるか

思えば、小中学校時代は暗黒時代だった。

小学1年になり、学年通りに小学校に入学したはいいものの、6年間いじめられ続けた。1学年下と幼なじみの友人はいたが、それ以外友人はいなかった。

そのまま中学校に上がると潰れそうな気がしたので、親の老後に備えて家を買うことを名目にし、隣町に引っ越して隣町の中学校に入った…のだが、そこでもいじめられた。

あまりにも耐えかねて、2年の2月からは不登校になった。今思えば、不登校になる少し前にパソコン部でパソコンが使えたので、学校で「不登校」と検索していたのがフラグだったかもしれない。

不登校になっても成績を保つ方法はあるが、めんどくさがりな性格が邪魔をして、そういったことはしなかった。

2月からの約1年間は、遊びつつも受験勉強をし、第一志望の定時制高校に受かった。

定時制高校に入ってからは、バイトをしつつ高校にも通った。高校では特に友人ができたわけではなかったが、いじめられたわけでもない。

が、バイトでは叱られることが圧倒的に多く、高校に入ったその年の7月にバックれて辞め、このときからまた高校も不登校になった。

バイト先でとある人と知り合い、なぜか起業家を志すことになった。高校1年の3月からはフリーランスで仕事を始め、初月からそこそこ稼げたことから、それを続けることにし、今も続けている。

一応普通のサラリーマンより短い労働時間で生活できるくらいには稼いでいるが、大変なことも多い。

締め切りには間に合わせないといけないし、請求書書き忘れると報酬は振り込まれないし、取引先探しも一苦労。

それに社会にはさまざまな「化物」が存在していて、バイト先で知り合ったとある人はフリーランスになってから2か月後、盛大に裏切り、心に傷跡を残していった。

そのほかにもいろいろな人がいて、ときには後ろから撃たれることもある。

それでも今のほうが楽しい。自分で稼いだお金で好きなものを買って、憧れの現実に近づいてゆける。

仕事で取引先から喜ばれたときは嬉しいし、学生時代はなかった夢や目標も持てるようになった。

自分は起業家を志したあたりから”立派な社会不適合者”になった。もはやプロの社会不適合者である。

それでもいいと思っているし、それで夢を叶えられれば、何よりだと思っている。ちなみに夢は自分の学生時代のときと同じように、悩んでいる人に「こういう生き方もあるんだよ」と未来を見せることである。

だから今日も仕事をするし、次のあなたにContinuesしたいから、その日を実現するためにタスクを積み重ねる。

他の不登校体験談も読んでみる

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っていので書きやすいと思います。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

 

 

【無料相談・無料特典あり】
不登校生、親御さん向け公式LINE

LINE登録の無料特典
  • 不登校体験談
  • 書籍の無料お試し
  • 著名人との対談記事

僕自身も中学生までの10年間、不登校でした。しかし、その後は大学まで進学し、現在は会社の代表を務めています。

その経験を経て言えるのは「不登校は悪いことではない」ということ。行きたくない子を無理やり学校へ行かせるのも、良くありません。

そんな僕の思いや不登校に関する最新情報をLINEで発信中です。内容盛りだくさんの特別記事も、無料でご覧いただけます!

ぜひこの機会にご登録ください!

\体験談や著名人の話を読める/

>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』『子ども稼ぐ力』など 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!