ギモンに切り込む

【不登校体験談】幸せな不登校児

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

P.N.キセ(@hello_world1006)

私に『うつ病』という診断名が付いたのは、2004年、私が中学2年生の頃でした。

薬は処方されましたが、そこから徐々に体調と出席率が下っていき、中学3年生も終わりかけの頃には学校に殆ど行かれなくなっていました。

幸い私は私立の中高一貫校に通っていましたし、勉強の出来の良くない生徒が高校進学のために受ける『適性試験』には(かろうじて)通った後でしたので、問題なくというか何というか、『不登校』をするに至ったんです。

学校に行けば友達は居る。

先生たちも優しい。

でも、とにかく教室という場所に居るのがとてつもなくつらい。

通学の電車の中も人混みが耐え難い。

家の中に引きこもり、暗い部屋でチャットばかりやって過ごす私を見かねた母は、私を無理矢理学校へ送ろうとするのではなく、一緒に家でゆっくり過ごしたり、それだけではなく毎日散歩に連れて行ってくれました。

家から1㎞ほど離れたところにある、個人経営の、ちょっとお高めの喫茶店が毎日の行き先でした。

私の関心が紅茶という嗜好品に向いていたのは、主に当時好きだった漫画『ローゼンメイデン』の影響だと思います。

余談ですがこの作品の主人公の少年も不登校、引きこもりです。

1杯800円ほどの、気持ちお高めの紅茶と、スコーン。

私の不登校の記憶は、主にこの2つで成り立っています。

母だけではなく、お高めのお茶代、毎日分の資金を惜しみなく出してくれていた父にも感謝しています。

高校に上がっても私の不登校は続きました。

ほぼほぼ毎日、他の生徒がするように通学できるようになったのは、おそらく高校2年生になってからです。

――いや、高校3年生かもしれません、

私の出席日数が卒業するのに足りないかもしれないギリギリのところまで減ってしまい、高校2年生あたりから、無理矢理蹴り出されるように通学を強いられるようになりました。

友達と一緒に卒業したい。

大学に通いたい。

そんなことを思い、主張した私を思ってのことだと思います。

確かにかなりきつく学校に行くように言われました。

それでも、学校に行かれない時は父が通勤がてら私(と、同じ学校に通う妹)を学校まで送ってくれました。

妹も、別校舎の私の様子を見に、毎日昼休みに教室や保健室へ来てくれました。

保健室登校をさせてくれた養護の先生にも、本当にお世話になりました。

そういう、人の温かみに支えられた毎日を何とか過ごしているうちに、普通に学校に行かれるようになりました。

2009年3月、私は(「キセ、このプリント3枚やってきたら卒業させてあげる」という温情を見せてくれた数学の先生の慈悲もあり)なんとか友達と一緒に卒業することを叶えました。

進学先も決まっていました。

障害は多かったけれど、当事者としては概ね『ハッピーエンド』と言って差し支えない不登校生活だったと思います。

今、不登校中のあなたへ。

不登校の理由が何であれ、別に学校は『行かなければ死ぬ場所』ではありません。

勿論学歴が付かなければ相応の苦労をすることは否めませんが、どんな人生でも何かしらの苦労は避けて通れません。

何を捨てて何を取るかの違いです、あなたのオリジナルの人生を生きてください。

今、不登校のお子さんや生徒さんをお持ちの大人の方へ。

当人が自分で何かしらのアクションを起こすまで、行き先を待ってあげてください。

私は特別恵まれていた方である自覚はあるので、私の周囲と同じ対応をしてくれとは言いません。

ですが、不登校児の苦しみは、おそらく大人になってから長く時間の経った私たちには計り知れないものだと思います。

不登校児に寄り添って上げてください、それはその子によって変わってきますが、一定の距離を保つことであったり、逆に一緒におしゃべりをしながらお茶を飲むことだったりします、その子の性質を見極め、対応してあげてください。

これを読んでくださった方へ。

私は今は勿論、おそらく当時もとても幸せでした。

読んでいただきありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)詳細はこちらの記事を。

8月19日に不登校の当事者に向けたイベントを全国100ヶ所で同日開催しようとしています。
協力してくれる方はぜひこのグループまでリクエストください。
https://www.facebook.com/groups/784091841780825/

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者1000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
関連記事