就活

大学生のバイトはUberEats(ウーバーイーツ)の配達がおすすめ。

UberEats(ウーバーイーツ)って知ってますか?

UberEats(ウーバーイーツ)とは?

配車マッチングアプリUberが運営する、飲食店の料理のデリバリーサービス。配達は飲食店ではなく、事前に登録された配達ドライバーが行う。

なお、配達ドライバーは大人数が登録されており、アプリをオンラインにしておくことで、空き時間に好きなだけ働けることが特徴。

ubereats_banner_v2-d7583f73ec

僕もたまに使っていますが、今回は配達のバイトってありだよねっていうお話を。

オススメしたい理由はズバリ1つで、『空き時間に好きなだけ働ける』ことです。

例えば『空きコマと休み時間を合わせた2時間だけアルバイトしたい!』といったアルバイトしにくい空き時間をお金に変えることができます。

UberEats(ウーバーイーツ)は時間の拘束が少なく、また配達1件あたりの報酬が700円前後もらえるため、悪くないアルバイトです。1時間に2件配達すれば時給にして1400円。

現在は(東京・横浜・大阪・京都・神戸・埼玉)こちらの地域でのみ対応ですが、地方学生でも就職活動のちょっと空いた時間で働けたりしますね。

重たい荷物ではないので女性でも安心。

ぜひオススメしたいアルバイトです。

少し時給は下がりますが、クラウドワークスを使って在宅アルバイトもオススメ。

がっつりと拘束されるアルバイトではなく、空き時間をサクッとお金にできると、学生生活にゆとりが生まれるんじゃないかな。限られた時間を有効活用しましょう。

関連記事 学生向けの記事をいくつか書いてます

自己分析や企業研究よりも大切なこと。就活生向け記事まとめ。

自己分析や企業研究よりも大切なこと。就活生向け記事まとめ。就活といえばみなさんは何をしますか? ほとんどの方は自己分析や企業研究をすると思うんですが、ちょっと落とし穴があるんですよ。 就活生...

主婦や学生はクラウドソーシングを使おう。無料ドーナツのために1時間並ぶのはやばいよ。

主婦や学生はクラウドソーシングを使おう。無料ドーナツのために1時間並ぶのはやばいよ。  ドーナツ2個無料のために1時間以上並んだり、ガソリンのちょっとした差額や特売商品のために、時間をかけていろんな店を回る人は、自...

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。

2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など


記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEはじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事