ギモンに切り込む

不登校の子供に耳を傾けて心を開かせることが大切

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

こんにちは、村岡と申します。この度は、高校2年生になる私の甥っ子の不登校の経験をお話しさせていただきます。

私の弟の一人息子が、2017年4月に高等専門学校へ入学しました。

私から見ても小さなころから賢くて、小学校6年生の時には学業優秀ということで市長さんから表彰を受けたこともあります。中学になっても成績が良く、定期テストでは常に学年の中で上位5番以内に入っているような子でした。

そんな甥っ子は、どちらかというと理系の授業が好き。父親も工学部卒で製造メーカーに勤務していますので、親の血を受け継いでいるのでしょうか。市内ではトップクラスの公立の進学校へ願書を提出すると共に、国立の高等専門学校の機械科へも願書を提出、みごと合格して進学を親戚一同で祝いました。

高等専門学校なので、住まいにかかわらず全国各地から学生が集まってきます。そのため5年間の学生生活のうち初めの2年間は全寮制で、学校の近くに自宅がある生徒でも寮生活が必須。甥っ子も初めての寮生活を始めました。

その寮には、1~2年生全員と、3~5年生の希望者が入居しています。後から聞いて知ったのですが、1年生が入学すると、上級生が生活態度の指導を行うことが伝統となっているようです。寮内でも、そして学校内でも、上級生の言うことは絶対。すれ違う時には大声で挨拶をすることが鉄則です。

態度が悪い1年生は先輩から呼び出されて個別に長々と説教されることもあるようで、そのような指導に驚き、恐怖し、学校が嫌になる生徒もいるとのこと。私の甥っ子も入学と同時にその厳しい指導に悩まされました。

入学した年のゴールデンウィークに1ヶ月ぶりに実家へ帰郷。その時にさんざん親に先輩の愚痴を吐き出したようです。ところが父親、つまり私の弟はバリバリの体育会系で甥っ子の言い分に全く耳を貸さず。「上下関係が厳しいのは当たり前」と取り付く島もなかったのです。母親は泣きながら心配していたようですが…。

結局、ゴールデンウィークが終わっても「学校へ戻りたくない」と甥っ子が言い出して、そのまま不登校に。寮の指導教官や学校の先生が心配して何度も電話をくれたようです。

同じ中学校からその学校へ進学したのは他に1名だけで、しかも別の学科だったので交流は余り無し。それでも同じクラスで友達になった子から電話やメールを貰って少しずつ落ち着きを取り戻したようです。

結局、3週間ほど不登校を続けましたが、その後に母親に付き添われて学校へ復帰。仲良くなっていた友達3人が校門で甥っ子を待ってくれていて、学校内に戻りやすかったと感激していました。

一人っ子というせいもあって中学まで親に守られて大切に育て上げられていました。中学卒業と同時に全く違う土地で知り合いもいない状態の中新たな生活を始めた甥っ子は、先輩の厳しい指導とホームシックなど様々な要因が重なっていっぱいいっぱいの精神状態に追い詰められたのでしょう。

最終的には友人や優しい先生からの温かい言葉で復帰することができましたが、父親の「聞く耳を持たない」という態度は一歩間違えれば甥っ子の人生を大きく狂わしかねないものだったと思います。

子供にとって親というのは最後の砦。どんな些細なことにでも耳を傾け、真剣に前向きに膝を突き合わせて話をする必要があります。

今回の出来事では、母親が最初から最後まで甥っ子の強い味方でした。「無理することは無いよ」と一時的な不登校について復帰の無理強いをしなかったのが功を奏したと思います。

不登校の原因が全てわかっているのは本人だけです。その子の主張をしっかりと聞いて、焦らず時間をかけて心を開かせることこそが最も大切なことだと感じました。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者1000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
関連記事