ギモンに切り込む

【不登校体験談】人と同じことを学ぶのが全てではないと感じました

僕は、以前一年程、不登校に近い時期がありました。
その期間に得た、お話をしたいと思います。

僕は、低血圧のせいもあり、朝起きるのが苦手で始めのうちは、たまに学校をサボる程度だったのですが、だんだんと学校の授業について行けなくなりました。

その頃は、少し焦っていたのですが、日が経つにつれて、それすらも嫌になって行き、なにより、人間関係に対する不安が大きくなってきました。

周りの友達は、学校にいくと心配して気を使ってくれるのですが、それすらも面倒に感じ、なにより周りの話題について行けなくなりました。

日常の出来事、昨日学校で起きたこと、
クラスでこんな面白い事があった事、
学校に行かない事によって、周りの人達との出来事
を共有できなくなってきました。

そして、高校一年の夏、
僕は学校に行かなくなりました。

家では、昼過ぎに起きて、ぼーっとしたり、ゲームをしたり、なにも生まれない日々を延々とすごしていました。

母は、とても心配していたと思います。
毎日、自分の部屋に気にかけて話しかけて来ました。

ただ、母は無理やり学校に行け、と
怒鳴りつけてくるようなことは、一度もありませんでした。

母が僕に言ったのは、

「母さんがあなたの人生を決めるわけじゃないから、良い大学に行きなさい、ちゃんとした会社に勤めなさい。なんて事言わないよ。

けど、
自分のやりたい事が見つかったら、全力でやりなさい。学校へ行くことが全てじゃないからね」

という言葉をかけてくれました。

母は、普通の大学ではなく、美術大学を出て、
就職活動なども、一般の四年生大学と同じではなかったので、みんなと同じが正しいわけじゃない
という事をよく口にしていました。

この言葉を言われて、当時、もうどうでもいいと燻っていた気持ちが軽くなったのを今でも鮮明に、覚えています。

そんな時、近所を散歩していたとき、近くの家から
とても綺麗なピアノの練習する音が聞こえてきました。

とても、綺麗な音色で、とても心に響きました。
それがきっかけで、ピアノを習い始め
朝から晩まで、ピアノに没頭しました。

母は、僕がピアノをやりたいと、話したとき
小さく微笑んで快諾してくれました。

ピアノをやり始めてからは、誰に言われるでもなく
好きな事に没頭したせいか、出来るにつれ
気分も明るくなってきました。

そして、一年ぶりに学校に登校出来るまでになりました。

周りの友達は、前と同じように話しかけてくれました。
嬉しかったです。

高校三年生の時、合唱コンクールの
ピアノの伴奏を任されました。

あの時、不登校にならなければ、
ピアノに出会えなかったと思っています。

大げさだとは思っていません。

あの時、母が無理やり学校へ行け、
と言わず、自分の好きな事をさせてくれた事に
心から感謝しています。

人にはだれでも、長所があります。
もちろん学校は大切ですが、

それだけが、全てではないと僕は思います。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

登録はこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事