ギモンに切り込む

高校生のときに友達関係に悩んで不登校になった話

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

P.N. たらこ

私は現在35歳ですが、高校生だった16歳のころ不登校になりました。
理由は友達関係がうまくいかなかったからです。

私が16歳のころなので2000年ごろの話ですが、当時私は学校の同級生女子から嫌われていました。
嫌われた理由は、学校内でモテていた先輩と付き合ったからです。

始まりはそんなささいなことでしたが気の強い同級生の女子から反感をかい、段々と嫌がらせがエスカレートしていきました。

最初は特定グループの女子に無視される程度でしたが、段々と他の女子からも無視されるようになっていったのです。
その後上履きを捨てられる、教科書が破られるという状況になっていき、段々と学校へ行くのが嫌になってきました。

その嫌がらせが3ヶ月くらい続いたところで食欲もなくなり、学校へ行くことを考えるとお腹が痛くなるように。
ですが学校内では仲良くしてくれる子もいました。
でも段々とその子も嫌がらせをされるようになってきたので人間が恐くなり、学校も休みがちになりました。

私の母も父も優しいのですが、嫌がらせの始まりが恋愛だったこともあり相談するなんて絶対にできません。
思春期だし両親にも話せず、毎日体調が悪いと言って学校へ行かないようになりました。

最初は「学校へ行きなさい」と説得されたり怒られたりしていて、それが原因で両親とも不仲に。
両親と家の中で会っても会話もろくにしないような状況です。

私の正直な気持ちを話せるのは、学校内で無視される私とそれでも仲良くしてくれようとした友達だけでした。
学校には行かずにその友達と会うときだけ出掛けるという生活を送っていると両親は激怒。

「遊ぶなら学校に行け」と言われ、当時の私は唯一の場所を奪われると思い激しく反発して両親とはますます不仲になりました。
両親に半ば無理やり学校に連れていかれるようになりましたが、無理矢理連れていかれると吐き気やめまいも感じるように。

そんな頃、自宅から離れた大学へ通っている姉が久しぶりに自宅へ帰ってきました。
姉は私の状況を知り、「学校に行きたくないなら行かなくていい」と両親を説得してくれたのです。
「大学に入っても勉強しない人もいるし、本人にやる気がないなら意味はない」と話してくれました。

そして両親もそれにしぶしぶですが納得してくれ、卒業できる範囲内なら行かなくても構わないということに。
そのとき、すごく心が軽くなるような感覚があったのを覚えています。

結局私は自分の気持ちを分かってもらいたかったのかもしれません。
それ以降は気持ちも少し落ち着き、学校にいかない代わりに自宅で勉強をするなどしました。

私は自分が行きたいときしか学校には行きませんでした。
結果大学にも進学し、無事に就職、そして結婚もして普通の生活を送っています。

毎日学校に通っても通っていなくても幸せかどうかは人によりますし、実際に私は普通の幸せな生活を送ることができています。

今思うと「学校に通うことが大事」なのではなく、自分の人生を組み立てることが大事なのだと思います。
学校はその先の人生を見据えたものなので、学校に行くのが嫌なら方向転換をすればいいのかもしれません。

無理に頑張ることも大事ですが、たぶん私は無理に学校に行っていたらその後に引きこもりになっていたような気がします。
あんまり気張らないこと、学校ではなく人生の1つの過程だと考えるといいかもしれません。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者1000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
関連記事