ギモンに切り込む

『財布がない!』勘違いで盗難を疑われた息子

はじめまして、栞と申します。

私の一人息子は中学2年生の時に、サッカー部の顧問に濡れ衣を着せられて一時的に不登校となった時期があります。

今から3年前の2016年の夏休み明けに、不登校の原因となる事件がサッカー部の練習試合中に起きました。その日は土曜日で午前中に近隣の中学校と練習試合を行っていましたが、試合後に一人の生徒が「財布が無い」と言い出したのです。その生徒は間違いなく財布をリュックの中に入れていたと主張しましたので、盗難事件という訳です。

その日の試合には、息子は3年生に交じって前半はフィールドに立っていました。後半は3年生優先ということでベンチウォーマー。一番隅の席に座って応援していたようですが、その席の近くのリュックから財布が無くなったので、顧問の先生が「お前、知らないか?」と息子に聞いてきたそうです。

その時点で息子は「なんでオレが聞かれるんだ?」と感じたとのことですが、部員全員で財布を探して見つからなかった後に、再度息子だけが部室に呼び出されて顧問から「本当に知らないか?」と問い詰められました。息子は自分が疑われていることを完全に悟り、顧問に対する不信感が募ったのです。

結局財布は見つからないまま解散して、息子が自宅に戻ってきました。開口一番「めっちゃ頭にくる」と震えながらいきさつを説明してきました。

息子が何か欲しいという時には、夫がこっそりと息子にお小遣いをあげていることを私は知っています。ですから、お金が無い時に人の物に手を付けるようなことは絶対にないはず。息子の話をひと通り聞いてから顧問へ電話しました。

顧問は、別に息子のことを疑っているわけではない、と弁明しましたが私たち夫婦も釈然としませんでした。そして、月曜日になると息子が「学校に行きたくない。オレ疑われてるし」と登校を拒否。どうしても行きたくないの一点張りだったので、「熱が酷いので、休ませます」と学校に連絡して休ませました。

サッカー部の顧問にだけは、「疑われていることがショックで行きたくないと言ってます」と本当のことを伝えました。仮病で休むこと4日間、その週の木曜日の夕方に顧問から電話が来て、その後顧問と財布を盗まれた生徒の二人で我が家を訪問してきました。

訪問理由は、「財布は盗まれていなかった」というもの。「盗まれた」と主張した3年生の生徒が家に帰ると、違うバッグの中に自分の財布を見つけたとのことでした。単に自宅に忘れていただけということを顧問に打ち明けて謝罪。それを聞いた顧問が慌てて我が家に来たのです。

顧問とその生徒の二人が、私と息子の前で神妙な面持ちで丁寧に謝罪してくれました。二人とも深々と頭を下げてくれたので、少しモヤモヤは残りましたが謝罪を受け入れました。そして、翌日の金曜日から息子は学校へ通い出したのです。

事の発端は生徒の勘違いでしたが、それにもかかわらず自分が疑われたことに息子は大きなショックを受けていました。勉強が嫌い、運動が嫌い、何かがうまくいかない…そんなことよりも人に信用されないことのほうが、子供心にも辛いことなのだと気づかされました。

幸いにも学校へ戻ってからは、サッカー部の顧問も、財布紛失の3年生にもとても良く可愛がられて、心の傷が癒えたようです。

息子が「休みたい」と行った時に、夫婦でその気持ちを尊重してあげて本当に良かったです。

無理強いしていれば、両親からの信頼まで失ってしまったと感じて孤独になっていたでしょうから。いつでも、どんな時でも自分の子供を無条件に信じる心が親には必要なのだと痛感しました。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEはじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事