ギモンに切り込む

不登校で学校に挫折しても親子ともにハッピーな日々

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

私は都内在住、38歳専業主婦の優子です。メーカー勤務の夫に11歳の一人息子がいます。

息子が不登校になったのは、小学校2年生の時です。
不登校の直接的な原因は、息子が発達障害を抱えており、学校生活の中で数々のストレスを感じていたということでした。

息子は発達障害の中でも知的な遅れがなくコミュニケーション面でもあまり目立った障害はありません。
学校内での音や給食、周りの環境などが過敏に気になる感覚過敏を持っています。

個性を活かし、それぞれの園児を伸ばす方針の幼稚園に通っており、息子の行動や感覚過敏でトラブルになるということはありませんでした。

小学校に行くようになってから、担任の先生から悠人くんは〇〇ができません、また〇〇を忘れていますというようなことを言われるようになったのです。
幼稚園までは、褒められて毎日通うのが楽しかったのですが、小学校は怒られるからと1年目から言うようになりました。

小学校は勉強や社会のルールをしっかりと学ぶところだから、嫌なことも我慢しなくてはいけないよと息子に毎日声かけて無理に通わせる毎日だったのです。

私自身、学校は毎日行くのが当たり前、不登校になったらもう学校に戻れないという偏見がありました。

息子は学校でも苦手な舌触りの食事を食べなくてはいけなかったり、チョークの音が気になるのに集中して随分無理をしていたのだと思います。
そんなことを親が理解して上げられずに本当に恥ずかしいです。

2年生に上がった頃から、通学前にお腹が痛いと言い出すようになり、物を吐くようになりました。
すぐに内科に連れて行きましたが、精神的なものからきていると言われ、紹介された精神科を受診し、そこで息子の発達障害も診断されたのです。

発達障害への理解もそうですが、決まったルールの中で息子がうまくやれるのは当然と思っていた私を本当に変えてくれる出来事でした。
息子が不登校になってからは、子供が楽しく幸せに過ごせることは何かということを考えるようになり専門家に意見を聞いたり、相談をしたのです。

また無理強いして学校に行かせたら息子の人生そのものをダメにしてしまうという思いから、学校へ行きなさいということをいうのは辞めました。

それでも息子は色々なお友達と遊んだり、勉強したいという欲求がありました。
そんな希望を叶えてあげたいと、フリースクールの見学をしに行ったのです。

近くにあるフリースクールは、自分のやりたいプログラムを学び、障害への理解も深く、感覚過敏への対応もしていただける環境がありました。

実際に公立小学校からこちらに移ってきた発達障害を抱える方も多くいたのです。
子供もここは楽しそうと言い、ここなら安心して子供を通わせることができると決めました。

息子は現在もフリースクールに通っています。
毎日笑顔で、友達もたくさんでき、公立小学校に通っていた時の姿が嘘のようです。
今後も子供の気持ちを尊重し、楽しく行きていける最善の方法を選択していこうと思っています。

無理に学校に行かなくても、子供の幸せを見つけることは十分に可能です。
うちは発達障害に不登校ということがありましたが、今は今まで以上に親子ともにハッピーに生活しています。
学校の枠にとらわれることなく、これからも子供にとってのベストな環境を与えてあげることが私にとっての責務です。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者2000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!