ギモンに切り込む

不登校を肯定的に受け止められる思考は大切です。

うちの末娘は、小学校時代、高学年に交通事故に遭ったことから勉強が遅れがちになり、中学に入った頃から次第に不登校になっていきました。

元々は性格面で問題のあるような子ではなく、私自身も人一倍愛情をかけて育ててきたので、家庭生活に原因があったとは思えません。それで、当時の学校内の状況等がどんな風なのか、私なりに担任に話しをしたり、学校HPにメールのやりとりをしてみたりで、手を尽くしてきました。

その結果、私が真剣になって娘の不登校に対処しようと試みたところで、
「この学校では無理だ。」という落胆しか感じませんでした。

最後には「クラスの担任の先生を変えて欲しい」とまで訴えにかかりましたが、そんな要求が通るはずもありません。

学校というものは、「教育」の場ではあるけれど、私達の学生時代より、更に「学力」だけを大事にする場(塾通いをしている学力の高い子供に合わせて進行していくと知りました。)「先生の言うことを聞くいい子」だけが居心地のいい場=問題を抱える生徒には無関心でいたい場であると、痛感したのでした。

ですが、私はそんな学校の様子を知ったおかげで、娘に無理矢理学校へ連れて行く、という強制はしませんでした。特に嫌がらせを受けたり、いじめがあったわけではないので、時折保健室などに登校することは出来ていて、なんとか卒業だけはすることができました。

途中、同じように不登校の生徒を知り、その子はクラスの子達からのいじめが原因でしたが、やはり私と同じように学校に対する不信感が募ったのだと思います。最終的には「転校」という手段を選びました。

もしも、私自身が引きずってでも、しかり飛ばしてでも学校につれて行ったとしたら、今現在のように、仲の良い親子関係は築けていなかったと感じています。

学校は人生の中の「学ぶ」場であると当時に、そこで学ぶないことを学ぶ場でもあるとも感じます。つまりは、どれもが「経験」です。

広い視点に立つなら、人生そのものが学ぶ場であり、その中で「自分が何を経験して生きたのか」ということが大事であると思います。今は、学生時代に学問に秀でていなくても、学ぶ意欲が湧いた時にいくらでも学ぶことが可能です。

また、不登校の原因自体様々で、親が知らないところで「正義感」ゆえに狭く閉ざされた空間に拒否反応を示す場合もあるでしょう。子供がそう感じたなら、信じることも大切です。

どんな人も、仲の良い関係なら信じあえます。私はいつも娘の味方でいたいと思ってきました。その姿勢を崩さない限り、大切なことは一緒に学び続けていけます。一方、どうにかこうにか学校に「行かせる」ことができたとしても、そこから何も学ぶことができないどころか、人に対する不信感だけが増幅し、学生時代を過ぎてから一気に問題に直面することもあります。

その時にきちんと向き合ってすることは勿論ですが、時には子供の抱える問題に向きあうことで、親自身も家族問題や人生の中で見送ってきた課題を提示をされることもあるでしょう。

「不登校」は、人生の中の一つの壁に直面したに過ぎません。かつて不登校であった人が、今は立派な経営者になっているという話も少なくありません。それは才能だけはなく、一時的に「問題」とみなす、否定的な現象が、後の「贈り物」となることも多々あるからです。

その人だけが学び得る何かが必ずあり、不登校は早く訪れた機会に過ぎないのだと「肯定的」に考えることも大切なのです。
他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事