ギモンに切り込む

【脱・不登校】自分が行きたいと思うことが大切!

もう十数年前の話になりますが、私は不登校で学校に行けなくなったことがあります。
小学校3年生~小学校5年生くらいの間でした。きっかけは「いじめ」です。

今考えたらニュースであるような凄惨ないじめというような本格的ないじめではありませんでした。
友達の一人にすごく執着心が強く人を拘束したがる子がいて「他の子と勝手に遊ぶな!」と私を一人占めしたがったのです。

今考えるとかわいいものかもしれませんが、当時の私は怖くて怖くてひしひし恐怖を感じてました。
他の友達と遊んだりしゃべったりしたらキレられたり脅されたりするのが恐怖でした。
私は徐々にストレスに苛まれ、あるときそれが爆発して保健室で洗いざらい今の事態を話しました。そこから不登校になったのです。

私は昔から弱い子でした。精神的に弱くて、人にいいなりになりやすい感じのタイプなのです。
普通の子ならそんなの無視して別の子と遊べばいいと思ったでしょう。
でも私はそれができずに、その友達の良いなりになって、ストレスにたまり兼ねて、そこから学校に行くのをやめました。

家で閉じこもってテレビやビデオを見て過ごしましたね。本当に辛かったです。
親は毎日のように泣いていましたし、学校に行かなくなった私をどうにかしようと必死でした。
でも私がてこでも学校に行くのを嫌がったので、その内あきらめて、教育機関のようなところに相談しに行くようになりました。

後で聞いた話ですが、どうやらそこで「無理に引きずっていくのは逆に良くない」「そっとしてあげて」というようなことを言われたようでした。

学校に行かなくなってから私に会いにきてくれる存在が一人いたのです。
その子は幼稚園からの私の友達で、その子だけはお家にちょこちょこ心配して遊びに来てくれましたね。
それがすごく嬉しかったです。

私はいつしかその友達さえいたらいいと思ったりして、それからずっと家に引きこもりました。
テレビやレンタルビデオでアニメを見て過ごしたり、とにかく好きなことをして過ごしました。
初めは怖い友達にもう一度会うのが恐ろしくて、けれどその内学校に行くこと自体がすでに恐怖になって学校に行けなくなっていました。

そうやって小学校5年になったときに、急にぱたりといつも来てくれていた友人が家に来なくなったのです。
多分新しい友達ができ、環境が変わり、その子もその子なりに忙しかったと思います。
私はそれに危機感を持つようになりました。
このままだと一人取り残されると思うと、徐々に怖くなって私は誰に言われるでもなく、学校に行きたいと思いました。

そう言ったときの母の驚きと嬉しそうな顔は忘れません!

最初はやはりいきなりクラスに行くのは怖くて、不登校の子供たちが通っているスクールに行って、いろいろと交流しました。

そうするうちにどんどん人慣れしてきて、次第にクラスにも行く気になれましたね。

学校に復帰したときに、そのずっと仲の良かった子がクラスに遊びに来てくれました。
そして嬉しそうにしてくれました、周りの子も別に私を特別に扱ったりは得にせずに比較的普通に接してくれました。

こうして私は「きっかけ」を得て、不登校から復活しました。
やっぱり自分から「学校に行きたい」と思うことはすごく大事です。

その気持ちがなく、周りに無理やり連れて行かれていたら、絶対に不登校から抜け出せませんでした。
だから母がそっとしておいてくれて自分から「行きたい」というまで待ってくれたことはありがたかったです。

きっかけさえあれば、多分不登校から脱することができます。
人によってきっかけは違うと思うけど、きっかけを得てそして自分から「行きたい」と思うことが大事です。
保護者の方はそう思えるまで、少し待ってあげてください。
いじめの恐怖が癒されるまでの不登校だった時間も私にとっては大切だったと今はそう思います。

そして現在不登校だという子はいじめで辛い心が癒されて、「よし行ってみよう」という気持ちになれたときを見逃さないで!

そう思えたら絶対に外に行ってみるべきです。
一歩踏み出すと、案外簡単に不登校を抜け出すことができます。

今どき無理に学校に行く必要はなく、いじめられた子が通っているスクールなんかも探せばあると思います。
まずはそこからはいかがでしょう。心を一度癒して、また再度頑張ってくださいね!

ペンネームS.S
他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事