不登校

30歳を過ぎて感じる、不登校による影響力のなさ

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

著書の無料公開やコラム、記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

私は1998年、中学1年生の時に不登校になりました。

理由は不登校になるのにはありきたりなもので、クラスメイトからの陰湿ないじめです。

先生から受け取ったプリントを後ろの席に回す際、明らかに手と手が触れないように避けて受け取る男子。

休み時間には女子が聞こえるように私の悪口をグループ内で楽し気に話しています。

そんな毎日に嫌気がさし、それでも我慢して学校に通っていたのですが、どうしても耐え切れなくなり不登校となりました。

不登校となった私のために、両親が手を尽くしてくれたのは子供ながらに理解していたつもりです。

しかし、親から「もう学校に行ってもいじめられないから大丈夫だぞ」と言われても、再度通うまでに半年かかることに。

意を決して通ってみると、たしかに不登校となる前に感じた私に対する悪意や悪質ないじめはなくなっていました。

いえ、正確には悪意はあるけど出さないように努力しているクラスメイトたちの姿があると言ったほうが正しいでしょうか。

結果として、中学2年生の半ばくらいにはもういじめに怯えることなく普通に登校できていました。

ただし、不登校となった半年間の経歴は消えません。

私のせいではなく、いじめてきたクラスメイトのせいであるのにもかかわらず、私の学生時代における汚点として残り続けるのです。

過去をきっぱりと忘れ去ることはできませんが、それでも私はなるべく前向きに今までの人生を歩んできました。

高校時代は同じ中学の同級生がいた関係から、少しいじめられていた頃のことを思い出すこともありました。

高校卒業後は専門学校に通い、気持ちを新たに学生生活をスタートさせました。

そして就職し、今現在に至ります。

いじめられていた時からすでに15年以上経過しますが、私の中に「いじめられていた」という事実ははっきりと残っています。

しかし、学生時代にはまったく思い浮かばなかった考えが、今の私には浮かんでいるのです。

中学時代に不登校だった。それがどうした、と。

いじめを受けていた張本人は、いじめられていた過去を隠したいと考えますし、私もそうです。

ただ、それ以上に新しく知り合った友人や同僚は、私が過去にいじめられていたことを知っても、正直気にしません。

良い意味で、そんなことどうでもいいのです。

いじめの過去を気にするのはいつだって当事者で、度合いに違いはあれど恐らく皆さん心のどこかに残っているでしょう。

今現在いじめを受けている方は、その苦しさに耐えられなくなってしまう寸前かもしれません。

しかし、自分を理解してくれる人は必ずいます。

私にとってそれは両親であり、大人になってからの友人や同僚でした。

いじめはくだらない、最低の行為です。そんな行為に没頭している同級生に、立ち向かう必要はありません。

学校に行きたくなかったら、不登校でも良いんです。

心配する必要はありません。不登校だったという事実は、社会に出ると何の影響もありませんから。私が保証します。

不登校でも良いので、今を生き抜けばきっと、楽しい未来があなたを待っていますよ。

 

他の不登校体験談も読んでみる

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っていので書きやすいと思います。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者5000名超えました!

なお、友達登録特典で著書の無料試し読みと僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

小幡和輝の活動を応援してくださる方は、Amazon、楽天で何か買い物をする際に以下のURLからページにアクセスして商品購入していただけると嬉しいです。

購入金額の一部がAmazon楽天から支払われますので活動資金とさせていただきます。

みなさんのご負担がなく寄付できる仕組みです。

あと、読んでほしい記事のまとめです!

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方が記事を寄稿してくれました。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

みんなの不登校体験談はこちらから読むことができます

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
LINEで最新情報を受け取る